竹野内豊が痛快な弁護士を演じる「グッドパートナー 無敵の弁護士」のオンエアーが近づいています。竹野内豊は離婚したバツイチ弁護士を演じます。娘の希望でシングルファザーとして活躍します。共演の相手役には、元妻で同じ事務所で働く女性弁護士、夏目佳惠に松雪泰子が抜擢されました。

グッドパートナー 無敵の弁護士
ドラマ公式サイト

 

「グッドパートナー 無敵の弁護士」はテレビ朝日10年ぶりの竹野内豊

竹野内豊といえば、モデルから役者に転向したことで知られ、反町隆史と共演した「ビーチボーイズ」、「できちゃった結婚」、「ヤンキー母校へ帰る」などの作品で主演を務め人気を博しました。

ドラマ出演はフジテレビと日本テレビが多かった竹野内豊ですが、2006年、今から10年前にテレビ朝日でも、ドラマ「家族〜妻の不在・夫の存在〜」で主演の上川亮平を演じています。

直近では、バカリズムが脚本を手掛けたSFファンタジー「素敵な選TAXI・SPECIAL」でも主演の枝分を演じています。余談ですが、「素敵な選TAXI・SPECIAL」には、4月から大野智が主演のラブコメディ「世界一難しい恋」で堀まひろ役で期待されている清水富美加も教師役で登場しましたね。

咲坂健人役 竹野内豊
ドラマ公式サイト

グッドパートナー 無敵の弁護士」では、山野内豊はローファームのコーポレートローヤーを演じます。企業法務が専門の法律事務所のパートナー弁護士、咲坂健人に扮して活躍します。

パートナー弁護士とは、その事務所に出資している、つまり「経営者」であり、単なる「雇われ弁護士」とは違います。

同じ事務所に勤める夏目佳惠と結婚していましたが、弁護士同士ということでしょうか、夫婦仲は円満ではなく、まさか一人娘を「裁判官」にする分けにもいかず、離婚しています。その元妻に扮するのが松雪泰子です。

 

「グッドパートナー 無敵の弁護士」の共演に強烈個性派・松雪泰子

松雪泰子といえば「白鳥麗子でございます!でご存じの方も多いでしょう。1991年、19歳で東京に移り、「熱血!新入社員宣言」でデビューを果たした松雪泰子は、前述のテレビドラマ「白鳥麗子でございます!で大ブレイクしたのです。21歳の時でした。

白鳥麗子でございます!は、鈴木由美子原作の漫画で、89年、93年、そして2016年と3度もドラマ化されている人気漫画です。

89年の最初のドラマ化は主演に鈴木保奈美、共演に野々村真が起用され、TBSの制作でした。松雪泰子がブレイクしたのは、93年、フジテレビのドラマ化の時です。

相方に萩原聖人が起用され、松雪泰子にとっては、連続ドラマの初主演ということでしたが、これが大当たりして、「白鳥麗子」と言えば、松雪の「代名詞」ともなりました。平均17%の視聴率を獲得し、最終回には20%の大台も超えました。

人気漫画ということもあり、今年2016年にはテレビのローカル局が集まり、3回目の「白鳥麗子でございます」が制作されました。

夏目佳恵役 松雪泰子
ドラマ公式サイト

松雪泰子の名声と女優としての地位を確実なものとしたのが、10年前の作品、「フラガール」でしょう。

フラガール」は福島県常磐炭鉱が、経営危機に陥り、苦肉の策として常磐ハワイアンセンターを作り大当たりするというストーリーですが、日本のエネルギー事情が石炭の需要から石油に取って代わられる時代の物語です。

できたばかりのハワイアンセンター、管理人も何度も足を運びました。オープン当初、まだ11歳だった管理人ですが、「古き良き昭和の思い出」の一つです。

この「フラガール」は、米国アカデミー賞の「外国語映画賞」のノミニーに選ばれるほどのヒットとなり、主演の松雪泰子自身も、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞に輝きました。

その後も「デトロイト・メタル・シティ」や「余命」、「家族狩り」などの主演を務めた松雪泰子ですが、日本テレビで放送された「Mother」で演じた鈴原奈緒役の記憶はまだ覚めない方も多いのではないでしょうか。

このドラマでは芦田愛菜ちゃんも活躍しましたね。

 

グッドパートナー 無敵の弁護士の最大の見せ所

イケメン俳優竹野内豊と個性派女優松雪泰子の「元夫婦で同じ事務所勤務の弁護士」という立場の二人が主人公となる「グッドパートナー 無敵の弁護士」は、企業の法務問題を扱うというシリアスな面と、喧嘩が絶えない元夫婦というコメディの要素を含む、「ファニードラマ」となるでしょう。

「真面目な法務ドラマ」と「コミカルなホームドラマ」の組み合わせというのは、ほとんど前例のない取り組みなので、「グッドパートナー 無敵の弁護士」の成否には大いに期待したいと思います。

咲坂健人役 竹野内豊
ドラマ公式サイト

脚本を担当する福田靖は、すでに大河ドラマ「龍馬伝」や、「HERO」などの実績があります。そして、特筆すべきは、「龍馬伝」では、時代劇、「HERO」では検事を扱い、そして「DOCTORS〜最強の名医〜では医療関係と、幅広いテーマで脚本を書いてきました。

社会派の脚本家と言っても良いかも知れませんね。その福田靖の脚本にも注目が集まることでしょう。期待の大きなドラマとなることは必至です。

グッドパートナー 無敵の弁護士の放送は、テレビ朝日系で、4月21日(木曜日)午後9時からの予定です。お楽しみに!
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。