そして誰も7話は、後半に突入した前回6話から、新しい展開となりました。そして誰も7話あらすじと見所を追っていきましょう。藤堂新一(藤原竜也)たち「四人組」は反撃を開始するようですが、まだ「見えない敵」との闘いです。いったい、犯人の相手は姿を現すのでしょうか。

そして、誰もいなくなった
ドラマ公式サイト

 

そして誰も7話のあらすじ 反撃開始も、相手はまだ「見えない敵」

< そして誰も 川野瀬猛の父親の出現と西野弥生ヘルパーの失踪 >

そして誰も7話あらすじは、藤堂新一が、日下瑛治、馬場、そして君家砂央里の三人と組んで、反撃を開始する展開となります。

しかし、小山内保の拉致に成功した馬場が、警察に追われ車ごと水没してから、姿が見えません。馬場はどうしても必要なメンバーですが、進一は、「馬場抜き」(笑)で、三人で計画を決行する決意です。

小山内保が運よく発見され病院で治療を受けたり、鬼塚刑事がその小山内保の事情聴取に現れたり、弁護士の西条信司が何故か計画を実行する屋上に現れたり、相変わらず、「訳の分からぬ展開」は続くようですよ。

小山内保 鬼塚刑事
ドラマ公式サイト

 

では、そして誰も7話あらすじと見所を見ていきましょう。

 

車のトランクに閉じ込められた状態で海に落ちた小山内(玉山鉄二)だったが、奇跡的に命を取り留める。病院で目覚めた小山内のもとにやってきた鬼塚(神保悟志)は、小山内が入れられていたトランクの中にあったという「西野弥生」と書かれた名札を見せる。行方不明になっている弥生(おのののか)が何か事件に巻き込まれたのではないかと小山内の中に不安がよぎる。

新一(藤原竜也)は日下(伊野尾慧)、砂央里(桜井日奈子)と、馬場(小市慢太郎)の帰りを待っていた。翌日に控えた計画実行のためには、馬場がいなくてはならない。だが馬場は戻ってこなかった。「ギリギリまで待とう」と言う新一だったが、砂央里には嫌な予感がしていた。

小山内は早苗(二階堂ふみ)に身元を引き受けてもらい退院すると、万紀子(黒木瞳)から「ある場所に急ぎで行ってほしい」と頼まれたことを打ち明けられる。いなくなった新一の手がかりがあるのではないかと考えた二人は、万紀子から聞いたその住所を目指す。そこには一軒のログハウスが建っており、インターフォンを鳴らすと、女性の声が。「今、立て込んでいる」と答えたその声は二人が聞き覚えのある声で――。

一方、日下と砂央里は計画実行を前に、ビルの屋上を偵察。計画の失敗を恐れる砂央里は、今まで隠していた日下への想いを不意に打ち明ける。予想もしていなかった砂央里の告白に動揺する日下。そして、二人の距離が近づいていき――。 そして、結局馬場が戻らないまま、新一が密かに進めていたドローンを使った計画は3人だけで遂行することに。それぞれ、担当を割り振られた屋上に、ドローンを設置していく3人。砂央里が最後のドローンを置いたそのとき、西条(鶴見辰吾)が現れ、ある提案を持ちかける。それを聞いた砂央里の決断は――?

引用元:番組公式ページより
http://www.ntv.co.jp/soshitedaremo/story/index.html

 

そして誰も7話の見所1 「まむしの鬼塚」が追う相手とは?

< そして誰もいなくなった ここまでの人物整理と人間関係 >

そして誰も7話あらすじでも見たように、捜査が打ち切りとなった公安の鬼塚刑事(神保悟志)が、運よく助かった小山内保の見舞いに病院に現れます。もちろん、「見舞い」と称した事情聴取であることは、当然です。そして誰も7話の見所の一つは、この鬼塚デカの行動と、監視対象の小山内保の動きです。

西条弁護士が言うように、「鬼塚刑事はまむしのようにしつこい」のが信条のデカです。しかし、その鬼塚が追っている相手とは、誰なのでしょう?恐らく、鬼塚刑事自身、分からないのだと思います。

ただ、国家の不安を煽るような企みがあるとという直感から、捜査を続けているのでしょう。

鬼塚刑事役 神保悟志
ドラマ公式サイト

 

その一方で、親友である藤堂新一の「四人組」の一人、馬場に拉致された小山内保の心境とは、どんなものなのでしょう。

未だに小山内保が新一の味方なのか、敵なのか分かりません。藤堂新一を自分の総務省での昇格に利用しているのでしょうか?まだまだ、この小山内保からも目が離せません。

 

そして誰も7話の見所2  馬場抜きの計画実行は成功するのか?

< そして誰も 驚愕!日下瑛治と藤堂新一は異母兄弟だった! >

そして誰も7話のもう一つの見所は、あらすじに見た、藤堂新一たちの計画実行です。ドローンを使って、藤堂新一はとんでもない事を実行するようですが、これが手紙にあった「7つの罪を犯す」ことなのでしょうか?

馬場の小山内保の拉致を「罪」と考えられると、この計画実行が二つ目の「罪」になるのでしょうか。と、考えると、まだ五つも「罪」が残っていることになります。

小山内保 馬場
ドラマ公式サイト

 

絶対に必要な馬場の力のはずですが、水没した車の中からは発見されませんでした。馬場が戻らない中、三人で計画を実行しようという藤堂新一の胸の中にあるものは、何でしょう?

果たして三人で計画は成功するのでしょうか?どうやら、仲間の一人、君家砂央里は管理人と同じように、不安を覚えるようですね。

また、例の「訳の分からぬ」弁護士、の西条信司が、何故、計画実行の場所、屋上に姿を現すのでしょうか。どういう経過で、屋上の場所を特定できたのか、西条信司の動きの裏に、何が潜んでいるのか、依頼人とは誰なのか、監視体制を緩める訳(笑)にはいきません。

 

???? そして、誰もいなくなった 犯人は誰? ????

西条信司弁護士は事件と無関係!そして誰もいなくなった犯人は別

そして誰もいなくなった藤堂万紀子の犯人説が俄かにクローズアップ

そして誰もいなくなった犯人は誰?大学時代のゼミ仲間に犯人が?

そして誰もいなくなった犯人は誰?ミス・イレイズを操作できる人

そして誰も 犯人は誰? バーテン役伊野尾慧が犯人の可能性は?

そして誰も 犯人は誰? 母親役黒木瞳が犯人の可能性はあり?

そして誰もいなくなった犯人は誰?長崎はるかのミムラが不気味だ

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。