いよいよ明日に控えた立川談春兄さん原作のドラマ赤めだか」ですが、管理人が特に注意したい見どころを二つご紹介したいと思います。すでに、ご承知でしょうが、二枚看板の談春演じる二宮和也と談志師匠となるビートたけしの演技はいう間でもありません。そして、豪華なゲストキャストにも関心が高まっていますが、是非、次のお二人の演技を注目して欲しいです。見逃せない見どころとなるはずです。

赤めだか
ドラマ公式サイト

 

見どころ1 見逃せない柳家喬太郎の「べらんめえ」調

柳家喬太郎という噺家をご存じでしょうか?年齢からするとまだ「若い」方に入ると言っても良いのでしょうか?と、いうよりすでにベテランと言ったほうが素直でしょう。(笑)

私が喬太郎兄さんと出会ったのは、今から数年前です。「出会った」と言っても、それは「ひゆ」つまり「比喩」ですよ。私が喬太郎兄さんを見つけたのが、落語の「紙入れ」を聞いた後でした。亡くなった先代の圓生さんが大好きで、その圓生さんの「紙入れ」を聞いた後でした。

ユーチューブだったもので、あの右側に出てくる、余禄のようなもの、関連サイトとでもいうのでしょうか。それを眺めていたら、喬太郎の「紙入れ」が出ていたのです。

ふーん、何だ、この喬太郎って?聞いたことない名前だな」と何気無しにクリックしてしまったのです。(笑)

柳家喬太郎
ドラマ公式サイト

 

すると、どうでしょう。かなり、出囃子のあと、あっさり本編に入っていく訳ですが、喬太郎の口調はさっぱりしていて聴き心地がよく、特に「女将」を演じる女形が、気持ち悪くなるくらい上手いのです。(笑)

この「紙入れ」を聞き終わった時には、すでに喬太郎の大ファンになっておりました。古典落語も上手ですが、現代の社会生活の風刺が効いた創作落語も面白いです。自分自身の大学時代の話などは、お若い方が聴いても、十分に接点が見つけるられると思います。

この喬太郎が江戸っ子で、魚河岸の店主を演じるというのですから、「赤めだか」でどんな演技を見せてくれるのか、今からとっても待ちきれません。持ち前のべらんめえ調で笑わせてもらいたいです。
お時間のある方は、是非ドラマ開始前に、喬太郎兄さんの「紙入れ」をご拝聴ください。

 

見どころ2 富山敬治の悪役を返上するか新井浩文

もう一人、大注目に値するのが、立川ダンボールのキャストに抜擢された新井浩文です。先週、最終回を迎えた「下町ロケット」では帝国重工の技術主任の富山敬治を演じて、「悪役」で名前が売れました。(笑)

前半は水原本部長に取り入って、佃製作所に理不尽な予備審査とバルブのテストを仕掛け、後半のガウディ計画では資材調達部長の石坂にすり寄り、佃製作所の人工心臓のバルブ開発の邪魔をした富山敬治の役で、新井浩文は視聴者全員を敵に廻してしまいました。(笑)

新井浩文
ドラマ公式サイト

 

あの伏し目の奥に光る悪党魂は、完全に新井浩文に着いてしまいましたからね。そのイメージから脱却するには最高な役が周ってきたとも言える、今回のドラマ赤めだか」でのキャストは立川ダンボールです。

今年も最後となるドラマで、前の「悪役」のイメージ払拭には、これ以上ありがたい役は無いのではないでしょうか。(笑)

その意味においても、新井浩文がどんな役作りで見どころを演じ切るのか、視聴者を納得させることができるのか、管理人は大いに注目しているキャストです。
立川談春の青春時代を描いた本人原作の自伝、「赤めだか」の放送は、明日夜9時からTBS系でオンエアされます。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。来る年が、素晴らしき一年になりますように、良いお年をお迎えください。