大人気の「下町ロケット」がいよいよ後半開始となります。前半の「ロケット編」でもその豪華キャストが話題となりましたが、発表された後半のキャストも負けないくらいにユニークです。

今回は佃製作所で、人工心臓の部品開発に携わる役で登場する若手技術者・中里淳キャストに抜擢された高橋光臣の役どころを考察してみたいと思います。

ドラマ公式サイト

 

中里淳に忍び寄るライバル企業サヤマの毒牙

冒頭、業界のパーティーに出席していた佃航平と山崎技術開発部部長が帝国重工の財前道生宇宙航空部部長と歓談しているところに顔を出すのが、同じ帝国重工の石坂宗典(キャストは石井一孝)です。石坂は帝国重工では調達部長の職にあり、財前道生とは熾烈を争う競争関係にあります。

その石坂は株式会社サヤマ製作所の社長である椎名直之(キャストに小泉孝太郎)を航平たちに紹介します。この後半の「ガウディ計画」もすでに、滅茶苦茶ライバル関係がたくさん出てきます。

実はこの椎名直之という人物、かつてはアメリカの航空宇宙局にいたという「切れ者」ですが、日本に帰国して親の会社を継いだ人物です。佃製作所とは敵対企業ですが、同じような中小企業でありながら肩書と人脈と引き抜きなど、佃航平とはまったく違う手法で伸してきた企業なのでした。

ドラマ公式サイト

 

その際立ったあくどい手法の餌食となるのが、佃の若手技術者の中里淳だったのです。何かと航平社長とぶつかり合い、佃の企業資料をライバル企業のサヤマに流したり、最後は結局毒牙に係りサヤマの椎名直之の手に落ちるのですが、高橋光臣が演じる「中里」の反逆とサヤマへの移籍は視聴者の注目を浴びるのは必至だと思います。今から楽しみですね。

 

下町ロケットに登場する裏切者がドラマを緊張させる

 

前半のロケット編では、帝国重工の部品テストにわざと不良品を入れ、大問題を引き起こした張本人の真野賢作でしたが、後半のガウディ計画でも、ばっちり登場してくれます。

佃航平の世話で真野は北陸医科大学の研究所に勤務していた。その真野賢作が突然、佃製作所を訪ねてきたのだ。

ドラマ公式サイト

 

真野は佃航平に人工弁の開発を勧めるために、心臓外科医の一村隼人と一緒だったのです。この一村教授のキャストがお笑いの今田耕司さんなんですが、ちょっと心配している管理人です。他のキャスト同様、一村教授に成り切って、「今田耕司」を忘れて演じて欲しいですね。

さて、中里淳はどうやら佃製作所を裏切って敵対企業であるサヤマ製作所に引き抜かれてしまうようですが、中堅の俳優、高橋光臣がどんなヒールぶりを演じるのか、興味ワクワクです。

アジア医科大では、業界の「黒い部分」に嫌気を指して、一村隼人教授のいる北陸医科大に移った真野賢作と、若手技術者の中里淳が佃から魔の手に落ち、サヤマ製作所に移籍する対象も面白い展開です。ますます「下町ロケット」から目が離せません!

 

ドラマを見逃した方にTBSからニュースですよ。

『うっかり見逃しを防ぐ新機能を導入しました!
2015.10.16(金)
『下町ロケット』番組サイトとスマートフォンサイトにて、お使いのスマホやパソコンに番組の開始時間などを簡単に登録、通知できる新技術のサービス「CalPush(カルプッシュ)」を導入しました。
CalPushとは、Webサイトに表示されている「日時」に関連する情報をクリックまたはタップするだけで情報を自動解析し、閲覧しているスマホやタブレット、パソコンのカレンダーへ簡単にスケジュール登録が行える仕組み。
専用アプリのダウンロードは不要。無料で誰にでもにスケジュール登録が行え、予めリマインダーを設定することが可能となります。ぜひ、放送を見逃さないようご利用くださいね。』

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。