大内田悠平映画ビリギャルでヒロイン、工藤さやかの弟の工藤龍太キャストに抜擢されました。大内田悠平が演じるキャスト工藤龍太は野球一筋に甲子園を目指す球児ですが、父親のスパルタに耐えた練習でもレギュラーを取ることが難しくなり挫折する役どころです。映画ビリギャルは、工藤さやかの大学合格というサクセスストーリーですが、大内田悠平はちょっぴりほろ苦い挫折する役を演じます。

ビリギャル
ドラマ公式サイト

 

 

映画ビリギャルキャスト 大内田悠平が演じるさやかの弟工藤龍太とは?

映画ビリギャルキャスト一覧まとめ 有村架純・伊藤淳史・野村周平 >

映画ビリギャルで、大内田悠平キャストを演じる工藤龍太は、ヒロイン、工藤さやか(有村架純)の弟で、甲子園を目指す球児です。

プロ野球の選手になる夢が叶わなかった父、工藤徹(田中哲司)は、自分の夢を息子の龍太に託して、子育てをしてきました。

龍太を立派な野球選手に育てること、甲子園出場からプロ野球の選手に育てる夢のために、父の徹は、会社も辞め、独立し、工藤オートサービスという個人経営の自動車整備工場を営むことにしたのです。

毎日、毎晩、野球の練習に明け暮れる父と子の二人三脚は、見ていてもこちらが辛くなるようです。

工藤龍太役 大内田悠平
ドラマ公式サイト

 

しかし、父を信じ、黙々と練習に励む息子の龍太に壁にぶつかります。少年野球のリトルリーグから中学、高校と進むにつれ、ライバル選手も多くなり、地域の枠が広がると、龍太以上の実力を持つ選手が数多く出てきます。

遂にレギュラーポジションを取ることが難しくなり、挫折してしまう工藤龍太は、父に相談せずに野球部を辞めてしまいます。相談すれば、ノーと言われることは分かり切ったことでした。

野球に苦悩する青年、工藤龍太キャスト大内田悠平熱演しています。野球部を辞めてゴロツキと付き合いだした龍太を諫める姉のさやかとのやり取りの場面は、真剣さが伝わってくる好演で、見どころの一つです。

 

映画ビリギャルキャスト さやかの弟の工藤龍太を演じる大内田悠平とは?

映画ビリギャルキャスト 田中哲司がさやかの父親工藤徹役に抜擢 >

映画ビリギャルで工藤さやかの弟、工藤龍太キャストを演じる大内田悠平は、現在24歳の東京出身の俳優で、実際に少年時代から高校まで野球をやっていました。

お祖父さんがテレビのプロデューサーで、実兄もテレビ番組の制作会社に勤めているという家族環境の中、野球を通して、ドラマ出演の機会を得たようです。

人気番組となった「ルーズヴェルト・ゲーム」や「アゲイン28年目の甲子園」などのドラマに、野球選手として起用されています。

工藤龍太役 大内田悠平
ドラマ公式サイト

 

大内田悠平は、現在も大学通学の傍ら、演劇の活動も活発にこなしています。

これまで、野球選手以外でも、「天皇の料理番」やNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(玉置茂雄役)、直近では大河ドラマ「真田丸」の九兵衛役などの出演作品があります。

大学を卒業すれば、本格的が演劇活動が期待される若手俳優の大内田悠平の今後の活躍が期待されます。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。