IQ246ゲストキャスト御前様が登場します。俳優の井上真樹夫キャストを演じますが名前は不詳で「御前様」だけ。ところで、この御前様っていったい何様なのでしょうね?ちょっと探りを入れてみました。

IQ246
ドラマ公式サイト

 

IQ246のゲストキャストの「御前様」って何者?

IQ246 9話ゲストのまとめ 上杉祥三・矢柴俊博・千葉雅子など >

IQ246ゲストキャストで「御前様」が登場します。しかし、名前も不詳の御前様っていったい何様なのでしょうね。まずは、その辺を辞書で調べてみました。

御前様

名詞

1. 貴人・主君などの座の前、または、面前。おまえ。おんまえ。みまえ。「陛下の御前で演奏する」
2. 神仏や神社仏閣を敬っていう語。また、神主・住職を敬っていう語。
3. 貴人や高位の人の敬称。また、その妻の敬称。
5. 近世、大名・旗本、またその妻の敬称。

二人称の人代名詞

1. 高位高官の男性を敬っていう。
2. 婦人を敬っていう。
3. 近世、大名・旗本、また、その妻を敬っていう。

引用元:GOO 辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/79417/meaning/m0u/

時代が違いますので、大名・旗本やその妻などに用いた用法ではありませんね。ですから、常識的に考えると、日本に残る貴族や皇族関係の高位の方の呼び名として、使われているように思えます。

因みに、IQ246の主人公、法門寺沙羅駆も貴族の出自ということになっています。ですから、井上真樹夫が演じる「御前様」も、高貴な家が出自で、俗にいう「偉い人」ということになるのでしょう。

 

IQ246のゲストキャストの御前様って何者?政財界の要人とはフィクサー?

IQ246キャスト矢野聖人が足利尊氏役で中谷美紀のアシスタントに >

IQ246あらすじの表記でパズルのような不明確な表記がありましたね。

すると時を同じくして御前会議のメンバーの黒木(上杉祥三)が法門寺家に来訪。対面した沙羅駆は黒木から政財界のある要人が手術で極秘入院することになった為、秘密裡に警護の指揮を執って欲しいと要請される

引用元:番組公式ページ
http://www.tbs.co.jp/IQ246/story/

御前会議としてあるものの、果たして御前様とはどなたなのか、全く説明がありません。とにかく「偉い人」らしいことは分かりますが・・・。

しかし、会議のメンバー、黒木が手術の警護を沙羅駆に頼む御前様を「政財界のある要人」としてあることが気になります。

何故なら、要人一人を表すなら「政界」か「財界」か、はっきり分かるはずだからです。字を読んでお分かりのように「政界」と「財界」は別のもので、この両者を一言で表す時「政財界」と表現します。

ほとんどの場合、社会的地位としては、「政界」と「財界」は別ですから、一人を表すのに「政財界」とは言わないです。

と、いうことは、この御前様とは、「政界」にも「財界」にも顔が利くということを表しているものと考えます。

御前様役 井上真樹夫
ドラマ公式サイト

 

マリアTは電波ジャックして、病院の電子機器を使えないようにして、この御前様の手術を失敗させるつもりなのでしょうか?電気エネルギーがシャットダウンすると、私たちの生活はほとんどお手上げになりますからね。

でも、老人一人を狙うのがマリアTの狙いなのでしょうか?だとしたら、9話だけで十分に思えます。しかし、どうやらこの9話は完結とならず、最終回の10話に結論は持ち越されるようです。

さて、午前様の方は、結論からいうと、御前様とはこの表記にあるように「政界」にも「財界」にも通じたフィクサーのような人物だと考えられますね。

フィクサーとは、表舞台に顔を出すことはけっしてなく、あくまでも「楽屋」の中での存在で、物事を仕切っている人物です。世の中の決め事に対し、正規の手続きを経ず,決定に影響力を持つのがフィクサーです。

かつて、日本には、大物フィクサーとして児玉誉士夫という人物を聞いたことを聞いたことがあるでしょう。この井上真樹夫が演じるゲストキャスト御前様とは、おそらく、このような人物を指しているのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。