そして、誰もいなくなった4話の展開が益々面白くなりそうです。4話あらすじと見所を見ていきましょう。藤堂新一(藤原竜也)を陥れた人物は、特定できるどころか、益々混乱していくようです。バーKINGで馴染みの客、馬場という男、何やら新一の後輩五木啓太と接点があったのです。

そして、誰もいなくなった
ドラマ公式サイト

 

そして、誰もいなくなった4話のあらすじ 深まる人間関係の謎

偽のなりすまし藤堂新一が釈放され、テレビで「冤罪被害」を訴える川野瀬猛(遠藤要)を見て愕然とする新一です。どんどん既成事実として、偽の藤堂新一が自分の代わりになっていくのです。

居ても立ってもいられない本物の藤堂新一は、川野瀬とその弁護人である西条信司(鶴見辰吾)に会って談判を決意します。

そこから、ドラマは急展開するようです。4話あらすじを番組案内から拾ってみましょう。

新一(藤原竜也)の目の前でホテルのベランダから飛び降りたはるか(ミムラ)。親友の小山内(玉山鉄二)は、勝手な思い込みによりはるかを追い詰めた新一を責め立てる。さらに追い打ちをかけるように、テレビではニセモノの新一=川野瀬猛(遠藤 要)が冤罪被害を訴え、自らが藤堂新一であると名乗り、記者会見を行っている様子が流されていた。新一は、世間が偽物を”藤堂新一”だと認識していく様子をただ見ていることしかできないでいた。

そんな絶望の淵に立たされた新一に声をかけてきたのは、バーテンダー日下(伊野尾 慧)だった。日下は店をオープンしたての頃、新一からかけてもらったある言葉に恩を感じており、新一の力になりたいと言う。

そのころ新潟では、小山内や斉藤(今野浩喜)が見守るなか、はるかの葬儀が営まれており、はるかに想いを寄せていた斉藤は、はるかの想いに気づかなかった新一を恨み、ひどく取り乱していた。そこに不意に万紀子(黒木瞳)が現れ、小山内に「連れていってほしいところがある」と言う。そこで万紀子は小山内に「本当の話をしましょう…」と、思いもよらぬ質問を投げかけ―。

新一は西条(鶴見辰吾)と川野瀬を待ち伏せ、「自分の人生を買い戻したい」と持ちかける。そこで川野瀬はお金と引き換えに、ある人物を紹介してやると新一に提案する。新一が指定された店に行くと、そこには見覚えのある男・馬場(小市慢太郎)がいて、連れて行かれた先に待っていたのは、後輩の五木(志尊淳)の姿だった。いつもの五木と違う様子に困惑する新一は「お前が全部仕組んでいたのか?!」「早苗に何をした!?」と激昂。だが五木は冷静に「先輩、早苗のこと、本当にわかっているんですか?」――そう聞かれ、新一は答えに詰まってしまう。

早苗(二階堂ふみ)の元へ、真実を確かめに向かった新一。早苗の住むアパートの前には見覚えのある人物の姿が。そして、二人は揉み合いになり、そこから新たな悲劇へと転がり落ちて行くのであった…。
引用元:番組公式ページより
http://www.ntv.co.jp/soshitedaremo/story/index.html

 

そして、誰もいなくなった4話の見所1 謎の男・馬場と五木啓太の関係

そして、誰もいなくなった4話の最大の見所は、バーKINGに出入りする謎の男・馬場(小市慢太郎)と、新一の会社の後輩、五木啓太(志尊淳)の関係でしょう。

偽の藤堂新一、川野瀬猛の案内で出会うことになる藤堂新一と馬場ですが、その謎の男、馬場は新一の後輩、五木啓太と接点があったというのです。

馬場役 小市慢太郎
ドラマ公式サイト

 

管理人の直感ですが、この謎の男、馬場という人物、以前、政府系か民間の研究員をしていたのではないかと睨んでいます。

何かの原因で失脚してしまい、二度と陽の当たる場所に出られなくなったのではないでしょうか。若手で有能な研究員、五木啓太との接点とは、おそらくこのような技術者としての交流があるように思えます。

 

そして、誰もいなくなった4話の見所2 長崎はるかの運命と斉藤博史の激怒

新潟の大学時代、同じゼミ仲間だった藤堂新一、小山内保、斉藤博史と長崎はるかの四人組。皆が仲良いグループでしたが、紅一点のはるかが人気者だったのでしょう。

保も博史も長崎はるかに気があったようですが、親友である新一と恋愛関係にあり、羨ましくは思いながらも、はるかの幸福を願い、藤堂新一に託していたのです。

斉藤博史役 今野浩喜
ドラマ公式サイト

 

しかし、病院に駆け付けた斉藤博史は、はるかの訃報を聞き、それまで抑えてきた気持ちが爆発します。4話見所は、この斉藤博史の怒り爆発と怨念でしょう。このまま、黙って引き下がるような斉藤博史には思えません。

 

そして、誰もいなくなった4話の見所3 倉元早苗の出自の謎

そして、誰もいなくなった4話のもう一つの見所は、藤堂新一のフィアンセである倉元早苗(二階堂ふみ)の背景です。3話で明らかになったように、早苗は以前、新一の後輩、五木啓太と付き合っていたのです。

藤堂新一と倉元早苗の交際歴はドラマの中では明らかにされていません。1話の冒頭から、新一は早苗を母の藤堂万紀子に結婚する報告をするところから始まりました。

倉元早苗役 二階堂ふみ
ドラマ公式サイト

 

そして、誰もいなくなった4話では、もっと驚くようなことが起こるようです。五木啓太から、倉元早苗の別の姿を聞いた新一が早苗に会いに行くと、とんでもない人物と遭遇するようです。

いったい、倉元早苗が会っている人物とは誰なのでしょうか?管理人の直感ですが、(すみません、直観が多くて)、おそらく新一の同窓で、元ゼミ仲間の小山内保なのではないでしょうか。そして、小山内保とイザコザになり、更なる事件に巻き込まれていくのではないでしょうか。

ますます、冴えるミステリードラマ、「そして、誰もいなくなった4話の展開が待ち遠しいです。

 

???? そして、誰もいなくなった 犯人は誰? ????

そして誰もいなくなった藤堂万紀子の犯人説が俄かにクローズアップ

そして誰もいなくなった犯人は誰?大学時代のゼミ仲間に犯人が?

そして誰もいなくなった犯人は誰?ミス・イレイズを操作できる人

そして誰も 犯人は誰? バーテン役伊野尾慧が犯人の可能性は?

そして誰も 犯人は誰? 母親役黒木瞳が犯人の可能性はあり?

そして誰もいなくなった犯人は誰?長崎はるかのミムラが不気味だ

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。