神の舌を持つ男の視聴率は初回1話、6.4%と爆死してしまいましたが、2話のあらすじと見所を探してみましょう。意見が分かれるところですが、向井理の舌出しベロンチョが愉快で堪らないドラマです。

神の舌を持つ男
ドラマ公式サイト

 

神の舌を持つ男2話あらすじと見所

まずは、かなり荒っぽいあらすじを番組案内から見てみましょう。推理ミステリーが絡むとあって番組案内でも詳細には及んでおりません。と、いうかかなり「手抜き」を感じる管理人です。(笑)

甕棺墓光役 木村文乃
ドラマ公式サイト

 

神の舌を持つ男2話のあらすじ

蘭丸(向井理)、光(木村文乃)、寛治(佐藤二朗)の三人は、ミヤビがいると聞き鐵友てつとも温泉へと向かう。山道で配管を発見した蘭丸は温泉が近くにあることを察し、温泉宿「南出田楼」に辿り着く。そこは女将・順子(山村紅葉)と湯守の重吉(徳井優)が夫婦で切り盛りする旅館だが、近年客足は途絶えており閉業寸前だ。
蘭丸が宿でミヤビの行方を聞いていると、二人の長男・天童(中尾明慶)が客を連れて10年ぶりに帰ってくる。絶縁状態だった息子は、突然旅館を継ぐと言い出し、順吉と大喧嘩をはじめる。
そんな中、麓から女性の悲鳴が聞こえてきた。蘭丸らが駆けつけると、ミヤビが走り去っていくところ。慌ててミヤビを追おうとする蘭丸だが、光が男性の死体を発見し……。

引用元:番組ホームページより
http://www.tbs.co.jp/ranmaru_tbs/story/

神の舌を持つ男2話の見所1 サスペンスの女王・山村紅葉のゲスト出演

神の舌を持つ男2話の最大の見所は、「サスペンスの女王」山村紅葉のゲスト出演ですね。山村紅葉を知らずしても、顔を見ればすぐに分かるというベテラン女優です。

その山村紅葉の母と言えば、日本が生んだ推理小説の大作家、山村美紗で、娘の紅葉は大学時代に母の執筆した本が原作の「燃えた花嫁~殺しのドレスは京都行き~」で女優デビューしました。

女将順子役 山村紅葉
ドラマ公式サイト

 

山村紅葉はユニークな人生を送っており、早大政経学部経済学科卒後、大阪国税局に勤務していた時代があります。26歳で結婚を機に退職して専業主婦になる予定だったのが、人気があり引っ張りだこでドラマ界に復帰することになりました。

元々、実母の山村美紗の作品を中心に出演していた山村紅葉ですが、西村京太郎などのサスペンスにも出演し、「サスペンスの女王」という看板女優でもあります。

寂れた鐡友温泉の南出田楼の女将・順子を演じる山村紅葉は、どこから見ても「はまり役」で、ベテラン女優の安定した演技が楽しめるはずです。

 

神の舌を持つ男2話の見所2 ゴスロリ衣装で登場する甕棺墓光

毎回、衣装が変わるとされている木村文乃扮する甕棺墓光。神の舌を持つ男1話ではミリタリールックでしたが、今回の2話では、なんと木村文乃がゴスロリの衣装で登場します。

本人も語るように、まさかこの歳でゴスロリのコスチュームを着るなんて考えてもみなかったとのことです。(笑)

堤幸彦監督 木村文乃
ドラマ公式サイト

 

派手なアクションで素人刑事を気取る木村文乃が演じる甕棺墓光の役作りは、1話でも大人気で、神の舌を持つ男2話ではさらにヒートアップしてくるのではないでしょうか。楽しみな木村文乃の演技です。

 

神の舌を持つ男2話の見所3 向井理の舌出しベロンチョ

神の舌を持つ男の最大のミステリーは、向井理が何故、出演をOKしたかということらしいですが、もっともな話です。(笑)イケメンで売っているはずの向井理が舌を出してベロンチョするのは、これまでのファンからすると耐え難いのかも知れませんね。視聴率が沈んでいるのは、そのせいかも知れません。(笑)

だと、すると堤幸彦監督が判断を誤ってしまったということでしょう。管理人的には、向井理の「舌」が特別好きな分けではありませんが、ベロンチョする向井理くんは可愛いですよね。(笑)

朝永蘭丸役 向井理
ドラマ公式サイト

 

朝永蘭丸と光と寛治の三人のトリオは愉快で楽しく、会話にもそれが表れていて、ひょうきんなドラマに仕上がっています。

神の舌を持つ男2話でも、事件解決に「事件の謎はこの舌が味わった」というセリフの後、向井理のベロンンチョが飛び出すようです。もう、絶対、ここは必見ですよね。(笑)

 

神の舌を持つ男 あらすじ

神の舌を持つ男1話あらすじと見所 湯西川温泉でミヤビとすれ違い

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。