嘘の戦争2話ネタバレは、一ノ瀬浩一(草なぎ剛)の前に現れる弁護士六反田健次(飯田基祐)が中心となります。二科興三会長(市村正親)を庇って五十嵐久司(甲本雅裕)の刃に倒れた浩一の前に姿を現す六反田健次は、ニシナコーポレーションの顧問弁護士で、今回のいきさつを事件扱いとはせずに事故扱いにしたいと持ち掛けられるのです。嘘の戦争2話ネタバレを深堀りしていきます。

嘘の戦争
ドラマ公式サイト

 

嘘の戦争ネタバレ2話  五十嵐久司が仁科会長を急襲

嘘の戦争マギーのバー800にいる鳥はオウム?インコだって! >

嘘の戦争ネタバレ2話は、一ノ瀬浩一の仕掛けた罠にはまりノイローゼになった、慶明医大病院の五十嵐久司(甲本雅裕)が身の破滅を逃れようと、二科興三会長を襲うところから始まります。

二科興三は、誕生祝のためにパーティー会場におりましたが、会長に救いを求めようと現れた五十嵐は突如テーブルのナイフを手に会長に襲いかかるのです。

会長の前には晃と隆の二人の息子もおりましたが、一ノ瀬浩一は、その二人の前に果敢に出ていき、五十嵐久司の刃を自分の体で受け止めるのです。

傷を負い、プールに落ちた浩一は病院に運ばれます。幸い、興三の娘、二科楓は、救命救急医なので浩一手当ては楓がするのでしょう。

嘘の戦争2話ネタバレは、その浩一の前に現れる一人の男がハイライトとなります。

ニシナグループ会長の興三(市村正親)をかばって五十嵐(甲本雅裕)に刺された浩一(草彅剛)は、二科家の顧問弁護士を務める六反田健次(飯田基祐)から、今回の一件は事故として済ませたいと言われる。“六反田”という名前を目にした浩一は、男が30年前に新聞配達をしていた苦学生で、事件当時、浩一の父親が一家心中を図ったことを決定づける、うその証言をした人物だと気付く。

引用元:番組公式ページ
http://www.ktv.jp/uso/story/02.html

嘘の戦争
ドラマ公式サイト

 

浩一の父が巻き込まれた事件の陰謀は、奥が深いようです。五十嵐久司を負いつめて、聞き出したことは、父と母、そして弟を殺ったのは、五十嵐ではなく、もう一人の黒の目出し帽の男で、二科の部下であろうということでした。この男が六反田健次であった可能性があります。

復讐のためには、犯人全員を掴む必要があるので、一ノ瀬浩一は、犯人特定の作業を続けていきます。

記憶に残っていた「六反田健次」という名前から、次の仕掛けの的は決まりました。

 

嘘の戦争ネタバレ2話 二科楓と一ノ瀬浩一の距離感

嘘の戦争キャスト山本美月が二科楓役で白衣が似合う美人女医に >

嘘の戦争ネタバレ2話の二つ目のハイライトは、一ノ瀬浩一と二科楓の関係です。

事件当時、事件を事故に見せかける犯人グループでしたが、それを決定的にしたのが、この顧問弁護士の六反田健次だったのです。

千葉陽一少年の脳裏には、昔の思い出が次々とよみがえり、この六反田の証言が事件を事故と決定づけたことが記憶として呼び戻されます。

黒幕の張本人と目される二科興三に近づくために利用した興三の娘、長女で女医の楓は、一ノ瀬浩一と会う度に、浩一が気になる存在となっていきます。

そして、ケガの手当てをする中、浩一の胸にある傷跡が注意を惹きました。医者ですから、その傷がどの程度のもので、どんなリスクを背負ったのか少しは想像がつきますよね。

 

一方、浩一を治療した楓(山本美月)は、胸元の大きな傷跡が気になっていた。浩一はタイでの仕事中に負ったものだと説明するが、医師である楓は、もっと古い傷だと気付いていたのだ。なぜ浩一がうそをついたのか、楓は少しずつ浩一のことが気になり始めて…。

引用元:番組公式ページ
http://www.ktv.jp/uso/story/02.html

嘘の戦争
ドラマ公式サイト

どんなに傲慢でわがままな父親であっても、最後はたった一人の親です。二科楓はすでに、早くして母親を失っていました。

そんな父親を庇って刃に倒れた一ノ瀬浩一に好意を抱かない女性はおりません。胸元に残る傷跡の説明も嘘だと気づく医者の楓ですが、楓も女、ミステリアスな男性で、父の命の恩人、一ノ瀬浩一に惹かれるのは当然のことでした。

嘘の戦争2話ネタバレの二つ目のハイライトは、一ノ瀬浩一と女医の二科楓の距離感が少しずつ近くなり始めるところでしょう。

 

嘘の戦争ネタバレ2話 六反田健次の動揺

嘘の戦争キャスト藤木直人が二科隆役で切れ者二代目社長に! >

五十嵐久司 > 二科興三 > 六反田健次、と徐々につながりが見え始まった一ノ瀬浩一は、二科興三の弱みをつかむため、ニシナコーポレーションの顧問弁護士を務める六反田健次を次のターゲットに絞り、新たな一手を繰り出します。

五十嵐久司の懐事情を利用して、街金を装い、30年前の偽証を暴くと脅すのです。その六反田健次も二科興三に泣きつくようですから、黒幕の大元は二科興三だったのかも知れませんね。

その頃浩一は、五十嵐に金を貸していた金融屋になりすまし、六反田に揺さぶりをかけていた。「金を返さなければ、“30年前のうその証言”を公にする」――焦った六反田は興三に助けを求めるが、それを見計らったように、今度は隆(藤木直人)のフリをして次なるワナを浩一は仕掛け…。

引用元:番組公式ページ
http://www.ktv.jp/uso/story/02.html

 

嘘の戦争
ドラマ公式サイト

 

 

一ノ瀬浩一の復讐劇、「嘘の戦争」は、まだ始まったばかりです。第2ラウンドとなる2話ネタバレは、二科興三に仕える顧問弁護士、六反田健次が中心に周りそうです。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。