下町ロケット7,8話pmeaとPMDA詳細と滝川信二(役キャストは篠井英介)

ドラマ下町ロケットの7話,8話で登場した組織[pmea]。[PMDA]ではありません。
pmeaの専門員の滝川信二(役・キャストは篠井英介)と、pmeaとPMDAについて、
詳しく見ていきましょう。

 

下町ロケット7話8話登場のpmeaとPMDAの違いと詳細

下町ロケット7話8話登場の「pmea」と「PMDA」の違いと
詳細についてみていきましょう。

簡潔に言いますと、pmeaはドラマの中だけの架空の組織
PMDAは、実際に存在する、医療関係の組織です。

下町ロケット7,8話PMDA「医薬品医療機器総合機構」
画像:下町ロケット

下町ロケットの「pmea」に似ているPMDAとは

まず、下町ロケットのpmeaに似ている組織として、
現実に存在するPMDAがあります。

PMDAは、「Pharmaceutical and Medical Devices Agency」の略で、
訳すと「医薬品医療機器総合機構」になります。

現実のホームページも存在し、様々な医薬品や医薬機器の
有効性や安全性の承認を指導・審査する組織であります。

医薬品医療機器総合機構より

PMDAは、医薬品の副作用や生物由来製品を介した感染等による健康被害に対して、
迅速な救済を図り(健康被害救済)、医薬品や医療機器などの品質、有効性および
安全性について、治験前から承認までを一貫した体制で指導・審査し(承認審査)、
市販後における安全性に関する情報の収集、分析、提供を行う(安全対策)ことを
通じて、国民保健の向上に貢献することを目的としています。

現実に存在する組織ではありすが、
ドラマの中では、悪どいやり方をする企業のトップと
つながりがあり、本当に良い製品を作る企業であっても、
中小企業で後ろ盾が無いから・・・などとの
理由をこじつけて、落とそうとする、、

そんなイメージを、PMDAにつけてしまうことは
避けたいとおもったため、

実在する組織「PMDA」をちょっともじった「pmea」

使用したのではないかと思われます。

現実には、下町ロケット7話8話のようなことは
行われていません!(のはずです)のでご注意ください。

下町ロケット7話8話登場のpmeaとは

下町ロケット7話8話登場のpmeaとは、何なんでしょう?

ドラマのなかでは、「PEMA」とは、
「独立行政法人 医薬品医療器具総合機構」のことで・・という
解説でした。

おそらく、英語にすると、
Pharmaceutical and Medical Equipment Agency
と思われます。devices(装置・機器)ではなく、equipment(器具)

pmeaの専門員滝川信二(役・キャストは篠井英介)が、
リーダーとなって審査を行っていましたね。

もう、佃製作所の審査を落とすのを前提で審査していましたから、
ホント見ていて腹が立ちましたね。

まわりの審査員は、ほとんど何も話しませんし、
このリーダーの滝川信二(篠井英介)に頭が上がらないのでしょうね。

下町ロケット7話8話pmeaの滝川信二(役キャストは篠井英介)

下町ロケット7話8話pmeaの滝川信二を演じる役・キャストの
篠井英介[ささいえいすけ]さんについて詳しく見ていきましょう。

ドラマの中のpmeaの滝川信二さんは、こんな感じ。
下町ロケット7話8話pmeaの滝川信二(役キャストは篠井英介)
画像:下町ロケット

中小企業である、佃製作所をバカにしたような言動ばかりでした。

一方、俳優・芸能人の篠井英介(ささいえいすけ)さんはこちら。
俳優・芸能人の篠井英介(ささいえいすけ)さん
画像:日本タレント名鑑

そっくりですね。(あたりまえですね)

演じている篠井英介(ささいえいすけ)さんは、
石川県金沢市出身の俳優で、1958年12月15日 生まれなのです。
お歳は、15/12/05現在56歳で、もうすぐ57歳になられます。
数え切れないほどのドラマ・映画などの出演されています。
詳細を知りたい方はこちら

ウィキペディア「篠井英介(ささいえいすけ)」