浜辺美波が「必殺仕事人2016」で、主役の渡辺小五郎の同僚、結城新之助の娘、長女のお絹のキャストを演じます。浜辺美波が演じるお絹は多感な年頃の娘で、父の新之助とぶつかり合ってしまいます。娘の扱いに頭を痛める父を他所に、お絹は知らずのうちに悪の巣窟へ足を踏み入れてしまいます。年頃の娘、お絹を演じる浜辺美波の演技に注目です。

必殺仕事人
ドラマ公式サイト

 

浜辺美波のキャストお絹は多感な年頃の娘

必殺仕事人2016キャスト一覧まとめ 配役と役柄も >

浜辺美波が「必殺仕事人2016」で扮するお絹は、本町奉行所の見廻り同心、結城新之助の娘で八人兄弟の長女です。

多感期な年頃の娘、お絹は、自分を構ってくれないと父親に不満を持っています。難しい年頃ですよね。近づくと「けむい」と嫌われたり、遠ざかると「構ってくれない」と嘆くという、現代にも通じるものがあります。(笑)

そんなお絹は、父の関心を得ようとするのか、江戸の町でも怪しい初音屋に足を踏み入れてしまいます。まさか、その初音屋とは、エッチな絵を描く画廊だったのです。

お絹役 浜辺美波
ドラマ公式サイト

 

多くの江戸の娘が、スカウトの口車に乗せられて、初音屋に連れて来られては、春画のモデルをさせられていたのです。

そんなお絹も当然のようにモデルを強要されますが、幸か不幸か絵師となったのは、経師屋の涼次でした。経師屋の涼次がラッキーだったのでしょうか?(笑)

まだ16歳の浜辺美波が、チャキチャキの江戸娘を演じるお絹役は、今ドラマの目玉となるかも知れませんね。(笑)お絹がどのように「悪の巣窟」から脱出するのかも見どころです。

浜辺美波が宮永咲役で初主演!咲-Saki-で高校生雀士に! >

新之助の娘お絹を演じる浜辺美波は将来有望な16歳の女優

必殺仕事人2016あらすじと見所 リストラ、パワハラ、あと何?  >

必殺仕事人2016」で、結城新之助の娘、長女のお絹役に抜擢された浜辺美波は、東宝芸能に所属するまだ16歳の女優です。

11歳の時、東宝シンデレラオーディションに応募して、惜しくもグランプリは逃したものの、ニュージェネレーション賞を獲得して芸能界に入りました。

その年の映画「空色物語」で主役の文香役を務めています。続けて映画「逆転裁判」にも出演し、ドラマでも「浪速少年探偵団」や「女信長」などに出演しました。

連続テレビ小説「まれ」は、土屋太鳳など、数多くの若手俳優たちが活躍しましたが、浜辺美波も桶作麻美役でキャスト入りしています。

その後もフジテレビ月9の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の本間芽衣子役や、「無痛~診える眼~」の南サトミ役など、コンスタントに女優の道を歩んでいます。

個人的には、かつらがこれほど似合う女優も珍しく、浜辺美波の将来は、主演の東山紀之のように、時代劇で成功して欲しいですね。これからが楽しみな女優の一人には違いありません。

必殺仕事人2016では、危険に身を晒すことになるお絹役を演じる浜辺美波です。楽しみなキャスティングとなりました。

浜辺美波が宮永咲役で初主演!咲-Saki-で高校生雀士に! >

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。