大人気の「下町ロケット」で、一人の落語家さんがドラマの中で重要な人物を演じています。ご存じ、立川談春さんです。立川談春はこの殿村直弘役のキャストに抜擢されたとき、かなり恐縮してていたようです。それだけ、重要なキャストを自分が演じるとは思ってもいなかったのでしょう。

b1
ドラマ公式サイト

 

物語の主人公である佃航平率いる佃製作所に取引銀行の白水銀行から出向でやってきた殿村直弘は佃製作所の経理部長として、会社の経理・財務を担当していました。お分かりのように、出向社員ですから、生え抜きの佃製作所の社員ではありません。

主演の阿部寛も泣いてしまったという、キャスト立川談春が演じた名場面や、視聴者も釘付けになった名演技をお伝えしたいと思います。

 

立川談春のキャストの殿村直弘が提案した「定期預金解約」のシーン

下町ロケット キャスト 帝国重工・財前道生の名場面 >

殿村直弘経理部長は取引銀行の白水銀行の行員です。出向という形で佃製作所に入社した訳ですが、給料の半分は白水銀行から出ている訳です。つまり、出向という形で銀行が送り込んだ、言うならば会社の資金の「お目付け役」としてやってきたのです。

誠実に自分の仕事をこなす殿村直弘でしたが、他の行員は中々、殿村を「身内」とは考えません。そんな中、メインな取引先からの取引停止やライバル企業からの特許侵害訴訟なども問題が起こります。

2
ドラマ公式サイト

 

90億円もの損害賠償など仰天する社長の佃は「何だ、こりゃ」なんて奇声を発します。資金繰りに窮する佃製作所において、どうにも遣り繰りが付かない時に、銀行からの出向・殿村直弘が「定期預金」の解約を提案します。この案は、佃製作所の延命安で、何の解決の保障をするものでもありませんでした。

むしろ、殿村直弘にとっては、銀行に対しての背任行為とも映る案なのです。「いずれ、銀行に戻るつもりなんだろうよ」と陰口をたたく者もいましたが、自分の帰る道を閉ざすような提案をしたシーンでの立川談春さんは名演技でしたね。

神妙な顔つきは、真面目で真剣に社長に訴える目をしていました。命を張った覚悟の上での提案をするシーンには、胸が熱くなりました。そして、言った言葉は「ここで雇ってくれるんでしょ、社長?」にその覚悟が現れていましたね。

 

覚悟を決めた佃社長に殿村直弘が檄を飛ばすシーン

下町ロケットキャスト 山崎光彦部長(安田顕)の名場面 >

弁護士が大企業相手にも怯まない神谷に変わって、ライバル企業とどう向き合うか検討している中、資金繰りに追われる佃社長と経理部長の殿村直弘でした。しかし、ついぞ融資の目途が途絶え、追加融資の最後の頼みは、元に戻り最初に断られた白水銀行に向けられたのです。

白水銀行に赴いた佃社長と殿村直弘は、そこで、屈辱的な応対をされました。散々罵られて追い返されてしまった佃航平社長は、裁判を戦う資金は無いと悟ります。研究開発は絶対に止めないという自分の方針も曲げ、全力で戦おうとしましたが、「もはや、これまで」と買収同様の和解案を受け入れる覚悟をした時でした。

社員を前に、「みんな、心配するな。これからも仕事が続けられるように交渉するから安心しろ」というも、自身の身の振り方を聞かれた航平は「俺がいたんじゃ、相手だって困るだろう。俺は身を引くよ。最後くらい、社長らしいことをさせてくれ」と言うシーンでは、もう私は涙顔になっていましたね。

実は私も同じような経験があったんです。

そして、一礼して航平が去ろうとした時に「待った」を掛けたのが、他でもない出向社員の殿村直弘だったのです。

3
ドラマ公式サイト

 

去ろうとする佃社長を呼び止めた殿村経理部長は、「諦めないで、最後の最後まで戦いましょう」と檄を飛ばしたのです。そして、自分は出向の身の上だが、この佃製作所と社員を愛していると告げるシーンは、もうハンカチ一枚では足りませんでしたねえ。

私は佃製作所が好きだ!」では、もうぐちゃぐちゃでした。私は鼻が悪いもので、涙だけでなく鼻水も交じって、ティッシュじゃ足りなくてハンカチ2枚は必要でした。そして、そこへ現れた神谷弁護士が「最後の切り札」の提案をしたのです。それが、ウルトラCの逆訴訟でした。

 

今日の名場面は佃製作所の殿村直弘の2シーンからお送りしました。キャストに抜擢された立川談春さんは、すでに「殿村直弘」本人になりきっていましたね。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。