スポンサードリンク


重版出来!第3話あらすじ見どころを探ってみたいと思います。第3話のメインテーマは興都館編集部員、黒沢心(黒木華)に担当の漫画家が決定し、仕事の洗礼を受けることです。同じ部署の先輩壬生平太(荒川良々)の苦労話も登場し、仕事の難しさがクローズアップされます。

重版出来!
ドラマ公式サイト

 

重版出来!第3話のあらすじ 担当漫画家が決まる新入編集部員黒沢心

重版出来!第3話あらすじは、新入編集部員黒沢心にいよいよ担当する漫画家が決定します。黒沢心には何と週刊バイブスの主力漫画の作品を手掛ける看板漫画家の高畑一寸(滝藤賢一)です。そうです、第1話で、黒沢心が挨拶回りで、五百旗頭(オダギリジョー)と一緒に行った高畑一寸です。彼女が若くてセクシーな梨音(最上もが)の、あの高畑一寸です。(笑)

黒沢心は、初仕事となる翌週掲載の巻末のアオリを考えて提出するのですが、副編集長の五百旗頭からOKは出ませんでした。

黒沢心 五百旗頭敬
ドラマ公式サイト

 

がっかりする黒沢心に、編集部の先輩の壬生平太(荒川良々)が、根性だけではできないと、編集に必要なことを学ぶことになります。壬生の教えは、読者に気を取られ過ぎることなく、漫画家の先生と息を合わせるということで、黒沢心は気持ちを一緒にして仕事に取り組む大切さを学ぶのです。

 

その壬生平太が担当している漫画家の成田メロンヌ(要潤)の読者評価が芳しくなく、連載が打ち切りとなってしまいます。読者アンケートにおいて成田メロンヌの作品が最悪の評価を下されていたからです。

何とか結果を出して欲しい壬生は、成田メロンヌに対して、おべっかを使って元気づけたり、勇気づけたり、できることは何でもします。遂には新企画まで提案したりするのですが、成果はなく、成田メロンヌと壬生平太の関係はますます泥沼に入り込んで、抜き差しならぬものとなってしまいます。

そして、高畑一寸の担当となった黒沢心には、締め切り間近の原稿催促という大仕事が待っていました。高畑一寸と心をともにして、作品の成功、つまり重版出来!を目標にする黒沢心でしたが、なんと締め切り直前になっても、高畑一寸から原稿が届かないのです。

高畑一寸 梨音
ドラマ公式サイト

焦った黒沢心に入った情報は、高畑一寸の彼女、梨音(最上もが)が家出をしてしまい、高畑は原稿どころの騒ぎではなくなってしまっていたのです。そんな理由で高畑の原稿は出来上がっていなかったのです。

締め切りには絶対間に合わせる、と高畑は原稿を仕上げて送り届けるのですが、締め切りを過ぎて届いた原稿に目を通した黒沢心はどこか満足感には覚束ない気持ちでした。

 

重版出来!第3話の見どころ 新入社員、ルーキー黒沢心のチャレンジ精神

重版出来!第3話あらすじでも見てきたように、第3話見どころヒロイン黒沢心のチャンレンジ精神です。根性だけで、気合いだけは柔道は勝てませんが、仕事も同じで気合いだけはできません。

やはり、そこには勉強して知識を得ることや、仕事を通してやり方の技術、テクニックなどを学ぶ必要があります。そして、経験を積み上げ、最後には目標の重版出来を勝ち取ることができるのです。

そのためには、前向きの姿勢、チャレンジ精神が大事になってきます。黒沢心が初仕事のアオリで中々OKを貰えなったり、担当漫画家の原稿請求など、第3話では苦労する話が登場しますが、見どころは、そんな苦労を乗り越えるだけのパワーをもったルーキー編集部員、黒沢心のチャレンジ精神となるでしょう。

壬生平太役 荒川良々
ドラマ公式サイト

それから、先輩社員、壬生平太の苦悩がもう一つの見どころとなるでしょう。荒川良々が演じる壬生平太の苦闘するシーンが中々シビアに映し出されます。黒沢心には先輩としてアドバイスを送る壬生ですが、自分が担当する漫画家成田メロンヌの連載打ち切りには頭を抱えてしまう壬生です。

成田先生を慰めたり、褒めてヨイショしたり、ご機嫌をとったりと、手八丁口八丁、包丁、これは無いか、何でも出して、あの手この手で成田メロンヌと作品を作っていこうという編集者の格闘が面白そうです。

最後に黒沢心が担当となった高畑一寸の彼女、梨音の存在も忘れてはなりませんね。と、いうか管理人が勝手に気に入っているのです。(笑)

やっぱ、あの金髪ボブの最上もがの美しさというかセクシー度が注目ですね。第1話でも際どい服装で目を見張りましたが、第3話でも最上もがの衣装に注目したいと思います。(笑)
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。