大人気の「下町ロケット」ですが、登場人物それぞれが、「主人公」と成りえる素晴らしいドラマです。主役・佃航平演じる阿部寛はむろん、重要な役割を担うキャストである殿村直治キャストに立川談春)の名場面は数多くあります。

ドラマ公式サイト

 

今回は、「落とすためのテスト」を仕掛けてきた帝国重工の富山敬治の挑戦を退けたシーンから、殿村直弘が残した名セリフと共に、この場面を振り返ってみましょう。

 

進路を決定づけた殿村直治の名セリフ「数字はウソをつきません」

ポスト財前を念頭におく部下の富山敬治は本部長の水原に、佃製作所による部品供給の道を閉ざすための策略を進言します。ロケット打ち上げをすべて社内の力で完遂させたい意向の帝国重工社長の藤間秀樹の意向を無視する形となる部品供給は水原本部長にとっても避けなければならないと考え、富山に佃製作所のテストを任せることにします。

新規取引を理由にし、佃製作所の技術・設備等から財務評価など、与信テストと佃製作所が製作したバルブシステムの品質テストという二段構えで画策した富山の悪どさも際立っていましたね。

富山が企む「落とすためのテスト」に備えプロジェクトチームを組む佃航平でしたが、社内の意見は真っ二つに割れます。技術開発、営業、そして経理部でもそれぞれ二派に分かれてしまうのです。

工場では生産管理部の主任・溝口が、そして社内では審査部の田村が「いちゃもん」と呼べる審査を行います。審査部では、田村が追加資料の作成を要求してきました。

ドラマ公式サイト

 

社内では、予想外の厳しいテストに対し、会議がもたれます。中小企業と見下された佃製作所の社員たちの落ち込んだムードは全体に広がっていましたが、経理部長の殿村直弘が会議で発言します。

落ち込みを救った一言が今回の名場面です。さんざんいびられた佃製作所の殿村たちでしたが、田村の理不尽な要求に対しても自信を持って良いと断言するのです。「佃製作所の財務諸表は悪くない。数字はウソを尽きません。」

これで、再び、佃製作所が一つとなって進む道が決まった瞬間でした。

 

殿村直治の「内の方からお断りします」で気分はすかーっと

帝国重工の研究施設では、佃佐製作所の製品テストが行われ、平行して佃製作所の方では田村が財務諸表の審査を行っていました。

研究所では溝口が、佃製作所の製品の優秀さを認めざるをえない結果となっていました。

一方の佃製作所では、田村が必要以上のいちゃもんをつけましたが、田村の「嫌らしさ」も際立っていました。まさに、「中小企業イビリ」そのものです。私、管理人は「正義感の強い短期な性格」なので、この田村には頭にきましたね。ドラマと知っていても、本当に憎き田村だと思って見てました。

審査テストの二日目、追加資料の作成も間に合わせた佃製作所の経理部の社員も、田村のいちゃもんに対し、全員が「正論」で対峙しますが、そもそも田村は「落とすためのいちゃもん」ですから、根拠などありません。

ドラマ公式サイト

 

それでも、横柄な態度を続ける田村が、「テストは打ち切りだ」と脅します。今回の名場面の二つ目は、この田村に対し、言い放った殿村のシーンです。

帝国重工より早く特許を取っている佃製作所のプライドが爆発するシーンです。

この取引はうちの方からお断りします」殿村のこのセリフで私の胸はすかーっとしましたよ。本当に、理不尽で、無礼な田村の言葉に歯ぎしりしていましたが、このセリフで完全に田村を打破した名シーンでした。そして、この富山の策略を乗り切ったことで、殿村直治も本当に佃製作所の一員として心か仲間に入ったシーンでもありました。また、涙が出てきてしまった管理人でした。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。