ダメな私に恋してください」、通称「ダメ恋」の主演女優深田恭子が、アラサーの「ダメ女」を演じていますが、「かわいい」と人気の深田恭子髪型をチェンジして「パッツン前髪」で「かわいい」評判を獲得しているようです。

ダメな私に恋してください
ドラマ公式サイト

 

深田恭子の以前の髪型、「かきあげ前髪」スタイルは美人との評判も

御覧の写真は、去年テレビ朝日系で放送された「セカンドラブ」での深田恭子です。主演の亀梨和也の相手方としてヒロインの西原結唯を演じた深田恭子ですが、少しだけウェーブがかかったロングヘアーの髪型が似合い、美人ですよね。

「セカンドラブ」では、亀梨演じる平慶と猛烈な熱愛を演じた深田恭子ですが、このドラマでも、ヴァージン役で、今回の「ダメな私に恋してください」の柴田ミチコと同じです。

西原ゆい役 深田恭子
ドラマ公式サイト

でも、どちらにしても、「清楚で美しい淑女」のイメージがお似合いの深田恭子は、差し詰め、昔の吉永小百合のイメージと重なりますね。

かつての吉永小百合ファン、いわゆるサユリストたちの吉永支持は猛烈で、多くのファンは「吉永小百合はうんちをしない」とまで信じていたくらいですからね。(笑)

まあ、現代人はそこまで大袈裟なファンは居ないとしても、深田恭子ファンからすれば、その「絶対的清楚感」はずっと持ち続けていたいはずです。

 

深キョンの新しい髪形、「パッツン前髪」で、あなたも変身を

管理人は子供のころは女性のロングヘアーが好きでしたが、ある時を境に好きではなくなりました。むしろショートヘアーの方が今では好きなくらいです。

男性と違い、女性は髪型でいかようにもイメージチェンジできますから、それは楽しいでしょうね。さて、もしあなたが独身でアラサーなら、20代前半の髪型でいるというのも何でしょうから、この際、深田恭子のように「パッツン前髪」にトライしてみるのも、楽しいでしょう。

柴田ミチコ役 深田恭子
ドラマ公式サイト

ところで、この髪型、要注意だそうで、成功するタイプと失敗するタイプがあるのだそうです。

注意1

成功する「パッツン前髪」の髪型には、顔の形が「決め手」となるそうです。女性の理想の顔型はオーバルと言われ、つまりこれは「卵型」の顔型です。もっとも、ダメですよ、卵を逆に向けては。とんでもない顔型になってしまいますから。(笑)

そこで、もし、あなたがの顔型がオーバルでない場合、具体的には丸顔、三角、ひし形のような顔型の場合は、「パッツン前髪」は不向きです。何故かといえば、パッツン前髪にしてしまうと、顔型の不味いところが強調されてしまうからだそうです。

そのような顔型の場合は、前髪を分けたり、額を多く見せるようにしたりして、顔型をなるべくオーバルに見えるように工夫すると美顔になるそうです。

注意2

芸の無い横一直線のカットは、魅力も効果も無くしてしまいます。際どいですが、長さは目の上ちょうどぎりぎりのラインで、一直線にならないように薄くカーブを描くようにカットすると、可愛らしく演出できるようです。こうすることによって「目」がチャームポイントになるのですね。

注意3

「パッツン前髪」の髪型は横幅で決まるそうですよ。では、どのくらいの幅で前髪をカットすればよいのでしょう。

その幅は目尻から目尻までが目安です。それ以上広いと顔が大きく見えてしまい、逆に狭いと顔と目の印象が薄くなってしまいます。

 

ぶりっ子に見えない深田恭子の魅力

それにしても、深田恭子が演じる柴田ミチコがぶりっ子にはまったく見えません。多くのファンが「死ぬほどかわいい」なんて表現で、深田恭子の魅力を語りますが、それほど深田恭子が愛されているともいえるでしょうし、また、深田が演じる柴田ミチコもすっごーく自然で、憎めない素直な人格だからでしょう。

以前も書きましたが、この「ダメな私に恋してください」の原作は中原アヤで、少女コミック(集英社YOU)に連載中ですが、実写版としては、極めて優秀な作品に仕上げていると思います。

その成功の筆頭に挙げられるのが、深田恭子が柴田ミチコの思い(内心)を語るナレーションにあることは既に指摘しました。

黒沢歩役 DEAN FUJIOKA
ドラマ公式サイト

そして、それを更に面白く楽しいものにしているのが、DEAN FUJIOKAが演じるマスター黒沢歩とのやり取りです。

本当に、随所で「クスクス笑い」が絶えないドラマに仕上げているのは、主演の深田恭子とDEAN FUJIOKAの息の合った演技にあると言えるでしょう。
いよいよ第6話では、最上大地(三浦翔平)の提案で、「ダメ女」柴田ミチコが「できる女」に変身できるのか、注目が集まります。「ダメな私の恋してください」はTBS系で、毎週火曜日、午後10時に放送中です。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。