スポンサードリンク


グッドパートナー 無敵の弁護士第2話が早くも気になります。第2話あらすじ見どころを探ってみましょう。第2話では咲坂健人(竹野内豊)と元妻、夏目佳恵が、それぞれのアソシエイト弁護士、熱海優作(賀来賢人)と赤星元(山崎育三郎)を従え、それぞれのチームに分かれて仕事に当たりますよ。

グッドパートナー 無敵の弁護士
ドラマ公式サイト

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第2話のあらすじ

グッドパートナー 無敵の弁護士第2話あらすじは、神宮寺法律事務所が顧問を務める「シンヨーメディカル」が不当解雇で訴えられるところから始まります。

訴えに出たのは、小西勝也(野間口徹)という会社から解雇されたシンヨーメディカルの元社員です。そして、この件を任されたのが、無敵の弁護士、咲坂健人(竹野内豊)と彼の下についた新人弁護士の熱海優作 (賀来賢人)です。

解雇したシンヨーメディカルは、解雇理由に、小西勝也の経費乱用を挙げました。つまり、会社の経費を使い込んで、被害を与えるまではいかなかったものの、即ち損害賠償は請求せずに、解雇という措置をとったわけです。

しかし、小西勝也はシンヨーメディカルとの間に、「3年契約で年棒1200万円」という契約を締結したいたのです。それを根拠に1年で解雇されたのは「労働契約法」に違反だというのです。契約書がある以上勝ち目はないとする新米弁護士の熱海優作ですが、顧問弁護士の立場から、この件を引き受けた咲坂健人は、小西勝也の代理人の弁護士と会うことにします。

小西の代理人を務める相手、宮前克美(モロ師岡)と交渉する咲坂健人に対し、解雇を認める代わりに、残りの契約2年分の給与、2400万円の支払いの条件と突き付けてきました。

咲坂健人 熱海優作
ドラマ公式サイト

神宮寺法律事務所は、一方でパートナー弁護士夏目佳恵(松雪泰子)が顧問先のチドリ電工の合併案を担当していました。夏目佳恵は自分の下に付いたアソシエイト弁護士の赤星元山崎育三郎)を従えていました。

合併案もまとまり、合意直前になって、合併相手の唐松物産が合併取り消しの申し出を受けたのです。何が起こったのか、夏目佳恵が直接交渉の場に行ってみると、そこへ現れたのは、唐松物産の代理人、宮前克美だったのです。

即ち、神宮寺法律事務所の二人の顧問弁護士が違う案件で同じ代理人と交渉することになってしまったのです。

神宮寺一彦代表は、まさか同じ弁護士を相手に別件の二人がどちらも負けては、事務所の顔が無いと激を飛ばされます。それでなくても、佳恵は元夫の健人には尋常ならぬライバル心を持っているのです。健人は健人で自分のプライドに賭けても、絶対に勝つと譲りません。

同じ弁護士を相手に競い合っている二人を見る、宮前のおちょくるような態度に「掟破り」の反則技、健人は依頼人の小西勝也に直接会うという暴挙に出てしまいます。

その上、小西勝也の経費出費に関して正当性があるかどうかを確かめるため、ある方法で攻めることにしたのですが・・・・・。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第2話の見どころ 動き出した二つのチーム

パートナー弁護士の下で働くアソシエイト弁護士。第2話では、咲坂健人と夏目佳恵という二人のパートナー弁護士の下で働く二人のアソシエイト弁護士もそれぞれパートナー弁護士とコンビを組みます。

咲坂健人には新人で駆け出しの熱海優作、そして夏目佳恵には、経験十分な赤星元です。いよいよこの二つのチームが別々に分かれ、別件で競い合うところが、見どころの一つとなるでしょう。

別件で引き受けた案件の相手弁護士が同じ人物になってしまうというコメディタッチの面白さも見どころですね。元夫婦でライバル意識が強いことを知る、神宮寺法律事務所の代表、大ボスの神宮寺一彦の部下管理も見どころとなるでしょう。

夏目佳恵 赤星元
ドラマ公式サイト

それから、第2話で重要人物となる代理人、宮前克美の動向ですね。健人と佳恵を相手にどんな態度で臨んでくるのか注目されます。

さすがに「法務&ホーム」ドラマと銘打ったグッドパートナー 無敵の弁護士です。1話完結型で、ペースも良く、ピッチも軽快で、出演するキャストも魅力があり、中々楽しいドラマに仕上がっています。そして、主演の竹野内豊、かっこいいですね。楽しみな第2話あらすじ見どころでした。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。