砂の塔~知りすぎた隣人の6話あらすじは、ヒロイン高野亜紀(菅野美穂)の亭主・高野健一(田中直樹)と上階に住む佐々木弓子(松嶋菜々子)の接点が浮き彫りとなり、いよいよ魔性の女、佐々木弓子の正体がバレるようです。弓子が何故執拗に高野ファミリーをターゲットにするのか、その辺の事情も含め、あらすじから佐々木弓子の動機に迫ってみましょう。

砂の塔
ドラマ公式サイト

 

砂の塔~知りすぎた隣人6話のあらすじ 佐々木弓子の正体暴露

砂の塔キャスト一覧 タワーマンションサスペンス主演に菅野美穂 >

佐々木弓子に疑惑の目を向けた高野亜紀の幼馴染みの生方航平は、弓子を追跡中に気付かれストーカーとして警察に取り押さえられてしまいました。

連行された署で「佐々木弓子」の名前を口にした生方航平の言葉を耳にした荒又刑事は、愕然とします。佐々木弓子は荒又が捜査した殺人事件の容疑者だったのです。

砂の塔6話あらすじから、佐々木弓子の背景を考えてみたいと思います。

和樹がハーメルン事件の犯人と疑われ、警察に事情聴取されて以来、亜紀と和樹の間には、溝ができたまま。家族と会話もせず、学校も休むという和樹を心配し、亜紀は健一に担任教師との面談に一緒に来て欲しいと頼む。しかし、健一は前夜に会った弓子のことが頭から離れず、心ここにあらず。しかも、健一のシャツには口紅のような赤いシミが…亜紀はまさかと思いながらも、浮気を疑う。 しかしその相手が弓子だとは、まったく思いもしていない。

そんな中、亜紀は弓子に夕食に誘われる。食事に誘われた相手が弓子とは知らず、健一は動揺を隠せない。実は健一と弓子の間には、過去に関係があったのだ。
さらにそこへ、新たな客が訪れる―。それは弓子が招いた生方だった!亜紀が生方を自宅に呼んでいたなどと、あおるように話す弓子。健一は、まんまと亜紀と生方の仲を疑い、気まずい雰囲気に…。

その後、亜紀は生方から、今までの不可解な出来事はすべて弓子が仕組んだ罠の可能性があると聞かされる。にわかには信じられない亜紀だが、弓子と健一のただならぬ様子を見てしまい…
弓子が自分に近づいたのは、健一を奪うため!?苛立ちを抑えきれなくなった亜紀は、弓子からプレゼントされたプリザーブドフラワーを投げ捨てる。すると、そこから盗聴用の小型マイクが……!

一方、ハーメルン事件の捜査を進める刑事・荒又は、捜査線上に浮かんできた弓子のもとを訪ねる。「なぜあのタワーマンションに現れた?一体、何が目的?」笑顔を湛える弓子。弓子の目的は、高野家の崩壊ではないのか?やはりハーメルン事件の犯人は、弓子…!?

次々と明らかになる隣人の完璧な策略!高野家を崩壊させようとする隣人の真の目的とは…バラバラになりかけた家族の絆を、亜紀は母として守ることができるのか!?

 

引用元:番組公式パージ
http://www.tbs.co.jp/sunanotou/story/

高野健一 亜紀
ドラマ公式サイト

 

憧れのタワーマンションに越してきた高野健一と亜紀夫妻、長男の和樹と長女そらの四人家族ですが、ちょうど真上の上階に佐々木弓子は住んでいました。

砂の塔6話で明らかになるのは、高野健一と佐々木弓子に接点があったことです。どこでどう知り合ったのかはあらすじだけでは分かりませんが、高野健一が亜紀と結婚する前だったようですね。

二人の関係がどこまで深い関係だったのか定かではありませんが、怨恨が残るくらい深い仲だった可能性が出てきました。

そこまで深い怨恨を覚えるほどの仲として推測できることは、健一と弓子が「男と女の仲」であったということになるでしょうね。

 

砂の塔~知りすぎた隣人6話のみどころ 高野健一と佐々木弓子の関係

砂の塔キャスト 佐野勇斗が高野和樹役で高校1年の長男に >

砂の塔のこれまでは、タワーマンションに越してきた高野ファミリー、特にヒロインの高野亜紀を中心に、タワマンのママ友のいじめや、亜紀と幼馴染みの生方航平の関係、娘のそらや和樹に近づく佐々木弓子の行動などが演じられてきました。

4話からトーンが変わり、5話ではお兄ちゃんの高野和樹の撮影の趣味がバレて、和樹は誘拐犯の疑いをかけられてしまいました。その流れの中で、刑事の荒又は「佐々木弓子」という名前を耳にして、聞き覚えがある名前から以前に事件を起こした容疑人だと分かります。

砂の塔6話あらすじから、高野健一が佐々木弓子と接点があった事実が判明します。第6話の最大のみどころでしょうね。

田中直樹 松嶋菜々子
ドラマ公式サイト

 

そして、高野夫妻を食事に招待する弓子は高野夫妻には内緒で生方航平も招待していたのです。昔、関係があったとされる高野健一と弓子の仲、そして疑惑の目を注がれる亜紀と生方航平の四人(そらちゃんも一緒ですが)の食事のシーンはど緊張する場面となるでしょう。

連続誘拐事件がどのような展開になるにしても、メインの佐々木弓子の背景が暴かれなければドラマは成り立ちません。

管理人の想像では、初回1話の冒頭に出てくる流血のバスルームの件は、佐々木弓子の子供であり、高野健一が絡んでいるのではないかと推測しています。

そろそろ、冒頭の事件との絡みが佐々木弓子の正体と共に、暴かれるのではないでしょうか。ますます、興味深くなる砂の塔6話が楽しみです。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。