映画ビリギャルで、田中哲司が工藤さやか(有村架純)の父親、工藤徹キャストに抜擢されました。田中哲司が演じる工藤徹は、工藤オートサービスという小さな自動車整備工場を経営する設備士です。プロ野球の選手になるという自分にできなかった夢を捨てきれずに、長男の龍太に掛かり切りで野球の指導をする工藤徹という厳しい父親のキャスト田中哲司が熱演しています。

ビリギャル
ドラマ公式サイト

 

映画ビリギャルキャスト 田中哲司が演じるさやかの父親工藤徹とは?

映画ビリギャルキャスト一覧まとめ 有村架純・伊藤淳史・野村周平 >

映画ビリギャル田中哲司キャストを演じる工藤徹とは、ヒロイン工藤さやか(有村架純)の父親で三人の子供がいます。

徹は、二人の娘、長女のさやかと末妹のまゆみ(奥田こころ)の面倒は全部、妻のあかり(吉田羊)に預け、ひたすら長男の龍太(大内田悠平)をプロ野球の選手に育てようで全血力を注ぐ父親です。

息子の長男龍太は、何も知らずに父に言われるままに野球に打ち込みますが、リトルリーグや中学の野球ではレギュラーを務めますが、上の学校にいけばライバルも増え、レギュラーをキープするのが難しくなります。

遂には、黙って野球部を辞め、酒に手を出したことで、父親の工藤徹は、息子の龍太に鉄拳を振るいます。息子の成功を信じ、熱血指導した徹の手法が龍太には重荷となり重圧に潰されてしまったのです。

工藤徹役 田中哲司
ドラマ公式サイト

 

工藤徹は、大きな過ちを一つ犯していましたね。息子の龍太と心を開いて会話することもなく、過去にあったプロ野球の選手になるという自分にできなかった夢を龍太に押し付けたことです。

そして、そのために、車もバンを購入し、新品の野球バットを購入したりと、「金暇」全てを龍太に注いだことです。これだけも龍太の重圧を想像するには十分です。

そんな工藤徹のスパルタ親父を田中哲司は、真に迫る演技で熱演しています。

 

映画ビリギャルキャスト 工藤さやかの父親徹を演じる田中哲司とは?

映画ビリギャルキャスト 吉田羊がさやかの母親工藤あかり役に! >

映画ビリギャルで、ヒロインの工藤さやかの父、徹のキャストを演じる田中哲司は、高校卒業後、専門学校へ進学するも、バイト先の仲間が楽しそうな大学でのキャンパスライフを知り、1年遅れで日大芸術学部に合格し、演劇学科へ進みました。

蜷川カンパニーやZAZOUS THEATERなどの舞台公演で活躍し、長塚圭史や串田和美などの演出家の作品を中心に舞台活動で精を出しました。

2年前に、TBSドラマ「ジョシデカ!-女子刑事-」で共演した女優の仲間由紀恵と結婚しています。

田中哲司は、現在50歳で鈍牛倶楽部に所属しています。鈍牛倶楽部といえば、ほかにも「重版出来!」で活躍したオダギリジョー永岡佑、「砂の塔~知りすぎた隣人」で荒又刑事キャストを演じた光石研などがいます。

感情表現が下手で、優しく接するのが苦手という「昔堅気」の工藤徹を演じる田中哲司ですが、映画ビリギャルでは、そんな古風な日本男児を見事に演じています。

工藤徹役 田中哲司
ドラマ公式サイト

 

受験当日の朝、大雪に見舞われた娘のさやかに「送ってってやるさかい、早う支度せい」というのが、ギリギリの愛情表現だったのですね。

有村架純の演じる工藤さやかが「糞ジジイ」と呼ぶ父親の徹役にぴったりの役作りで応えた田中哲司の演技は、映画ビリギャルの中で、さやかの受験シーン以外でも緊張するシーンでした。

そんな父と娘でしたが、慶應義塾大学に合格して、上京する日の門出のシーンで、有村架純が田中哲司の背中におんぶするシーンにはジーンと胸が熱くなりましたね。

感受性豊かなティーンの工藤さやかと、生活に追われ必死に働く徹の世代が一つの心になったラストシーンには感動を覚えました。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。