嘘の戦争2話から飯田基祐キャストを演じる六反田健次弁護士が登場します。この六反田健次犯人説が急浮上しました。黒幕とされる二科会長の弁護士、六反田健次犯人説が急浮上した理由とは、深堀りしていきます。

嘘の戦争
ドラマ公式サイト

 

嘘の戦争で飯田基祐がキャストとなる六反田健次とは?

嘘の戦争ネタバレ2話 弁護士六反田の出現と浩一の次なる一手 >

嘘の戦争2話では、五十嵐久司のナイフを受け、一ノ瀬浩一が病院に運ばれるところから始まります。

一ノ瀬浩一の策略にはまり、動揺した五十嵐久司は、指示を出した二科興三に電話を入れます。検討して答えると返事をもらったものの、千葉陽一という人物は海外にいると相手にされません。

挙句の果てに、病院の教授室にバンコクで遊ぶ姿を写真にコピーされ、壁中に貼り付けられて、五十嵐久司の頭の中は真っ白くなってしまいます。パソコンが浩一の手によってハッキングされていたのです。

五十嵐はノイローゼになり、誕生祝いを行っているパーティー会場に出向き、突然ナイフを手に会長目がけて突進します。

会長の前には、二人の息子、晃と隆が立っていましたが、二人を庇うように一ノ瀬浩一が、そのナイフを体で受け止めたのです。

嘘の戦争
ドラマ公式サイト

 

ところが、仁科家とニシナコーポレーションの顧問弁護士、六反田健次は、一ノ瀬浩一に「事故扱い」を持ちかげるのです。

二科会長や会社にとって、「事件」では、何か困るのでしょうか。六反田健次は、会長の二科興三から、どんな指示を受けていたのでしょう。

 

嘘の戦争で飯田基祐のキャスト六反田健次の犯人説を深堀りすると

嘘の戦争マギーのバー800にいる鳥はオウム?インコだって! >

嘘の戦争で、ニシナコーポレーションの顧問弁護士となる六反田健次犯人説が急浮上する理由は、30年前の事件にあります。

実は、この六反田健次という男、30年前、一ノ瀬浩一の家族に起こった事件当時、まだ学生だったのです。

六反田健次は、アルバイトの新聞配達をしながら学校に通っていたのですが、事件後に「無理心中」を決定づける証言をしていたのです。

浩一は事件のすべてを目撃したのですから、六反田が偽証したことを知っています。一介の新聞配達だった学生の六反田健次は何故偽証する必要があったのか。

その辺からきな臭い匂いがしてくるのです。

二科興三役 市村正親
ドラマ公式サイト

 

六反田健次が間接的に、二科興三の指示を受けていたことは十分考えられることであり、深堀りすると、五十嵐久司の他にいた覆面マスクのもう一人であった可能性さえ出てきました。

苦学生だった六反田健次が、二科興三に金銭で雇われて犯人となった可能性も否定できません。

五十嵐教授の供述では、「二科の部下」とされていますが、仮りにあの覆面の男が六反田だとすると、直接手を下した犯人は、二科の顧問弁護士、六反田健次ということになるのです。

 

嘘の戦争で六反田健次のキャストを演じる飯田基祐とは?

嘘の戦争キャスト山本美月が二科楓役で白衣が似合う美人女医に >

嘘の戦争で、仁科家とニシナコーポレーションの顧問弁護士のキャストに抜擢された飯田基祐は、現在太田プロダクションに所属する俳優で、ベテランの50歳です。

年齢からして、最近はドラマの父親役や刑事、今回の弁護士・六反田健次の役など、バイプレーヤーとして活躍しています。

90年から98年まで、「劇団方南ぐみ」という劇団に入っていたくらいですから、飯田基祐の演技と芝居には定評があり、数多くのドラマに起用されています。

余りの多さにここでは割愛しますが、各テレビ局のドラマに引っ張りだこです。ざっと、直近の出演作品を並べてみました。

日本テレビ
2013年 金曜ロードSHOW チープ・フライト  人事部長 役
2014年 花咲舞が黙ってない 第2話  新田隼夫 役
2016年 ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 第9話、最終話  藤村裕喜 役
2016年 お迎えデス。  山下寛(阿熊幸の実父)

TBS
2015年 美しき罠〜残花繚乱〜  吉岡 役
2016年 神の舌を持つ男  水沼健一 役
2016年 仰げば尊し  有馬浩一 役

フジテレビ
2015年 銭の戦争 第1話・第10話  黒田 役
2016年 キャリア〜掟破りの警察署長〜 第2話  大鳥敦彦 役
2016年 メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 第6話  北村英一郎 役

テレビ朝日
2015年 仮面ライダードライブ  仁良光秀 役
2016年 科捜研の女 第15シリーズ  山崎大悟 役
2016年 女たちの特捜最前線  松林智之 役

 

管理人的には、「お迎えデス。」で演じた阿熊幸の父、医者のキャストが印象に残っていますね。優しい父親で娘を心配する姿が思い起こされます。

飯田基祐映画のクレジットもすさまじいものがあります。代表的なものはといえば。

2005年 ALWAYS 三丁目の夕日  中島巡査役
2006年 THE 有頂天ホテル(2006年1月)  バーラウンジのマネージャー 役
2007年 ALWAYS 続・三丁目の夕日  中島巡査役
2010年 SPACE BATTLESHIP ヤマト  地球防衛軍クルー 役
2012年 ALWAYS 三丁目の夕日’64  中島巡査役
2013年 ストロベリーナイト  柳井篤司役
2013年 カノジョは嘘を愛しすぎてる  秋の父 役
2014年 白ゆき姫殺人事件  テレビ局員 役
2016年 海賊と呼ばれた男

素晴らしい経歴を持つ役者さんだとお分かりいただけるでしょうね。飯田基祐が演じる顧問弁護士、六反田健次は中盤のキーパーソンになるように思います。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。