グッドパートナー 無敵の弁護士8話あらすじは、大物政治家をバックに付けた悪徳設備業者との裁判がテーマです。第一回目の口頭弁論では弁護士の夏目佳恵(松雪泰子)がまさかの敗北。窮地に立たされる神宮寺法律事務所は総力戦で岬&マッキンリーという巨大法律事務所と国家権力に挑みます。

グッドパートナー 無敵の弁護士
ドラマ公式サイト

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第8話のあらすじと見所1 

< あめくみちこがグッドパートナーで温泉旅館の女将を熱演! >

グッドパートナー 無敵の弁護士8話あらすじを追ってみましょう。

 

熱海優作(賀来賢人)の幼なじみ家族が経営する伊豆の温泉旅館『しらかぜ荘』を救うため、現地に赴いた咲坂健人(竹野内 豊)、夏目佳恵(松雪泰子)、赤星元(山崎育三郎)。『しらかぜ荘』では、温泉汲み上げ施設の排気管に天然ガスが溜まったことが原因で爆発事故が発生。建物の多くが損壊し、多額の損出が出ていた。
当時、汲み上げ施設内の排気管の所有者・土井垣設備社長の土井垣茂(福田転球)は一切の責任を認めなかったが、『しらかぜ荘』の代理人となった咲坂たちは土井垣側に過失があるとし、地裁に申し立てを行なうことに…。しかし第一回の口頭弁論を終え、戻った佳恵は咲坂たちに衝撃的な報告をするのだった!

引用元:番組公式ページより
http://www.tv-asahi.co.jp/goodpartner/story/0008/

 

設備業者の土井垣茂は地元選出の衆議院議員、荒木田正直(清水紘治)の後援会会長をしており、バッジを後ろ盾としています。

土井垣茂役 福田転球
ドラマ公式サイト

そして、民事で挑んだ夏目佳恵の自信は、国家権力の前に粉々に砕かれてしまいます。

「理不尽な法律には果敢に挑む」神宮寺法律事務所と咲坂健人弁護士は、この法律の壁ではなく、国家権力の壁に挑むところが最大の見所となるでしょう。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第8話のあらすじと見所2

< 売れない小松彩夏が売れた!グッドパートナーで猫田弁護士のお相手 >

そして、あらすじはこう続きます。

 

苦境に立たされた咲坂たち。なんとか逆転の方法はないかと思案する弁護士たちを見て、城ノ内麻里(馬場園 梓)や茂木さとみ(岡本あずさ)らも「何か手伝えることはないか」と考え始める。一致団結した神宮寺法律事務所は、再び土井垣、そしてそのバックにいる衆議院議員の荒木田正直に戦いを挑む…!
果たして熱海は、幼なじみを救うことができるのでしょうか?

引用元:番組公式ページより
http://www.tv-asahi.co.jp/goodpartner/story/0008/

 

ある意味で、「建前主義」の日本人は、ややもすると法律が人間の存在の前にあるように捉えられがちですが、人権と正義のために法律の存在価値があることは明白です。

どこかの首長が、政治資金を自分の「お財布代わり」に遣っていたことが大きな社会問題となっています。ザル法と言われる法律で、支出は問われないなどと、阿呆なことになっています。

わざわざ抜け道があるような法律など、何の意味があるのでしょう。そして、国民もそれを許している土壌とはいったい何なのでしょう。(すみません、激怒して横道に逸れてしまいました。笑)

神宮寺法律事務所
ドラマ公式サイト

荒木田正直をバックにした設備業者の土井垣に対し、裁判所も敵に回して戦う神宮寺法律事務所が、どのような方策で、この窮地を脱して、熱海優作の親友、島津勝太(渋谷謙人)としらかぜ荘を救うのか、1話完結のグッドパートナー無敵の弁護士が初めて2話連続のストーリーとなったグッドパートナー 無敵の弁護士8話の結末が非常に楽しみです。

咲坂健人がどのようなシーンで弁護士バッジを外すのでしょうね。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ一覧

グッドパートナー7話あらすじ 暴け政治家と癒着業者の陰謀!

グッドパートナー6話あらすじ 借金3億、倒産・再建・夜逃げ?

グッドパートナー5話あらすじ 逢沢りながセクハラ被害に!

グッドパートナー4話あらすじと見どころ 大ボスと健人が内紛に

グッドパートナー第3話あらすじと見どころ893相手は110番

グッドパートナー第2話あらすじと見どころ 動き出す二つのチーム

グッドパートナー 無敵の弁護士第1話あらすじと見どころ

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。