嘘の戦争大杉漣黒幕の可能性が指摘されています。幼い千葉陽一が目撃した一家皆殺しの事件が「無理心中」と名を変え処理されてしまった裏には、大杉漣がキャストを演じる児童養護施設「宮森わかばの家」園長の三瓶守いた可能性があります。嘘の戦争で、真の黒幕とは誰の仕業なのか、検証してみます。

嘘の戦争
ドラマ公式サイト

 

嘘の戦争で大杉漣の黒幕説の検証1

嘘の戦争で、千葉陽一の家族が惨殺された件は、「無理心中」という形で収められてしまいました。しかし、現場ですべてを目撃した千葉陽一少年、即ち一ノ瀬浩一は、そんなことでは到底納得できません。何故なら、浩一は事の起こりの全てを目撃していたからです。

黒幕検証の前にまず、大杉漣のキャスト、三瓶守のバイオを見ることにします。

浩一の父の友人。
とても善良で、30年前から浩一の唯一の味方。
30年前に突然仕事を辞め、児童養護施設「宮森わかばの家」を手伝うようになり、今はそこの園長。
浩一は、この児童養護施設で育てられた。

引用:公式ページより

三瓶守役 大杉漣
ドラマ公式サイト

じつは三瓶守は、バイオでは「友人」となっていますが、本当は浩一の父とは、30年前に働いていた病院の医者で先輩後輩だったのです。

事件の後、独り生き残った千葉陽一少年を児童養護施設に世話をしたのも、三瓶守で、当時はこの施設に手伝いにきていたようです。

その当時の陽一少年と三瓶守の会話に「黒幕説」を裏付けるヒントが一つあります。

それは、この三瓶守も、警察の刑事同様に、浩一の目撃証言を「悪い夢」だとして扱っている点です。

 

嘘の戦争で大杉漣の黒幕説の検証1の深堀り1

嘘の戦争で、事件から30年後にタイ・バンコクで詐欺師として腕を鳴らしていた千葉陽一は、すでに名前を一ノ瀬浩一に変えていました。

偶然にバンコクの高級ホテルでカモを探してロビーにいたところ、偶然すれ違った男の腕にある痣(あざ)に見覚えがあったのです。

それは、浩一が9歳の時に見た事件の犯人の腕に付いていたものと同じだったのです。その男が慶明医大病院に関係しているとの手がかりを掴んだ一ノ瀬浩一は真相を暴いて復讐するために日本に帰国します。

そして、その腕に痣(あざ)がある人物が、慶明医大病院の准教授、五十嵐久司(甲本雅裕)であることを掴むのです。

五十嵐久司役 甲本雅裕
ドラマ公式サイト

 

教授室に仕掛けた盗聴器によって、五十嵐の裏には共犯者がいて、黒幕の存在が浮かび上がってきます。

そして、遂に五十嵐久司から、彼の知る真相を聞かされます。それによると、殺害の実行犯は五十嵐久司ではなく、ニシナコーポレーション会長、二科興三(市村正親)の部下だということが判明しました。

大杉漣がキャストを演じる三瓶守の黒幕説を深堀りすると、この時、二科興三の指示を受けて実行犯となった部下だった可能性がここで出てくるのです。

 

嘘の戦争で大杉漣の黒幕説の検証1の深堀り2

そして、さらに深堀りすると、嘘の戦争で、何故、千葉陽一少年が一人だけ助かったのかということです。

「父による家族全員無理心中」ということにするなら、全員死んでもおかしくないはずです。どうして一ノ瀬浩一だけ一人助かったのでしょう?

一ノ瀬浩一 三瓶守
ドラマ公式サイト

 

最初から、管理人には、この点が疑問でした。そして、分かりました。一ノ瀬浩一は、犯人グループによって生き残らされたのです。何故生かされたのか?

それは、全員死んでしまうと、「無理心中」説を通すことが難しくなるからではないでしょうかね。つまり、警察も事件と事故の両面からの捜査をせねばならず、犯人グループとしては、厄介な問題にしたくなかったのでしょう。

しかし、9歳の浩一少年を生かしておけば、目撃証言をしても、「そんなバカな」「下手なウソをつくな」「いい加減な事を言うと張り倒すぞ」と、相手にしないばかりか、偽証する嘘つき少年の戯言で片付けられます。

事実、当時の三瓶守も陽一少年に対し、耳を傾けずに「悪い夢」で片づけています。

三瓶守 千葉陽一
ドラマ公式サイト

 

運命のいたずらか、天が与えた機会なのか、30年前の悪夢を忘れようと生きてきた一ノ瀬浩一の前に、生き証人の五十嵐久司を巡り合わせ、背後にいた二科興三までは突き止めることになりました。

医者だった浩一の父が病院内部の知らなくてもよいことに気付いたことで、始末されたようですが、実行犯として大杉漣の演じる三瓶守は、黒幕の一人となる可能性が残ることになりました。

今後の展開で要注意なのは、三瓶守がニシナコーポレーションの会長、二科興三と接点があるかどうかです。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。