IQ246 9話では、マリアTが獄中で薬物自殺を図るというあらすじです。しかし、そもそもマリアTの逮捕劇が狂言の様子が伺え、9話の自殺というのも狂言である可能性があります。

IQ246
ドラマ公式サイト

 

IQ246あらすじ9話 マリアTの狂言自殺と本当の狙い

稲垣吾郎が牛田寛人役で刑事に!IQ246ゲストキャストに! >

マリアTの逮捕劇や狂言自殺、その辺はIQ246の法門寺沙羅駆はすでに計算済みでしょう。マリアTの本当の狙いとは何なのか、法門寺沙羅駆が答えを出す前にあらすじから検討してみましょう。

奏子(土屋太鳳)の活躍により、殺人事件の容疑が晴れた沙羅駆(織田裕二)は無事に北鎌倉の屋敷に戻るが、戻った矢先、沙羅駆たちのもとに刑務所に拘留されているマリア・T(中谷美紀)が服毒自殺を謀り、搬送先の病院で息を引き取ったとの連絡が入る。

すると時を同じくして御前会議のメンバーの黒木(上杉祥三)が法門寺家に来訪。対面した沙羅駆は黒木から政財界のある要人が手術で極秘入院することになった為、秘密裡に警護の指揮を執って欲しいと要請される。賢丈(寺島進)は黒木の要請を引き受けるよう沙羅駆を促がすが、沙羅駆はマリア・Tの件を解くことが優先だと、黒木の申し出を即座に拒否する。

和藤奏子役 土屋太鳳
ドラマ公式サイト

 

その後、沙羅駆は奏子と賢正(ディーン・フジオカ)を伴い、法医解剖室へマリア・Tの遺体を確認に訪れる。遺体と対面した沙羅駆はマリア・Tの遺体を一目見た途端、あることに気付く。そして、マリア・Tが自分たちを監視していると察した沙羅駆が解剖室の監視カメラに呼びかけると案の定、解剖室のパソコンにマリア・Tが姿を現し、「あなたの大切なものが、私の手の中にある」との意味深な言葉を残して消えてしまう。

マリア・Tの挑発に憤る賢正。と、そんな賢正に賢丈が車にはねられ病院へ搬送されたとの連絡が入り、沙羅駆ら3人は病院へと急行する。沙羅駆たちが見守る中、賢丈の手術が始まるのだが、その矢先、病院内の電気が停電。沙羅駆は病院の電源が何者かによってハッキングされ、オペ中の賢丈の命はもちろん、病院の患者全員の命がマリア・Tに掌握されてしまったと悟る。

と、そんな沙羅駆に、警視総監の棚田(篠井英介)から沙羅駆が警護の指揮を依頼されていた要人つまり御前様(井上真樹夫)が入院する病院の電源がハッキングされてしまった為、沙羅駆に病院へ来て欲しいとの連絡が入る。
奇しくも御前様が入院した病院とは賢丈と同じ病院であった……。
引用元:番組公式ページ
http://www.tbs.co.jp/IQ246/story/

 

IQ246 9話 あらすじから読み解くIQ300のマリアTの狙い

IQ246ゲストキャスト河相我聞がキッチンカーの男で犯人役に! >

IQ246~華麗なる事件簿9話で、IQ300のマリアTの狙いは、警視庁警視総監が直々に警護の依頼をする御前様(井上真樹夫)なる人物なのではないでしょうか。

IQ300のマリアTの目的が一体何なのか、想像する以外に手は無さそうです。一つ考えられるのは、法門寺沙羅駆に対してのマリアTの姿勢は、IQ246沙羅駆に勝負を挑むというか、揶揄うような知恵比べが好きなことです。

そして、真の狙いはどこにあるか、まだ見当がつきませんが、法門寺沙羅駆の名声と世評を貶めることがあるように思えてなりません。

つまり、IQ246の頭脳を持つ国家機密の法門寺沙羅駆を「無能扱い」にすることで、評判を落とすことが、隠れた狙いの一つなのだと思います。

織田裕二 土屋太鳳
ドラマ公式サイト

 

そして、そればかりか、「御前様」なる人物がどのような人間なのか、おそらく国を動かせるだけの大物なのでしょうが、国家の威信を揺るがすような事件を起こし、国を乗っ取るような壮大な計画なのかも知れません。

ここまで、たいしたトリックもなく、コメディのノリで進んできたIQ246のプロット(筋書き)ですから、このくらい大きくて壮大なストーリー展開もアリ、なのではないでしょうか。

いずれにしても、1クール10話で考えると残されるのは1話のみですから、9話IQ246は事件解決には及ばず、決着が最終回に持ち込まれる可能性もあるといえるでしょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。