スポンサードリンク


重版出来!で、甘いマスクのイケメン漫画家、成田メロンヌキャストに俳優の要潤が起用されました。要潤演じる成田メロンヌは、漫画界きってのイケメンで、その甘いマスクも手伝って、ある意味、漫画以上の人気を誇っています。

重版出来!トップ

 

重版出来!で要潤がキャストの成田メロンヌは漫画界きってのイケメン男

重版出来!で漫画界きってのイケメン男を演じるのが俳優の要潤です。漫画界では、かっこ良いイケメンで甘いマスクの成田メロンヌですが、肝心の漫画の方の人気はイマイチです。

と、いうより成田メロンヌ作品は読者アンケートでも評判は芳しくなく、興都館としては打ち切りを決定せざるを得ないのです。興都館、編集部において、成田メロンヌ担当は編集者の壬生平太でした。

成田メロンヌ役 要潤
ドラマ公式サイト

壬生は自分の担当する成田メロンヌの作品が認められるように、成田をなだめたり、すかしたりして、なんとか成田メロンヌ心が折れないように支えるのですが、壬生がそうすればするほど、苛立つメロンヌなのです。

成田メロンヌは、気持ちを切り替えて、壬生の声援に応えることができるのでしょうか?

 

重版出来!で成田メロンヌのキャストになった要潤の魅力とは?

重版出来!で漫画界一のイケメン男、成田メロンヌキャストに決まった要潤は、現在、35歳と脂の乗った中堅の俳優です。

俳優歴は約15年で、「仮面ライダー」(アギト)でデビューしました。そして、その甘いマスクから、デビュー翌年には昼ドラマ「新・愛の嵐」で藤谷美紀がヒロインを演じた相手役となり、注目されるようになりました。

要潤を追っていくと、必ず「イケメン」というタイトルが登場しますが、実は新宿のスタジオアルタで警備員のバイトをしていたところを「笑っていいとも」の顔、タモリに見いだされ、番組のイケメンコーナーで紹介されたことが芸能界入りのきっかけとなったのでした。そのような事もあり、事ある度に「イケメン」が要潤の代名詞のようになったのです。

子供向けの特撮番組の出演経歴を隠すことが少なくない俳優業の中で、要潤は隠すどころか、積極的に話題とするなど、非常に自然な姿が好印象を与えるのでしょう。

成田メロンヌ役 要潤
ドラマ公式サイト

主演作は多いといえない要潤ですが、日曜劇場GOOD LUCK!!」や、フジテレビ、ドラマチックサンデーの「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」などゴールデンタイムの番組を始め、ドラマ出演はコンスタントにこなしてきました。

直近では、ドラマ「エイジハラスメント」、「コウノドリ」、「サイレーン」、「掟上今日子の備忘録」など、連続ドラマにも多く出演しています。

重版出来!では、イケメンだが売れない漫画家要潤がどのような演技で楽しませてくれるのか、注目されています。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。