速報IQ246視聴率9話が9.3%と最終回を前に「踊る大失速」となってしまいました。マリアTの正体を明かすのが早過ぎた帰結かも知れませんね。アクションもサスペンスも無く、緊張感に欠ける9話のすじがきでは妥当な数字なのかも知れません。織田裕二、土屋太鳳、ディーン・フジオカのチームは最高なのですが、非常に残念です。

IQ246
ドラマ公式サイト

 

速報!IQ246視聴率 9話は9.3%と「やっちまった」一桁台!

IQ246ゲストキャスト河相我聞がキッチンカーの男で犯人役に! >

IQ246の9話視聴率速報で発表になりましたが、最終回を前に、よもやの一桁台を記録してしまいました。

やっちまった」感の漂う9話視聴率ですが、アクションにもサスペンスにもおぼつかないプロットの中で、多彩なゲスト出演は儚くも結果に結びつかなかったようです。

まずは、これまでの視聴率とメインゲストをおさらいしてみましょう。

第1話  10月16日 13.1% ゲスト 石黒賢  (ディレクター)
第2話  10月23日 12.4% ゲスト 佐藤隆太 (塾講師)
第3話  10月30日 10.1% ゲスト 観月ありさ (主婦モデル)
第4話  11月 6日 11.7% ゲスト 国仲涼子 (ピアニスト)
第5話  11月13日 10.1% ゲスト 成宮寛高 (アーティスト)
第6話  11月20日 10.4% ゲスト 平岳大 和田聰宏
第7話  11月27日 10.0% ゲスト 佐野ひなこ 山口紗弥加(女優)
第8話  12月 4日 10.3% ゲスト 稲垣吾郎 (警視庁刑事)
第9話  12月11日  9.3% ゲスト 井上真樹夫(御前様)

引用元:当サイト
http://newssocialgame.com/7111.html

井上真樹夫
ドラマ公式サイト

 

管理人の気のせいかも知れませんが、1話の石黒賢や、観月ありさ、国仲涼子や稲垣吾郎などのネームバリューのある俳優から見ると、今回9話のゲストは5人(井上真樹夫、矢柴俊博、上杉祥三、菅原大吉、千葉雅子)と多いゲストですが、知名度という点ではパワー不足の感は否めないですね。

すでに、プロット(筋書)には、注文が多かったドラマですので、ゲストキャストでここまで維持してきたような雰囲気がある中、マリアTの正体を明らかにするのも早かったのかも知れませんね。

8話の最後で、「マリアT死亡」のニュースが伝わり、9話ではそれが偽装ということになり、彼女は生きています。次回の最終回で沙羅駆とマリアTの決着が付くのですから、9話で「踊る大失速」だけは避けたかったところです。(笑)

 

IQ246視聴率 「やっちまった」最終回前の1桁台は致命的

成宮寛貴が矢本悠馬とIQ246の5話にゲストでアートユニットを! >

IQ246~華麗なる事件簿、「日曜劇場」の枠でサスペンスと聞いて驚いた管理人でしたが、蓋を開けてみると、サスペンスにしては「怖い要素」は皆無で、トリックや事件(殺人)の手法や法門寺沙羅駆の謎解きが単純だとするコメントは早々から出ていました。

管理人的には、主演の織田裕二、土屋太鳳ディーン・フジオカの役どころなど、演技を楽しんで見ていましたが、視聴率と視聴者のコメントなどを総合して、途中でのアジャストメント(軌道修正)が必要だったのではないでしょうか。

途中でプロット変更が無かったのが残念ですが、筋書を書いている人のIQが幾つなのかなんて、余計な事を考えてしまいました。(笑)

成宮寛高
ドラマ公式サイト

 

話題性のあるゲストキャストで、何とか10%程度の視聴率を確保してきたIQ246ですが、最終回を前に9.3%と1ポイントも下げる結果は、ラス前としては大失速と言わざるを得ないでしょう。

次週は、織田裕二と中谷美紀の「直接対決」となるのでしょうから、是非「有終の美」を飾って欲しいですね。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。