お迎えデス。最終回視聴率はどうなったでしょう?9話と一緒に2話連続放送となったお迎えデス。の最終回は、福士蒼汰のタキシードに土屋太鳳のウェディングドレスシーンなどもあり盛り上がりましたが、ラグビー中継、9話の良い流れがあれば、最高な視聴率でフィニッシュを迎えることができたでしょうね。

お迎えデス 
ドラマ公式サイト

 

お迎えデス。最終回の視聴率はラグビー中継と9話次第で決まる

< ひき逃げ騒動の森カンナがお迎えデス。6話で上原真理役で登場! >

お迎えデス。最終回となった10話の視聴率は、今クール、自己最高を記録して終わることができたでしょうか。土曜日の午後9時放送のゴールデンタイム放送にしては、イマイチだった視聴率ですが、直前にあったラグビー中継が「吉」と出るか「凶」と出るか、結果が楽しみの最終回視聴率です。
これまでの視聴率は次の通りです。

第1話  4月 23日  10.3%
第2話  4月 30日   9.3%
第3話  5月  7日   6.9%
第4話  5月 14日   7.9%
第5話  5月 21日   6.7%
第6話  5月 28日   6.9%
第7話  6月  4日   8.2%
第8話  6月 11日   7.9%
第9話  6月 18日     7.2%
最終回    6月 18日   XXX

 

お迎えデス。最終回の視聴率

お迎えデス。最終回視聴率は発表され、2話通話で視聴率が発表されたようです。ですから、表示は9話が最終回となっているようで、7.2%でした。前番組が対スコットランドのラグビーマッチで、こちらの視聴率が6.6%でした。尚、ラグビー中継の終了時点の視聴率が、3.8%ということで、ラグビー中継が低調だった割には、7.2%と健闘したといえるでしょう。

 

お迎えデス。最終回の感想1 大急ぎの終幕に「お疲れデス。」

< 大友花恋がお迎えデス。7話堤さやか役で大活躍!実の母は誰? >

お迎えデス。最終回感想ですが、9話でも述べたように、展開が複雑な割りに、福士蒼汰が演じる堤円が「あの世」に出張するシーンが登場したり、亡くなった眞鍋律子の死因追及と真犯人の逮捕、そして阿熊幸の体を借りた律子のウェディングシーンと、忙しいフィニッシュとなりました。

特に最終回は、ドタバタ感のあるフィニッシュで、「福士蒼汰&土屋太鳳、お疲れデス。」という感想です。

福士蒼汰 観月ありさ
ドラマ公式サイト

 

やはり、この物語は実写版にするよりは、漫画の世界に留めておいた方が良かったと思作品でした。その理由の一つは、漫画で読む限りは、読者自身の想像性で楽しめるからです。

実写版にするとなると、万人が同じドラマを見ることになるのですから、容易なことではありません。9話と10話を連続放送することで、視聴率はこの番組前の放送、ラグビー日本代表、対スコットランド戦の視聴率にも左右されたはずです。

それが「吉」と出たのか「凶」と出たのか、結果を待つしかありません。

 

お迎えデス。最終回の感想2 華のあるキャストと華のないキャスト

< お迎えデス。第4話のあらすじ 怨霊化する今野浩喜(キンコメ) >

お迎えデス。最終回を見ていて、感想を持ったことの一つは、芸能誌などでも論じられている通り、「先ず、俳優ありき」のキャステイングを匂わせる配役が多過ぎることです。

今回は、福士蒼汰、土屋太鳳、門脇麦、鈴木亮平など、朝ドラでブレイクした俳優たちが勢ぞろい。まるで、正月の「かくし芸大会」(表現が古くてごめんなさい)のようです。

「こういうドラマのこういうキャスト」なので、配役は誰にしよう、というような決め方に思えない、という芸能誌の指摘は何もこのお迎えデス。に始まったことではありません。

端的な例でいえば、今クール放送され打ち切りとなったOUR HOUSEが良い例でしょう。芦田愛美とシャーロット・ケイト・フォックスのW主演、野島伸司脚本、子役多数出演と、すべてが「視聴率狙い」となっていて、はっきり言えば、「視聴率のためのこじつけ」としか思えない作品になっていました。

確かに、これだけのスタッフを用意したので、前評判は良く、期待値は高かったのです。しかし、すぐに化けの皮ははがれてしまいました。

福士蒼汰 門脇麦
ドラマ公式サイト

 

お迎えデス。を振り返ってみると、原作・脚本が低年齢向きの作品で、漫画には向いていても実写版向きのストーリーではなかったように思います。

登場するキャラクターの堤円と緒川千里の二人を演じた福士蒼汰と門脇麦の無表情に近い演技は「華」がありませんでしたね。その一方で、阿熊幸のツンデレ役を演じた土屋太鳳と飄々としたイケメンキャラ、ナベシマを演じた鈴木亮平には「華」がありました。

ゆずこを演じた濱田ここねも可愛い役で、演技もまずまず問題なくこなしていて、バランス的には良かったのかも知れませんが、やはりドラマを盛り上げるのは中心となるキャストなので、その意味からすると脚本、演出にもう一捻りがあっても良かったというのが感想です。

やっと終わったという感じの「お迎えデス。」最終回、「お疲れデス。」が素直な感想です。(笑)

 

お迎えデス。これまでの視聴率と感想

お迎えデス。8話視聴率と感想 千里の成仏計画と縁日接吻

お迎えデス。7話視聴率と感想 義母をとったさやかと幸の不幸

お迎えデス。6話視聴率と感想 福士蒼汰と森永悠希が好演技!

お迎えデス。第5話視聴率と感想 年齢と共に深まる人間の愛情

お迎えデス。4話視聴率と感想 幽霊欲の塊となったストーカー保

お迎えデス。第3話視聴率と感想 ツンデレ姫とユーレイ死神の恋

お迎えデス。第2話視聴率と感想 ツンデレ姫とオタクの相性は?

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。