グッドパートナー 無敵の弁護士第3話のあらすじはどんな展開になるのでしょう?見どころ と一緒に見ていきましょう。今回は893屋さんが登場するようです。しかし、110番は何事か事が起こらないと動けません。咲坂健人は、どのように案件に立ち向かうのでしょう。

グッドパートナー 無敵の弁護士
ドラマ公式サイト

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第3話のあらすじと見どころ

グッドパートナー 無敵の弁護士第3話をあらすじ見どころを同時並行で見ていきましょう。

グッドパートナー 無敵の弁護士第3話のあらすじの序盤の展開です。

 猫田純一(杉本哲太)が手がけていたベンチャー企業『ヒューガクラウド』の上場案件にトラブルが発生する!
業務委託契約を結んでいた会社の経営母体に暴力団が関与している可能性が浮上する。
咲坂健人(竹野内 豊)を伴い、『ヒューガクラウド』CEOの日向俊矢(高橋光臣)からその会社とつながりを持った経緯を聞いた猫田は、上場が困難だと判断し、この案件からは手を引きたがる。しかし、『神宮寺法律事務所』のボス・神宮寺一彦(國村隼)からは問答無用でこの案件を成立させるよう命じられてしまう!

引用元:番組公式ページより
http://www.tv-asahi.co.jp/goodpartner/story/0003/

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第3話のあらすじと見どころ1

相手が893屋さんだと知り、尻込みする猫田純一の慌てぶりが見どころの一つとなるでしょう。何しろ、猫田弁護士は「スマートで紳士な弁護士」を目指しているのですから、危ない893屋さんには関わらないのが主義ですからね。(笑)

グッドパートナー 無敵の弁護士
ドラマ公式サイト

ヒューガクラウドの代表取締役、日向俊矢を演じる高橋光臣も必見ですね。彼は去年大人気となった「下町ロケット」で、佃製作所の内部資料をライバル企業に裏流しする若手技術者、中里淳でヒール役を演じています。ニヒルな役が似合う役者になってきましたね。
グッドパートナー 無敵の弁護士第3話のあらすじ中盤の展開では。

一度暴力団とつながりを持ってしまった会社は、そう簡単には関係を断ち切れない――そんなセオリーを打ち崩すべく咲坂たちは策を練り始める。
手始めに業務委託先の会社『サンデーメディアサービス』を訪れた猫田と咲坂、そして熱海優作(賀来賢人)は、業務委託契約書内にある『反社会的勢力排除条項』をもとに、契約解除を申し出る。要望に対し、「賠償金を支払え」と強気に出ていた『サンデーメディアサービス』の社長・滑志田吾郎(星田英利)だったが、次第に情勢が変わり…?

引用元:番組公式ページより
http://www.tv-asahi.co.jp/goodpartner/story/0003/

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第3話のあらすじと見どころ2

893屋さんの常套手段といえば、「ああ言えば、こう言う」です。最初から理不尽なことを承知でやっていますから、平気で屁理屈を述べるのです。

夏目佳恵役 松雪泰子
ドラマ公式サイト

「ああ言えば、上祐」(一頃、流行り文句となりましたね、覚えてらっしゃいますか?)ですから、ある意味、弁護士的、答弁を日常的にやっているのが893屋さんです。咲坂健人や熱海優作、猫田純一ら弁護士との対応が面白くなるでしょう。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第3話のあらすじの終盤の展開は。

 

強気の滑志田社長に起こる状況変化とは、反社会的な団体に市民が立ち上がったというのでしょうか?この辺も見どころとなるでしょう。
そんなある日、夏目佳恵(松雪泰子)が顧問先の社員・岸田英樹(横田栄司)からランチに誘われ、神宮寺法律事務所のスタッフの間で噂が広まる。その話を耳にし、心穏やかでない咲坂。その矢先、事務所に咲坂と佳恵の娘・みずき(松風理咲)を盗撮した写真が送られてくる。「これ以上、『サンデーメディアサービス』の件にクビを突っ込むと娘がどうなるかわからないぞ」という脅しと察した佳恵は、この件から手を引くよう咲坂を諭す。

窮地に立たされた咲坂が選んだ方法とは…!?

引用元:番組公式ページより
http://www.tv-asahi.co.jp/goodpartner/story/0003/

 

グッドパートナー 無敵の弁護士第3話のあらすじと見どころ3

結婚歴12年で離婚した二人のパートナー弁護士、咲坂健人と夏目佳恵は、去年、佳恵の弁護士活動が夫婦の妨げとなり協議離婚しています。一人娘のみずきは父親の咲坂健人と暮らす選択をして、一緒に暮らしています。

夏目佳恵がクライアントの一人と昼食を共にしたことが、何故か事務所で「佳恵の浮気」と話題になり、咲坂健人にも聞こえてしまうのです。

協議離婚をしているのですから、お互いに柵は無いはずですが、何かもやもやを感じる健人には、意外にも未練があるのでしょうかね?

その咲坂健人に娘のみずきと写った写真が届きます。送り主は、定かではありませんが、恐らく咲坂の仕事の妨害でしょう。「手を引け」という訳です。

咲坂みずき役 松風理咲
ドラマ公式サイト

理不尽な圧力に対して、毅然と戦うのが、健人ですから、黙って引っ込む訳はありません。どのように、この893屋さんに立ち向かうのか、最大の見どころとなるでしょう。

ドラマ初出演の新人女優の松風理咲の可愛い演技も見どころですね。(笑)

冒頭でも述べたように、110番は何か事が起こらないと、つまり違法行為が無いと取り締まりできません。そんなことは100も承知の893屋さんも法律を承知で凌いでいます。

893屋対弁護士というぶつかり合いが見どころとなるグッドパートナー第3話です。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。