ダメな私に恋してください」、通称「ダメ恋」の第7話のあらすじは、最上大地が付き合い始めたばかりの柴田ミチコにプロポーズをします。第7話の見どころは、「ダメ女」ミチコが交際相手の最上大地のプロポーズを受け入れ、結婚式の準備に取り掛かる二人に大注目です。それまでの「育ての親」黒沢マスターや、黒沢の元カノの生嶋姉御の反応ぶりにも注目が集まります。

ダメな私に恋してください
ドラマ公式サイト

 

ダメ恋第7話のあらすじと最上大地のプロポーズ

ダメ恋第7話のあらすじ最上大地のプロポーズを追ってみることにしましょう。

最上(三浦翔平)に突然プロポーズされたミチコ(深田恭子)は婚約に浮かれつつも状況についていけずにいた。当の最上は急かすように結婚の準備に取り掛かり、ミチコに必要なことを説明する。二人は式場の下見やドレスの試着などハイペースで準備を進める。
浮かれるミチコは、婚約したことを黒沢(DEAN FUJIOKA)に報告する。疑う黒沢に指輪のことを話すと、黒沢は素直に祝うがどこかそっけない。その後、ミチコは度々ひまわりに訪れ黒沢を気に掛ける。

数日後、ミチコは会社の倉庫整理を頼まれた。それを聞いた最上も手伝いにやってきた。二人がしばし休憩をしていると、すでに作業が終わったと勘違いした管理人が倉庫に鍵をかけてしまう。暖房もなく携帯電話の電波も届かない倉庫に閉じ込められてしまうミチコと最上。こんなピンチにミチコが思い出すのは…。
引用元:番組公式ページより
http://www.tbs.co.jp/damekoi/story/

 

「ダメな私に恋してください」第7話の見どころ-最上大地のプロポーズと婚約指輪

詐欺師の汚名が晴れた最上大地のプロポーズ

前回、第6話で、最上大地がテレビの収録撮影に臨んでいる時に鳴った携帯電話。電話の掛け主は最上順子とある。収録中の最上大地に代わり、電話に出る柴田ミチコは最上の母が入院中であることを、本人の口から直接聞くことになりました。

最上順子
ドラマ公式サイト

それまで、脳裡に住み着いていた「疑心」が、拭い去られ、最上大地の「結婚詐欺」の汚名が晴れた瞬間でした。それから、直ぐに柴田ミチコは最上大地のプロボーズを受け入れるのです。

最上大地のプロポーズを急ぐ理由

柴田ミチコが最上大地のプロポーズに「イエス」の返答をして、婚約指輪を受け取ってからが、異様に慌ただしくなる二人ですが、特に最上大地の急ぐ結婚準備が異様の速さです。何か、心配事でもあるのでしょうか?

柴田ミチコ 最上大地
ドラマ公式サイト

最上大地が結婚を急ぐ理由とは、おそらく両親の健康状態にあると思いますね。父か母、どちらかの余命が限られているのかも知れません。

最上大地のプロポーズにマスター黒沢の反応は?

最上大地のプロポーズを聞いた元上司で「育ての親」黒沢歩の反応は、柴田ミチコに対したもので、特に相手の最上大地を知った上でのことではありません。

つまり、大地に対する心配というより柴田ミチコの「ダメ女」さと、ミチコの過去や性格(貢ぎ体質)を知った上で、ミチコを心配するのが黒沢歩なのです。

黒沢歩役 Dean Fujioka
ドラマ公式サイト

柴田ミチコに対して黒沢歩が好意を抱いているとかではありませんから、マスターは至ってクールで冷静です。

最上大地のプロポーズに面倒見の良い姉御生嶋晶の反応は?

黒沢歩の元カノである、生嶋晶姐さんは、自分が三十路半ばということもあり、柴田ミチコの結婚話に対しては、焼もちを焼くようですよ。

でも、生嶋姉さんは、柴田ミチコに対しての嫉妬ではなく、最上大地のプロポーズにより、柴田ミチコに先を越されるという焦りと嫉妬という感情でしょう。

柴田ミチコ 生嶋晶
ドラマ公式サイト

婚約指輪をはめてみたいという動機から、ミチコの受けた婚約指輪を自分の指にはめてみたいという生嶋晶のストロングな行動が見どころとなるでしょう。

 

ダメな私に恋してください第7話以降の予測される展開は?

どうやら、最上大地のプロポーズにより、柴田ミチコと最上大地はこのまま「くっ付き」そうな感じですが、一方で、黒沢歩の周囲が生嶋晶と春子との三角関係が脚光を浴びてきそうな雰囲気です。

春子は元々、歩の兄と結婚しており、兄が亡くなった後も「義理の兄弟」の付き合いをしているようですが、歩は好意的に思っています。生嶋晶がどのように、歩と春子の関係を思うのかによって、ドラマの展開は大きく変わってくるのではないでしょうか。こちらの関係も面白くなってきましたね。

深田恭子Dean Fujiokaの魅力が余すことなく表現される「ダメな私に恋してください」、10%を超えた視聴率も後半に突入して、ますます上昇気流に乗ってきました。

ダメな私に恋してください第7話は火曜日、午後10時から、TBS系で放送です。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。