演技派俳優・手塚とおるが、ドラマ「下剋上受験」で主人公・桜井信一が勤務する不動産会社の上司・長谷川で出演者に名前を連ねました。手塚とおるといえば、「半沢直樹の悪役」や「初森ベマーズのおねえ役」での演技が有名ですが、「下剋上受験」では、部下に厳しい嫌味な上司のキャストを演じるようです。

下剋上受験
ドラマ公式サイト

 

ドラマ下剋上受験で演技派・手塚とおるが信一の上司・長谷川のキャストに抜擢

風間俊介が「下剋上受験」で不動産会社員楢崎哲也のキャストを! >

演技派俳優の手塚とおるが、ドラマ「下剋上受験」で主人公の桜井信一(阿部サダヲ)の上司・長谷川のキャストを演じます。

長谷川は信一が勤務するスマイベスト不動産の部長で、嫌味たらしい顔付きは、すでに憎らしい上司の顔です。(笑)

下剋上受験では、手塚とおるが演じる上司の長谷川をどのように描いているのか、番組案内を見ることにします。

長谷川 役   手塚とおる

信一の会社の部長。
売り上げ至上主義で、目標を達成できなかったときのねちっこいイヤミはそれはそれは強烈。

引用元:番組公式ページ
http://www.tbs.co.jp/gekokujo_juken/

長谷川役 手塚とおる
ドラマ公式サイト

どうやら、「下剋上受験」でも、手塚とおるの演じる上司の長谷川の役柄は、ネチネチした嫌味たっぷりの嫌われどころの役どころのようですね。

顔付きからして、「嫌味」な役がお似合いの手塚とおるですから、きっと「はまり役」を演じてくれると信じています。演技に定評のある手塚とおるの役作りに期待が高まります。

 

「下剋上受験」で憎まれ上司の長谷川のキャストとなる手塚とおるの演技は?

小芝風花がかわいい先生のキャストで下剋上受験の小山みどり役に >

手塚とおるといえば、TBSで放送された人気番組の「半沢直樹」を思い出す方もいらっしゃるでしょう。「半沢直樹」では、古里則夫のキャストで出演した手塚とおるですが、東京中央銀行京橋支店融資課課長代理の古里則夫、上には弱く、下には強い高慢な男として悪役をたっぷり演じてくれました。

この演技で、手塚とおる自身がドラマの古里と同じ嫌味な性格なのではとの憶測まで飛び出したほどです。

また、アイドルグループの乃木坂46の主演、「初森ベマーズ」(テレビ東京)では、弱小ソフトボールの監督「おねえの鎌田」役の演技で話題となりました。

バイプレーヤーの手塚とおるですが、その存在感のある演技はどこからくるのでしょう。

手塚とおるは、現在54歳でトライストーン・エンタテイメントに所属する俳優です。トライストーンといえば、代表的な俳優には、小栗旬や年末に「おっさんずラブ」で沸かせた田中圭や、「神の舌を持つ男」でコメディアンヌぶりを爆発させた木村文乃、鬼平犯科帳でもお馴染みの多岐川裕美、若手のイケメン俳優で「ヒロイン失格」でもナイスガイを演じた坂口健太郎などがいます。

また、「神の舌と持つ男」7話でバカップルの尾木亜香里役のキャストを演じた今泉彩良もトライストーン所属です。

手塚とおるは、北海道出身で、83年、唐十郎の舞台「黒いチューリップ」がデビュー作となりました。そして、86年からは劇団健康に参加して92年の解散まで活動しています。

劇団健康といえば、ケラリーノ・サンドロヴィッチを中心に結成された演劇団です。そこから、次々と他の劇団の作品にも客演として参加して、演技に磨きをかけてきました。

因みに、手塚とおるは、漫画家の手塚治虫の原作や手塚関係のドラマに出演が多かったことから、「手塚治虫の甥」だとする説が流布しましたが、それは事実ではないことが明らかにされています。

「個性派」という文字が歩いているような役者手塚とおるの存在感は、揺るぎないものであることは間違いありませんね。ドラマ「下剋上受験」でも、阿部サダヲが演じる桜井信一の上司、長谷川のキャストで、その存在感を大いに発揮してくれるでしょう。

主演の阿部サダヲ、深田恭子と、子役山田美紅羽(やまだみくう)の3人が織りなす「下剋上受験」は、1月13日、金曜ドラマ枠で午後10時からTBS系で放送予定です。初回は15分のおまけ付きですよ。お楽しみに!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。