ダメな私に恋してください第7話の視聴率はアップ当然、感想もすっごーく良かったです。第6話で超えた10%の大台キープはほぼ間違いないでしょう。前回は最上大地の「呼び出しプロポーズ」で、舞い上がってしまった柴田ミチコ(深田恭子)は、自分の本心に気付いて婚約破棄とする第7話の感想は「予想通り」というか「願い通り」でした。(笑)

ダメな私に恋してください
ドラマ公式サイト

 

ダメな私に恋してください第7話の視聴率

前述した通り、ダメな私に恋してください第6話で、最上大地から、いきなり呼び出しが入り、婚約指輪を差し出されプロポーズされた柴田ミチコが話題となり、視聴率も10%の大台を叩き出しました。

そして、今回の第7話ですが、視聴率はまだ発表になっておりませんが、深田恭子のウェディングドレスのシーンなどもあり、話題性も抜群、しかも、深田演じる柴田ミチコが「婚約破棄」するのですから、間違いなく10%の大台はキープして、さらに前回を上回る視聴率も期待できます。

柴田ミチコ役 深田恭子
ドラマ公式サイト

 

ダメな私に恋してください第7視聴率
ダメ恋第7話視聴率9.6%で、残念ながら前回の10.1%から0.5下がり10%を割ってしまいました。

同僚の若手社員、最上大地から両親の病気を知らされ、一時は最上大地を「結婚詐欺」と疑った柴田ミチコですが、初めての体験に自分が舞い上がっているのを自覚できていませんでした。

今回の第7話では、あまりにも結婚を急ぐ最上大地の態度から、逆に自分の本当の気持ちを知ることになる柴田ミチコの内面が、とても胸キュンでしたね。

この二人の他にも、マスター黒沢(ディーン・フジオカ)や生嶋晶(野波麻帆)、そして春子と、登場人物のそれぞれの立場と心境の投影は視聴者の高い関心を買ったのではないでしょうか。

 

ダメな私に恋してください第7話の感想 - でかしたミチコの婚約破棄

ダメな私に恋してください第7話感想ですが、率直に言って「でかしたミチコの婚約破棄」ですね。何故かというと、柴田ミチコの気持ちはずっと最初から、初めて体験する恋愛や、彼氏の出現や重なるデート、お宅訪問など、恋愛の初期に誰もが体験する「ワクワク感」に酔ってはいても、最上大地に対するケミストリーも燃える感情も無かったからです。

そこにもってきて、いきなり「呼び出しプロポーズ」ですから、不自然さも手伝い、「早いぞ、ミチコ、早すぎるぞ」と心配していた管理人です。(笑)

最上大地役 三浦翔平
ドラマ公式サイト

すでに、大道寺保よりはるかに年上の管理人ですから(プライベートジョーク)、柴田ミチコの最上大地との関係にワクワクドキドキはしませんが(笑)、むしろ、最上大地の「試合運び」を危惧していたくらいです。

そして、偶然閉じ込められた倉庫で、ミチコが黒沢歩に対する「キモチ」に気付いたシーンの感想の方が、実感しましたね。ここで、本当に柴田ミチコの心情がよく表れていました。

ダメな私に恋してください第7話感想ですが、この柴田ミチコと最上大地のお互いに対するリスペクトが、互いに激怒したりすることなく、しっかりした会話で婚約破棄が演じられた素晴らしい脚本だったということです。

人間関係は兎角、うまくいかなくなると、感情的になり、激高してしまうものですが、ミチコも大地も素直に自分のありのままの姿を見つめ、お互いをリスペクトしたやり取りには好感がもてました。

黒沢歩役 ディーン・フジオカ
ドラマ公式サイト

そして、自分の黒坂歩に対する気持ちを悟ったミチコが、大地との婚約破棄を辛いながらにも告知して、自分の気持ちを素直に受け入れて、黒沢歩にアプローチしていく生き方は、紛れもない「自分の人生」を歩む決意と受け止めることができました。

素敵な原作と脚本で、いよいよ終盤に入る「ダメな私に恋してください」が、最終回に向け、ますます盛り上がることでしょう。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。