お迎えです。では毎回ゲストキャストがユーレイとなって登場します。第2話のゲストキャスト比嘉愛未です。福士蒼汰が演じる堤円との共演が見どころです。

お迎えデス 
ドラマ公式サイト

 

お迎えです。ゲストキャスト第2話の比嘉愛未の役どころは?

お迎えです。第2話のゲストキャストには看護師、瑞江役で比嘉愛未が登場します。比嘉愛未が演じる瑞江は14歳で心臓病を患っている和弥という少年を診ていたのです。

早く元気に良くなるようにとも思いから、瑞江は和弥が元気になったら、病院の外に見える大観覧車に二人で乗ろうと約束するのです。

その約束を果たせず、成仏できないでいる和弥の思いは、瑞江も同じで、悔しい気持ちは通じています。

和弥役 加部亜門
ドラマ公式サイト

阿熊幸(土屋太鳳)は、そんな状況を見て、堤円に必殺技の「憑依」で和弥を円の体に乗り移らせ、和弥の代わりに観覧車に乗ってあげるように提案します。

必死に少年の回復を祈り、誠心誠意、看護に尽くす瑞江を演じる比嘉愛未の演技に注目です。

 

お迎えです。ゲストキャスト第2話の比嘉愛未の見どころは?

今回のお迎えです。第2話のゲストキャストとなる比嘉愛未の最大の見どころは、福士蒼汰が演じる堤円との絡みになるのではないでしょうか。

何故なら、堤円は瑞江と接する時、中身は和弥ですが、瑞江にとっては堤円なのですから、接点がありません。

即ち、堤円が瑞江と一緒に観覧車に乗るためには、そのような状況にもっていかなくてはならないのです。しかし、瑞江と一緒に観覧車に乗る状況を作るには、何とか二人でデートできるような関係にならなければならないのです。

女性との付き合いが苦手は理系のボンボン、堤円は幸のこのアイデアに乗り気ではありませんが、引き受けなければ、幸との交際も拒絶されかねません。

いやいやながらも、極楽送迎の先輩バイト生の阿熊幸のアイデアを受け入れ、女性心理を研究する円です。果たして、堤円がいかにして瑞江を誘うのか、この二人の絡みが最大の見どころとなるでしょう。

福士蒼汰 比嘉愛未
ドラマ公式サイト

比嘉愛未は、テレビ朝日の人気シリーズ、ドラマ「DOCTORS 最強の名医」で、宮部佐知役で看護師を演じたこともあり、この瑞江のキャストには「打って付け」のキャストといえるでしょう。比嘉は、このシリーズで、第1から第3シリーズまで、連続で宮部佐知役にキャスティングされているのです。

比嘉にとって「はまり役」とも言える看護師役は、もって来いでしょうが、そこに堤円との「男女関係」が絡むシーンに興味がもてますね。(笑)

 

お迎えです第2話ゲストキャスト比嘉愛未演技に注目です。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。