スポンサードリンク


土屋太鳳主演の お迎えデスが一週遅れでスタートしました。土屋太鳳はヒロインの阿熊幸のキャストを演じています。冒頭から土屋太鳳美脚とホットパンツが眩しいスタートとなりました。美脚と共に土屋太鳳のハイキックも話題です!

お迎えデス トップ

 

お迎えデス。土屋太鳳の美脚が眩しい

ドラマ「お迎えデス。」は、冒頭、明櫻大学の部活の勧誘場面からスタートします。春っていいねすね。桜満杯のキャンパスで、各サークルの勧誘デスクが大勢の新入生を歓迎し、それぞれ愛好会や同好会に誘っています。

ドラマの主人公、堤円(福士蒼汰)は親友の加藤孝志(森永悠希)と一緒にロケット同好会のブースに陣取り、入会希望の来るのを待っています。

人気の無いサークルのようで、ロケット同好会に近づく新入生は多くありません。その上、興味のある女子大生に対し、人付き合いが苦手の堤円はまともな対応ができず、すぐに去られてしまいます。

a

じゃーん!そこに、美脚が登場します。約4秒(笑)に渡り、映し出された美脚の持ち主こそ、「お迎えデス。」のヒロイン阿熊幸を演じる土屋太鳳だったのです。

その阿熊幸が突然、ロケット同好会の前に現れます。ブースの前まで歩み寄った阿熊幸は、真っすぐ堤まどかに近寄ると隣に座る加藤孝志を完全に無視して、円に話かけます。

社会の窓が開いてるよ!」

後で笑いを誘いますが、「言ってきたよ。でも、社会の窓なんて、ウチらの年で言わないよ」ってセリフは決まっていましたね。(笑)

第1話では、終わりまで、この土屋太鳳美脚とホットパンツに気を取られていた管理人です。(笑)

 

お迎えデス。土屋太鳳の美脚とホットパンツ

ナベシマによって、極楽送迎のアルバイトに勧誘される堤円は、阿熊幸と知り合い、一緒にコンビをする勧誘を受けます。乗り気でない堤円でしたが、ナベシマに押し切られる形で阿熊幸とこの「彷徨う魂のユーレイをあの世に送る」というバイトをすることになります。

そのバイトの先輩、阿熊幸との初仕事は、娘の結婚と出産を祝えずに喧嘩別れして死んでしまった老人、陽造(伊東四朗)でした。

b

阿熊幸に腕を掴まれ、陽造のところへ行くシーンでも、土屋太鳳美脚が輝いていました。どうも、土屋太鳳美脚を演出したのは、その上に羽織ったスプリングコートのような、薄いロングコートでしたね。

コートの裾がひらりひらいするのが、美脚を演出していたようです。ちょうど、チャイナドレスのような効果です。(笑)

そして、それはあの中に履いたホットパンツも同様です。ホットパンツ自体は、なんということもないのですが、土屋太鳳美脚を演出する最適な衣装だったと思います。

 

お迎えデス。土屋太鳳の美脚とハイキック

あの世に成仏できない陽造が憑依して、堤円に乗り移ります。そして、その憑依した魂を堤円の体から解放するのが、土屋太鳳のハイキックです。

土屋太鳳美脚が眩しいシーンです。ひらりと開かれたコートから繰り出される土屋太鳳美脚が伸びて、堤円のお尻を一発キック。

c

見事に憑依した陽造は、の体から分離します。

お迎えデス。第1話では土屋太鳳の眩しく輝く美脚のお話しでした。(笑)第2話以降、妙に期待している管理人です。(笑)

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。