野村周平映画ビリギャルで、有村架純の同級生、森玲司キャストで金髪を披露します。名古屋の進学塾、青峰塾の受講生の森玲司キャストを演じる野村周平は、有村演じる工藤さやかに感化され、次第に自分も弁護士を目指すようになります。

ビリギャル
ドラマ公式サイト

 

映画ビリギャルキャスト 野村周平が演じる青峰塾受講生の森玲司とは?

映画ビリギャルキャスト一覧まとめ 有村架純・伊藤淳史・野村周平 >

映画ビリギャルで、野村周平キャストとなる森玲司は、ヒロインの工藤さやか(有村架純)が通う進学塾の青峰塾にさやかより遅れて入る塾生です。

森玲司の家は三代続く弁護士の家庭で、玲司は父親からきつく弁護士になるよう言い渡されています。自我の目覚める年頃の玲司は、丁度反抗期のど真ん中。人格を無視したような父親の命令調の意見には聞く耳を持ちません。

そんな玲司を心配する母(峯村リエ)が嫌がる息子を無理やり青峰塾に連れてきたのです。

森玲司役 野村周平
ドラマ公式サイト

 

塾講師の坪田義孝は、母子面談の後、森玲司と二人きりになると、ゲームに熱中している玲司に話しかけます。そして、ゲームに夢中になる理由が、父親に対する復讐心だと吐露する玲司の気持ちを汲み取った坪田義孝は、「残酷な復讐法を見つけた」と謎掛けるのです。

坪田マジックにはまった玲司は坪田のアイデアに取り込まれ、弁護士となって父親に復讐する誓いをたて、進学塾の青峰塾の塾生となりました。

青峰塾に通うようになった森玲司は、工藤さやかの常識外れの馬鹿さ加減に呆れますが、さやかの屈託のない笑顔に惹かれます。

有村架純の金髪と野村周平の金髪がドッキングするシーンは映画ビリギャルの名場面といえるでしょう。

最後まで頑張り抜いた二人でしたが、慶應義塾大学の総合政策学部に合格した工藤さやかと名古屋大学一本に絞った森玲司の不合格は対照的でした。

しかし、森玲司が「来年もう一度頑張る」という野村周平の演技はかっこ良かったですね。劇中の有村架純と野村周平の演じるさやかと玲司のフレンドシップは爽やかさに溢れていてとても好感がもてました。

 

映画ビリギャルキャスト 青峰塾の受講生森玲司を演じる野村周平とは?

映画ビリギャルキャスト 伊藤淳史が坪田義孝役で青峰塾講師に! >

映画ビリギャルで、ヒロインの工藤さやかと同じ塾生の森玲司キャストを演じる野村周平は、アミューズ所属の俳優です。

現在、23歳で、母親が中国人のハーフで、野村周平はクオーターということになります。そのせいもあり、野村周平中国語もいけるそうです。

アミューズといえば、渡辺プロダクションから独立した大里洋吉が創設した芸能プロダクションで、代表的なタレントでは、サザンオールスターズをはじめ、三宅裕司、上野樹里賀来賢人小松彩夏仲里依紗、福山雅治、星野源、ホラン千秋など蒼々たる顔ぶれが揃っています。

野村周平の芸能界入りのエピソードは、「賞金が出る」といって父親がオーディションに勧めたことによるものです。アミューズが実施した、2009年の全国オーディション「THE PUSH!マン~あなたの周りのイケてる子募集~」という企画に応募して、3万人以上の中から見事グランプリに輝いたのです。

有村架純 野村周平
ドラマ公式サイト

 

そして、すぐさまミューズ所属となり、2010年より本格的にドラマなどで活躍しています。10年には読売テレビの「プロゴルファー花」などドラマ4本に出演以降、コンスタントにドラマに起用されています。

2012年には、NHK大河ドラマ「平清盛」にも起用され、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」、「GTO」、月9の「恋仲」、「フラジャイル」と、話題作に連続して出演しました。

直近では、月9の夏ドラマ「好きな人がいること」(桐谷美玲主演)でも、柴崎冬真のキャストに抜擢されています。

テレビドラマ以外でも、声優から舞台まで幅広い演劇活動をする野村周平のますますの活躍に期待がもたれます。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。