ダメな私に恋してくださいも最終回を迎え、柴田ミチコと主に~ん黒沢歩のラブラブで終了しました。まだ余韻に包まれたままの管理人ですが、気になったのはロケ地となったあのレストラン。ブラジル国旗がちらっと見えましたが、ミチコの好きな肉料理、果たしてブラジル料理とは?

ダメな私に恋してください
ドラマ公式サイト

 

ダメな私に恋してください最終回に登場するレストランのロケ地はどこ?

何か困ることができる度に柴田ミチコ(深田恭子)が相談するのは、「姉御」の生嶋晶(野波麻帆)。酒好きな晶と肉好きなミチコが、最終回で行ったお店はどこだったのでしょう。

間借りしていた喫茶ひまわりの二階を出たミチコは、ネットカフェからの出勤。そんなミチコに降って沸いた主任への昇格話。そんなミチコは姉御の生嶋晶と食事を共にしていました。

私この際、仕事に生きてみようかと思ってるんです」。

プロポーズした黒沢歩に断られ、失恋の内にも、未来を仕事に賭けようと熱意をもって語るミチコに、「そっち行っちゃう?」、「一生結婚できないよ」と諭す晶の「肉食系美女」が堪能していた店となったロケ地は、ずばり、道玄坂にあるトゥッカーノというブラジル料理専門のレストランです。

ブラジル料理専門店
ドラマ公式サイト

 

トゥッカーノの地図はこちらです。

 

 ロケ地となったトゥッカーノはブラジル料理専門店

ブラジルからの日本への移民も多くなり、今年はリオオリンピックを控えるブラジルですが、まだまだ東京などの大都会を離れると日本人には馴染みないのがブラジル料理ではないでしょうか。

地方都市や田舎では、さほどブラジル料理専門店を見ることはないでしょう。

生嶋晶役 野波麻帆
ドラマ公式サイト

 

ブラジル料理といえば、代表格なのが、シュラスコです。一口に言ってしまえば、「串焼き」です。シュラスコというのはポルトガル語で、他の南米の国々ではスペイン語でチュラスコと呼ばれ、南米では一般的な料理と言えます。

シュラスコの特徴は、そのソースにあると言っても過言ではなく、通常、「モホ・デ・ヴィネグレート」と呼ばれるソースをつけて食べることです。文字通り、酢(ワインビネガー)をベースにして、万能な玉ねぎやピーマン、それからトマトなどをみじん切りにして、塩とオリーブオイルを混ぜて作ります。

お酢が苦手な方はちょっと苦しいかも知れませんね。

トゥッカーノでは、ディナーも素敵ですが、お勧めはなんと言っても、ランチでしょう。なんと、シュラスコ食べ放題でたったの2800円です。120分の時間制限ですが、通常のダイニングは90分あればゆっくり食べられます。ですから、120分の時間制限で十二分に堪能できます。

もビーフのみならず、ポークもチキン、ラム肉まであり、もちろんサラダもデザートも用意されています。しかも、その上、ドリンクバーも付いています。

食べ放題のブッフェを避けたいダイエット派の方には、定番のグリルチキンコースがお勧めとなるでしょう。こちらは1200円とリーズナブルの料金です。

ビタミンBを摂りたい方にはポークステーキのコースが最適でしょうね。こちらも1400円ですから、お手頃でしょうね。

詳しいご案内はこちらから

ブラジル料理専門店 :   トゥッカーノ
 

 ブラジルの食文化とルールとマナー

ブラジル料理の特徴1 ギャルソン

ギャルソンとは、フランス語で、意味は英語の「ボーイ」または「(男性の)給仕」を指します。ダメ恋最終回でも、ミチコと晶のテーブルにギャルソンが映っていましたね。

柴田ミチコ 生嶋晶
ドラマ公式サイト

 

このギャルソンが料理をテーブルに運んでくれるので、その場でギャルソンが皿に盛り付けてくれるのです。

ブラジル料理の特徴2 食べ残し用皿

これは、ブラジル料理というより、ブラジルの食文化ですが、特徴の一つは、「食べ残し用の皿」が用意されていることです。このトゥッカーノで、ブラジル同様の風習を真似ているかは不安ですが、本家本元、ブラジルの シュラスコレストランに行けば、食べ残しは当たり前のことだそうです。

処変われば品変わる」と言いますが、ブラジルでは日本にあるような「勿体ない」という感覚で食事をすることが無いそうです。話に夢中になって、肉が冷えてしまったりしても、大丈夫。ブラジル料理、シュラスコにおいては、食べ残して、温かい焼き立てを食べることができるのです。

シュラスコレストランの流儀

ギャルソンが次々と料理を運んでくるので、自分のテーブルの手元に合図を送るサインがあるのが特徴です。通常、緑と赤に識別されたカードや木片で、ウェイターに「欲しい」「要らない」と表示できるのです。こうすることで、いちいち、ウェイターを呼んだり、留めたりしないでも、意思表示できるようにしているのです。

本場ブラジルでは、時間制限などないのが普通で、平気で長居するお客も多いそうで、そうなると、一度はストップ(赤色)してもらったサービスを再開する(緑色)なんてことも平気なのですね。

ただし、日本のブラジル料理店では、そこまでシュラスコ文化を真似していない処がほとんどらしく、時間制限もあるので、一度レッドカードを出してしまうと、「サービス終了」という意思表示になるようです。

ダメな私に恋してください」の柴田ミチコ同様、「肉食系」の管理人ですので、ロケ地となったブラジル料理専門店のトゥッカーノは、是非一度、足を運んでみたいお店です。(笑)
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。