重版出来!6話あらすじと見どころを追ってみましょう。黒木華の着物姿が拝めるようです。日本顔と称えられる黒木華と、演じる黒沢心の「掟破り」が見どころとなるでしょう。

黒木華 黒沢心役
ドラマ公式サイト

 

重版出来!6話のあらすじと見どころ1 安井昇の体験とモットー

重版出来!6話あらすじは、新人漫画家の東江絹(高月彩良)と中田伯(永山絢斗)のデビューへの葛藤がメインテーマとなりそうです。黒木華着物姿は、どうやら神社への参拝、重版祈祷に出向くシーンで登場するようですね。

 

完成間近の東江(高月彩良)の作品「ガールの法則」の原稿を一方的な事情で全部ボツにされ、安井(安田顕)の急な要望にとまどう東江。“ツブシの安井”が、ついに牙をむく。安井に東江の担当を奪われた心(黒木華)は怒りを隠せないが、担当では無いため自分からは何もすることができなかった。
ある日、平日18時半以降と休日は対応しないという安井に代わり、東江に原稿の相談を持ちかけられた心。直接東江に会って励ますが、簡単なことも相談できない二人の関係が気になり、ますます不信感を抱いていた…。
新人ツブシと呼ばれてはいても、担当したすべての作品をそれなりにヒットさせている安井。かつての彼は心に似ており、漫画家との関係も良好だったという。現在、そんな安井は影もかたちもないが“ツブシの安井”の誕生にはある悲しい理由があった―

引用元:番組ホームページより
http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/

「新人潰し」の異名をとる安井昇(安田顕)が、どのような理由で、感情無視でドライな性格となったのか、明らかになる6話です。

しかしながら、その一方で、繊細な東江絹は本当に安井に潰されてしまうかも知れません。

「男気」ならぬ、「女気」がある熱血漢の黒沢心は、自分が担当ではないにも関わらず、「掟破り」とも言われかねない、東江絹をサポートするようです。

安田顕 安井昇役
ドラマ公式サイト

もっとも、テクニカルに言えば、「掟破り」には当てはまらないですよね。何故なら、それは「時間外」だからです。安井は非常にビジネスライクの人間で、東江絹には平日午後6時半までとコンタクトできる時間を指定していたからです。

ですから、担当ではない黒沢心がその時間以降に東江絹とコンタクトを取ったとしても、興都館の社員である以上、当然と言えば当然とも言える分けです。

とは言え、そのような事に対しても、「はい、そうですか」と応じる安井昇とも思えませんが。どうやら、この辺を巡り、黒木華と安田顕の「激突」が見られそうですね。(笑)

 

重版出来!6話のあらすじと見どころ2 ネットの影響と新戦略

重版出来!の歌詞は?主題歌はユニコーンでナイスなロックの響き

そして、重版出来!6話あらすじで、もう一つの流れが新人漫画家のデビュー前の葛藤です。粗削りで自己流の中田伯と、絵の描写もきれいに描ける東江絹の二人の描写がテーマの一つとなります。

永山絢斗 中田伯役
ドラマ公式サイト

 

奇しくも同じ号で漫画家デビューを果たす中田(永山絢斗)と東江。中田の「ピーヴ遷移」は賛否両論だがネットで話題になり、担当の心について「僕を見つけてくれた、女神です」と感謝する中田、一方で東江は、ついにある決断をする。

そんな中、売り上げを伸ばすため、編集長の和田(松重豊)から編集者個人でSNSをはじめるよう指示が出た。様々な意見が出る中、漫画への愛が溢れている、謎のアカウントが存在するという話が書店で噂されていたが…

引用元:番組ホームページより
http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/

本当に、スマホの登場で一気にネット社会となってしまいました。パソコンとインターネットを利用したソシアルメディアの開発で、新しいネット社会の出現は、消費者行動に多大な影響を与えるものとなりました。

そして、PRの媒体としての役割をネットが担う場面も出てきたのです。粗削りの新人、中田伯は新米編集者の黒沢心が見つけた原石のような魅力を持つ漫画家で、その図画描写の粗雑さとの中に強烈にアピールする何かをもっていたのです。ネットで注目を浴びるようになったのです。

その中田のデビュー作「ピーヴ遷移」に対しても、週刊バイブス編集部でも、評価は真っ二つ。「下手な絵では絶対に売れない」とする否定派と、「強烈にアピールする何かを持っている」と後押しするグループに分かれてしまうのです。

営業の数字には厳しい編集長の和田靖樹ですが、新人発掘や面白い物を読者に提供するという気概も同時に併せ持っており、中田伯の希少価値、つまり「珍しい」彼の魅力で勝負する気になり、採用を決めました。

高月彩良 東江絹役
ドラマ公式サイト

一方で、漫画を趣味の世界で描いていた東江絹は、新米編集員、黒沢心との出会いから、漫画家を目指すようになりました。繊細で初心な東江絹にとって、ドライでビジネスライクな安井昇は最初から「馬が合う」とは言い難いものでした。

さて、その東江が一代決心することとは、いったい何なのでしょう。重版出来!6話あらすじは、この新人漫画家を中心として進むようです。

【重版出来!あらすじ】

重版出来!5話あらすじ 見どころは久慈勝社長(高田純次)の半生

重版出来!第4話あらすじと見どころ なるか新人発掘!黒沢心!

重版出来!第3話あらすじと見どころ 新入黒沢心に担当者が決定

重版出来!第2話あらすじと見どころ 部数決定会議(部決会議)の嵐

重版出来!第1話視聴率は?黒木華!連続ドラマ初主演は高評価

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。