富山えり子スーパーサラリーマンで、下山のキャストで会社OLを演じます。富山えり子が抜擢されたキャストの下山は、主役の左江内氏が勤務する建設会社のOLで営業三課に所属しています。万年係長の左江内氏に対し、どのような態度を示すのか富山えり子の魅力を追ってみます。

スーパーサラリーマン左江内氏
ドラマ公式サイト

 

スーパーサラリーマンキャスト 富山えり子が下山役で営業三課のOLに

ちょっぴり太目の富山えり子が、スーパーサラリーマンで主役の左江内氏(堤真一)の勤務する建設会社のOK、下山のキャストに抜擢されました。

営三(営業三課)は、課長の簑島をはじめ、池杉蒲田などがいますが、万年係長の左江内氏に対して、全員見下しているようなところが見られます。

はたして、富山えり子が扮する下山は、左江内に対して、親切で優しいのか、それとも他の全員のように同じように見下す態度で接するのか、興味が沸きます。

コメディの要素がたっぷりの「スーパーサラリーマン」ですから、富山えり子には思い切って面白い役作りを期待したいと思います。

 

スーパーサラリーマンキャスト 営業三課の下山を演じる富山えり子とは?

スーパーサラリーマンで営三のOL下山のキャストを演じる富山えり子は、年齢不詳の謎満ちた女優です。推定年齢は30歳前後と思われます。(笑)

富山えり子は、劇団鹿殺しという小劇団に入団し女優活動を開始しました。劇団鹿殺しとは、関西学院大学を拠点に活動していた劇団で、西宮の拠点から、劇団員全員で東京に移して東久留米市を拠点として活動していました。

2014年まで、本名の「富山恵理子」で活動していましたが、他に同姓同名のスポーツ選手の存在が明らかになったことから、「ごめんね青春!」の出演を機に現在の名前に変更したそうです。富山えり子は、この「ごめんね青春!」が、テレビドラマの初レギュラーとなりました。

舞台を中心に活動してきた富山えり子ですが、徐々にですが、映像の世界にも進出していて、去年は、日テレの「さよならドビュッシー 〜ピアニスト探偵 岬洋介〜」の時坂恵役や、TBS「重版出来!」で、武田梨奈などと一緒に演じた女子柔道部員ツカサ役、直近の三谷幸喜の「真田丸」の七役など、キャストのオファーも増えつつあるようです。

近年、ソニーミュージックアーティスツに所属を移し、これからも映像での仕事は増えると思われます。

下山役 富山えり子
ドラマ公式サイト

 

女性で端役のOLと云えば、思い出されるのが、去年のコメディ「お義父さんと呼ばせて」に出演した伊藤修子のOL役ですね。やまびこ商事のOL、八千草千代を演じた伊藤修子の演技には、とてもよく笑わせてもらいました。

富山えり子にも、是非この「スーパーサラリーマン左江内氏」で、主演の堤真一と面白い絡まりを見せて、存在をアピールして欲しいですね。面白い役作りを期待したいです。

2017年、冬ドラマで「爆笑」の予感をさせる「スーパーサラリーマン左江内氏」は、1月14日、土曜日、午後9時から、日本テレビ系で放送予定です。お愉しみに!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。