ドクターX5話あらすじは、東帝大学病院より格下の病院が「論文」で世界的に話題となり、病院長の蛭間重勝が負け地と意地になり暴走するようです。「論文」を奨励したことで、外科医たちが疲弊する中、三度の飯よりオペ好きな大門未知子は、外科部長に「君がやりたまえ」に大声で「御意」と反応します。ドクターX5話では、蛭間病院長が失脚の窮地に立つなど大荒れとなる大学病院ですが、その様子をあらすじから探っていきましょう。

ドクターX
ドラマ公式サイト

 

ドクターX5話のあらすじ オペ必然性に「御意」を発する大門未知子

ドクターXキャスト鈴木浩介が原守役で「利用される男」再び >

ドクターX5話あらすじは、格下病院の「論文」が東帝大学病院長の蛭間重勝の名誉欲に火をつけます。格下に負けぬよう、医者たちに論文を強要する蛭間院長ですが、論文のための手術を与儀なくされる外科医たちは疲労困憊してしまいます。

目を輝かせるのは、たった一人、「三度の飯より手術が好き」なドクターXこと大門未知子です。外科部長の西園寺猛司から「君がやりたまえ」の指示に、普段は絶対に口にしない「御意!」まで飛び出します。(笑)

では、どのような事態が起こるのか、5話あらすじを見てみましょう。

格下の大学病院による研究論文がアメリカの医学雑誌に取り上げられ、世界の注目を浴び始めた。「東帝大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)は悔しさのあまり、「前進あるのみ!」と鼻息荒く叫び、医師たちを扇動。とにかく論文を書きまくるよう強要する。だが、論文を書くには症例報告が必要だ。そのため、医師たちは休む間もなく手術を強いられることに。三度の飯より手術が好きな大門未知子(米倉涼子)はこの状況に目を輝かせるが、ほかの医師や看護師たちはどんどん疲弊していく。

そんな中、外科を凌駕する論文を提出しようと躍起になる内科部長・黄川田高之(生瀬勝久)に、部下の赤井富夫(長谷川朝晴)が斬新な提案をしてきた。内科の主導で、抗がん剤と免疫療法を併用した新しい外科手術に挑戦してみてはどうか、というのだ。この言葉に黄川田は奮起。だが、果たしてオペに協力する外科医がいるかどうかが問題となり…。

蛭間重勝役 西田敏行
ドラマ公式サイト

 

まもなく、新術式を受ける膵臓がんの患者・五島哲夫(土屋佑壱)が、静岡の分院から転院。ついに内科の起死回生を賭けた手術の日がやって来る。ところが…この手術がのちに、「東帝大」ブランドを奈落の底に落としかねない“最悪の事態”を招くことに! さらには、未知子が血相を変える“あってはならない不始末”までもが発覚してしまう――。

一方、ワンマンぶりが加速する蛭間は医局の反発を買い、孤立の一途をたどることに。そんな蛭間を救おうと、かつての腹心・海老名敬(遠藤憲一)が金沢から駆けつけるが…!?

引用元:ドラマ公式ページ
http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0005/

 

 

ドクターX5話のみどころ オペ好きな大門未知子と助っ人海老名敬の再登場

ドクターXキャスト赤ペン瀧川英次が萬田康介役で外科医局員に! >

ドクターX5話のみどころといえば、蛭間重勝の窮地に陥るところは必見でしょうが、外科手術を症例報告として必要な外科医局とフリーランスの大門未知子の対応がみどころとなるでしょう。

仕事と趣味が「オペ」という大門未知子ですから、願ってもない状況が現れるわけですね。だいたい、普段は競争する間柄の外科医同士が、「論文」のためにどのような協力体制をとるのか、注目されませす。

膵臓がんというやっかいな治療に当たる東帝大学病院で発生する「最悪な事態」とは想像もつきませんが、膵臓という臓器、医者でもよく分からないこともあり、大変難しい臓器ということはよく耳にします。

蛭間重勝 海老名敬
ドラマ公式サイト

 

「論文」を事の発端に、大学病院の権威を失墜しかねない状態を招くことで孤立する立場に陥る蛭間病院長ですが、「御意」の元祖と呼ばれる海老名敬が金沢からやって来るというのですから、面白そうな場面となるでしょう。

海老名敬がレギュラーキャストに名を連ねていなかったことで、失望したファンにとっては、エンケンこと遠藤憲一の再登場は、最大のみどころとなるでしょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。