そして誰もいなくなった9話最終回で、犯人はバーテンダーの日下瑛治と判明しました。最終回感想は、日下瑛治を演じた伊野尾慧の独擅場で、犯行の経緯を語る伊野尾慧の長セリフも見事で、日下瑛治の演技が素晴らしかったです。黒木瞳のキャスト、藤堂万紀子の実の息子となった理由は、万紀子の婚前契約書にあったのです。

そして、誰もいなくなった
ドラマ公式サイト

 

そして誰も9話最終回感想 伊野尾慧の独擅場!明らかになる瑛治の出自

そして誰もいなくなった9話最終回は、真犯人となる日下瑛治を演じる伊野尾慧の独擅場となりました。日下瑛治の犯行の全容を明らかにするには、最終回の1話では時間が足りません。そこで、日下瑛治の藤堂新一に対する「告白」という形を取ることになったことで、日下瑛治の「独り舞台」となり、伊野尾慧の演技が注目を集めた格好となりました。

髪型も顔立ちも優しそうなマスクの伊野尾慧ですが、落ち着いた低音の声質も中々、役者として似合っていましたね。その伊野尾慧が演じる日下瑛治ですが、そして誰も最終回においては、自分の出自や犯行の経緯を語るシーンでは長セリフが多く、伊野尾慧の演技の見せ所となりました。

日下瑛治役 伊野尾慧
ドラマ公式サイト

 

日下瑛治の本名は「ともや」といい、母の万紀子の再婚の際、婚前契約により、特別養子縁組に出されていたのです。つまり、「ともや」と万紀子は、この時点で「赤の他人」となったのです。

しかし、新一の父、万紀子の再婚相手の夫が早くして亡くなったことが、この事件のすべての発端となったのでした。

日下瑛治は、新一の父の葬儀の際、藤堂家に居て、新一と母万紀子の会話を聞いてしまい、自分は母の万紀子に捨てられたと思い込み、その恨みを藤堂新一と母万紀子にぶつけるのでした。

伊野尾慧が語る、幼少の「ともや」の話には、感情が籠っており、名演技でしたね。ともや少年の傷付いた子供心や、憎しみを素直な感情として表現していたので、びっくりでしたね。

 

そして誰も9話最終回感想 伊野尾慧の独擅場!日下瑛治の演技がドラマを救った

そして誰もいなくなったの放送回数を10話として見ていた管理人にとって、9話最終回という情報に耳を疑りました。と、いうのも8話終了時点で、多くの謎が残っていたからです。その謎解きと説明を考えた時、どうしても1話では無理が生じると思っていました。

実際、管理人と同じように思ったファンの意見も多いようです。藤堂万紀子のヘルパー西野弥生の失踪、偽藤堂新一の川野瀬猛の所在、五木啓太の役割りなど、明快な答えを望むとすれば、1話で全てを語るにはあまりにも時間が足りません。最終回感想は、詰めが荒くギリギリでした。

伊野尾慧 遠藤要
ドラマ公式サイト

 

最終回でこれらをまとめたので、非常に粗い描写となってしまった感は否めません。特に、ヘルパー西野弥生の失踪は、電話連絡を受けた藤堂万紀子の「告白」の形をとっており、どのように始末したのか描写はありません。

川野瀬猛に至っては、死んだ西条信司弁護士の代わりに現れた日下瑛治がナイフを一刺し、で終わりです。

これほど粗い描写を救ったのが、日下瑛治を演じた伊野尾慧だったと思います。彼の演じる日下瑛治の出来が悪かったならば、9話で最終回にしたことで、最悪のエンディングとなったのではないでしょうか。

そして誰もいなくなった9話最終回は、藤堂新一のかつての実家がメイン舞台となり、時間も最終回の半分以上を、藤堂新一と日下瑛治、そして藤堂万紀子の会話と告白となりました。最後の最後は、新一にナイフを向ける息子の瑛治を母万紀子の自らの手で始末する結末は、予測できましたね。

藤堂新一 万紀子 日下瑛治
ドラマ公式サイト

 

そして誰も9話最終回で、だいたいの経緯は説明されましたが、伊野尾慧の演技が、最終回の脚本の粗さを救ってくれたと思います。あっぱれ、伊野尾慧!今後の出演作品も要チェック!ですね。

 

???? そして誰もいなくなった あらすじ一覧 ????

そして誰も9話最終回のあらすじ 瑛治と万紀子に嵌められた新一

そして誰も8話のあらすじ 裏切りは馬場?ドローンの失敗は何故?

そして誰も7話のあらすじ 鬼塚刑事の捜査続行と新一の計画実行

そして誰も6話のあらすじと見所 新一の行方とイレイズの解除

そして誰も5話あらすじと見所 新局面は破滅の序曲なのか?

そして誰も4話あらすじと見所 謎の男・馬場と五木啓太の関係

そして誰も3話あらすじと見所 長崎はるかの謀略と早苗の危機

そして誰も2話あらすじと見所  ガキの使いとは誰?何故刑事が?

そして誰も1話あらすじネタバレと見所 PC管理社会の問題点

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。