IQ246最終回を迎えます。最終回結末予想をすると、中谷美紀扮するマリアTは逃亡して続編が作られる期待をもたせます。法門寺沙羅駆は、IQ300のマリアTの暴挙を防ぐのが精一杯の最終回となり、事件の結末予想はマリアT取り逃がしとなるでしょう。

IQ246
ドラマ公式サイト

 

IQ246最終回 前代未聞の日本乗っ取り計画がマリアTの手で

IQ246 9話ゲストのまとめ 上杉祥三・矢柴俊博・千葉雅子など >

IQ246最終回は、マリアTによる「ジャパン・ジャック」、つまり日本乗っ取り計画が進行するようです。9話では賢正(ディーン・フジオカ)の父、賢丈(寺島進)が事故により入院した病院で、手術中に停電が発生し、マリアT(中谷美紀)による外科医・武田洋一(矢柴俊博)の誘導による事件と判明しました。

何とか停電の原因を突き止め、復旧させた法門寺沙羅駆(織田裕二)ですが、IQ246最終回では、なんと前代未聞のジャパン・ジャック、日本乗っ取り計画が進行するのです。

マリアT
ドラマ公式サイト

 

そんな中、マリアTによる情報操作で、警視庁の警視総監である棚田文六(篠井英介)は、こともあろうに、機動隊に法門寺沙羅駆に対する「射殺許可命令」を出してしまうのです。

機動隊に囲まれた沙羅駆たちでしたが、沙羅駆に狙いを定めたスナイパーの射撃に、護衛官の和藤奏子は身を挺して沙羅駆の身代わりに撃たれてしまいます。

そんな混乱の中で、マリアTは日本を裏で牛耳る御前会議の面々に「国中の電気を手中に収めた」旨の脅迫状を送り付けるのです。

 

IQ246最終回 前代未聞の日本乗っ取り計画の結末予想

IQ246の御前様って何者?9話で井上真樹夫が演じるキャスト >

IQ246最終回は、ジャパン・ジャックを企てるIQ300のマリアTと、それを防ごうとするIQ246の法門寺沙羅駆の「最終頭脳決戦」となるはずです。

しかし、警視総監の命令が解かれない中、法門寺沙羅駆はどんな闘いを強いられるのか結末予想してみましょう。

マリアTは、ジャパン・ジャックを仕掛ける一方で、法門寺沙羅駆の護衛官、和藤奏子の命を狙うことで、ゲームの勝利者となる計画です。

二つの「餌」を撒いたマリアTに対し、法門寺沙羅駆はマリアTを取り押さえることはできないでしょう。

IQ246
ドラマ公式サイト

 

IQ246最終回結末予想は、沙羅駆がなんとか電波ジャックを阻止して、和藤奏子の命を取り留めることで精一杯で、マリアTは取り逃がすことになると思います。

そして、IQ246の続編につながっていくのでは・・・、それは、ないかも知れません。(笑)

視聴率がイマイチだったIQ246ですが、沙羅駆を演じた織田裕二の役作りも楽しませてもらいました。また、和藤奏子を演じた土屋太鳳も、コメディアンヌの魅力を惜しまず出し切ってくれ、ディーン・フジオカとの三人のトリオは素敵なチームでした。個人的には、「続編」を期待したいところです。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。