お義父さんと呼ばせて大道寺保(遠藤憲一)のこれまでの難敵は、彼女花澤美蘭の父、花澤紀一郎でしたが、その紀一郎が送り込んできた刺客・砂清水誠(山崎育三郎)のカラオケ猛攻に遭う保です。第4話では、この邪魔者のせいで、美蘭との間に亀裂が入る大道寺保は最大の危機を迎えます。保はこの最大のピンチを凌げるのでしょうか?

お義父さんと呼ばせて
ドラマ公式サイト

 

花澤美蘭に振られた砂清水が何故?

砂清水誠の積極的アプローチも実らずに、すでに花澤美蘭(蓮佛美沙子)に振られていたのですが、大道寺保を美蘭から引き離したい父花澤紀一郎(渡部篤郎)は砂清水を利用して保と美蘭の仲に亀裂が入るように仕組みます。

51歳のじじいが」と保の存在を信じられない砂清水は絶好のチャンスと捉え、ぐいぐい美蘭に迫っていきます。

大道寺保 花澤美蘭
ドラマ公式サイト

これまでずっと美蘭と二人の世界を味わってきた大道寺保にとって、突然の砂清水の登場に焦りを感じ始めます。

歳の差(28歳)はあっても、お互いを尊重し、惹き合う仲の保と美蘭でしたが、第三者が入るのは想定外のことでした。まさか、この後、砂清水の「カラオケ作戦」が待っていることなど、大道寺保は知る由もありませんでした。

そんな中、美蘭の会社でもトラブルが発生します。(おそらくこれも父紀一郎の企みと思われる)保の上司から理屈にならない文句をつけられ切れる美蘭に対し、保は「仕事だから我慢が大切」と美蘭の味方どころか、諫める発言をしてしまいます。

 

大道寺保、砂清水の仕組んだ「カラオケ大会」で最大のピンチ

てっきり自分の味方だと思っていた大道寺保のリアクションを見て、期待が外れた美蘭は保に対して失望します。保のリアクションは美蘭からすると「彼氏」ではなく「お父さん」と一緒だと感じたからです。

そんな中、またもや砂清水の登場です。何と三人で居たところ、意気投合した美蘭は砂清水カラオケに行くことで一致したのです。

保も一緒に付いていくことになるのですが、果たしてそのカラオケでは何が待っていたのでしょう。

カラオケ
ドラマ公式サイト

23歳の花澤美蘭、28歳の砂清水誠、それに51歳の大道寺保の三人でのカラオケです。

若くてハンサムで恰好良くて、歌が上手い砂清水に対し、情熱はあるが、年配で、仕事オンリーのおっさんの大道寺保が居る場所はありませんでした。

それに、付け加える必要もないでしょうが、山崎育三郎はミュージカルスターですよ。どうやっても、遠藤憲一がカラオケで山崎に勝てるはずはありません。(笑)

砂清水と美蘭が二人でご機嫌に歌う姿を見ているしかない保っちゃん。いったいどうしたら良いのでしょう。不貞腐れてソファに座っている保の胸の内は?

 

大道寺保と花澤美蘭はこの亀裂を乗り越えることができるのか?

51歳で未婚の大道寺保が初めて結婚を申し込んだ相手、花澤美蘭との初めての仲違い。歳の差と価値観の違いが問題となる初めての危険水域。果たして、バレンタインも近づく中、この価値観の相違を二人の愛は乗り越えることができるのでしょうか。

大道寺保役 遠藤憲一
ドラマ公式サイト

そして、今回のキーパーソンは、花澤美蘭の母、花澤静香が握っているようですよ。最愛の娘に対し、じつにしっかりとした母親としてのアドバイスを送るみたいです。

大波乱の予感がする「お義父さんと呼ばせて第4話にますます期待が高まります。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。