かわいくない?って評判は冗談でしょう。蓮佛美沙子が「おとうさんと呼ばせて」で秋野暢子に「拾ってきた柴犬」と呼ばれたのが話題となり、番組ツイッターに、その蓮佛美沙子柴犬の見比べフォトが登場しました。(笑)

おとうさんと呼ばせて
ドラマ公式サイト

 

 かわいくない訳はないでしょう、超素敵な蓮佛美沙子がかわいい

蓮佛美沙子 かわいくない」なんて検索が多く、見受けられますが、ご冗談でしょう。ツイッターで、「えっ、この超素敵な子は誰?」って写真が掲載されました。

まずは、そのツイッターを見ていただきましょう。

 

 

かわいくないビューティー蓮佛美沙子の目が柴犬似?

本当に、真正面から捉えた蓮佛美沙子の顔写真には、驚くほどオーラが出ていました。秋野暢子扮する大道寺保(遠藤憲一)の姉、留美子が「拾ってきた柴犬みたい」と言ったので笑いましたが、番組中の太郎役の犬のクリちゃんも中々かわいいですからね。

かわいくない蓮佛美沙子」というのは、やはり言葉の綾で、あまりの美しさに、そう表現するファンもいるということなのでしょう。

管理人が以前指摘したことがありますが、蓮佛っちゃん、目と目の間隔が少しだけ、広いんですよね。

蓮佛美沙子 花澤美蘭役
ドラマ公式サイト

そして、目が少しだけ小さいのが、「かわいくない」につながっているのかも知れません。

蓮佛美沙子と写っている柴犬の写真を並べてみると、確かにミーちゃんの目も言われる通り、やや小さめに見えますね。(笑)でも、まさか蓮佛っちゃんが柴犬に似ていることはありません。「絶対ない!」(渡部篤郎風に言うと)

 

美しい顔の蓮佛美沙子の魅力

外国人の友達が多い管理人なのですが、彼等の好みを考える時、日本人の好みと若干違うところがあって、少しだけバランスが崩れているところに魅力を感じる外人が多いように思えます。

そのような見地から蓮佛美沙子を見ると、若干目の間隔が広く、小さめの目が、顔の輪郭にきちんと収まっていて、少しきつい顔をしている蓮佛ちゃんが魅力的に映るんです。

そして、意外と言われませんが、蓮佛美沙子の顔の中で、鼻と口が綺麗なのです。とても、「ウツクシイデース」。

女優さん向きというか、蓮佛っちゃんの顔の表情は喜怒哀楽を表現するのに、まさにうってつけなのではないでしょうか。

 

花澤美蘭は蓮佛美沙子の「はまり役」

「おとうさんと呼ばせて」で花澤美蘭を演じる蓮佛美沙子ですが、役作りするまでもなく、すでに劇中の花澤美蘭になりきっています。美蘭の「怒った顔」「嬉しい顔」「困った顔」など、蓮佛美沙子にぴったりフィットしています。まさに、花澤美蘭は蓮佛美沙子の「はまり役」といえると思います。

花澤美蘭役 蓮佛美沙子
ドラマ公式サイト

そして、好感が持てるのは、劇中の美蘭が決して「悲しい顔」を見せないことです。管理人が感心するのは、非常によくできたコメディで、最高な脚本の裏にあるキャラクター設定で、「悲しい」「辛い」「拒絶感」がまったく無いということです。

いよいよ「おとうさんと呼ばせて」も終盤の第7話となり、大道寺保が「来ちゃった」と花澤家の世話になり同居することとなります。今晩も一週間分、大いに爆笑させてもらいましょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。