織田裕二モノマネ芸人を訴えたとか訴えなかったとか話題となりました。モノマネ訴えるとすれは、「損害賠償」なのか「肖像権」なのか分かりませんが、織田裕二は土屋太鳳ちゃんも訴えるのでしょうかね?IQ246の8話では、土屋太鳳が法門寺沙羅駆のモノマネを上手に披露してくれました。(笑)

IQ246
ドラマ公式サイト

 

織田裕二がモノマネ芸人山本高広を訴えた事件とは?

IQ246最終回の結末予想!中谷美紀のマリアTは逃亡して続編が >

織田裕二のように超売れっ子になって有名になると、モノマネ芸人にネタにされる場合も出てきます。しかし、モノマネ芸人が本人から訴えられるというのは、あまり聞いたことがありませんね。(笑)

織田裕二といえば、「湘南暴走族」のデビュー以来、「東京ラブストーリー」で大人気となり、「踊る大捜査線」は織田の代名詞ともいえる作品に仕上げました。

また、世界陸上のキャスターを務めるなど、俳優業以外でも活躍していることは周知の通りです。

和藤奏子役 土屋太鳳
ドラマ公式サイト

 

そんな人気の織田裕二さんをモノマネ芸人の山本高広が取り上げたのですね。踊る大捜査線のキャスト、青島刑事のモノマネなどを得意ネタとしていたようですが、織田裕二自身にはあまり「ウケ」が良くなかったようですね。つまり、それだけ似ていたということかも知れません。

そんな織田裕二サイドからクレームが付いたようで、山本高広が織田裕二モノマネ訴えられると話題となったようです。

事実としては、事務所が山本サイドに自粛を要請したくらいなのではないでしょうか。でも、本当ならお笑い芸人は、みな職を失ってしまいかねませんね。争うとしたら、やはり「肖像権」ですかね?(笑)

 

土屋太鳳が和藤奏子で織田裕二のモノマネを披露したが

IQ246キャスト矢野聖人が足利尊氏役で中谷美紀のアシスタントに >

土屋太鳳がIQ246の8話で、和藤奏子の法門寺沙羅駆モノマネを披露してくれましたね。劇中で、「たら、れば」の演技でしたが、土屋太鳳の織田裕二モノマネには爆笑してしまいました。上手かったなあ。

これには、織田裕二も苦笑いだったのではないでしょうかね。モノマネされる人は、自意識過剰になるでしょうし、嫌だという人もいるでしょうね。芸人、俳優、有名人だからといって、全員がみな、モノマネされることを好きだというわけではないようです。

特に織田裕二は嫌いなようですね。訴えることまではしなくても、本人が嫌だというなら、やめるべきでしょう。

和藤奏子役 土屋太鳳
ドラマ公式サイト

でも、土屋太鳳ちゃんのような、可愛い子にマネされても、きっと織田裕二は嫌な気持ちはしないはずですよね。

土屋太鳳の演じる和藤奏子は、管理人にとってIQ246の一番好きな場面でした。特に法門寺沙羅駆と演じる「ボケとツッコミ」は最高なコンビでした。この二人で、再度タッグを組んで本格的なコメディを一度見てみたいものです。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。