ドクターX 9話で慶林大学病院院長鮫島治男のキャストを演じる俳優が目立ちましたね。ベテラン俳優ですから、顔を見て気付いた人も多いでしょうね。でも、意外と知られておりません。ドクターX 9話で、慶林大病院院長鮫島治男のキャストを演じた俳優は「村田秀雄」でした。

ドクターX
ドラマ公式サイト

 

ドクターX9話 慶林大学病院の院長・鮫島治男のキャストを「村田英雄」が

< ドクターXで草刈民代のダンスがさく裂!広報部長自らの得点劇 >

ドクターX 9話で、高橋ひとみのキャスト、鮫島律子夫人のご主人、慶林大学病院院長鮫島治男を演じた俳優は67歳のベテラン「村田秀雄」です。

しかし、実はこれ、彼の本名で現在のクレジットは団時朗(だんじろう)といいます。何故、こうなったのかお話しましょう。

年配の方はづぎに気が付いた方もいらっしゃるでしょうが、その昔、「村田英雄」というとても有名な歌手がおりました。村田英雄とは、浪曲や演歌で名を馳せた日本を代表する歌手で、代表的なクレジットには「無法松の一生」や「王将」などがあります。

鮫島治男役 団時朗
ドラマ公式サイト

 

一方で団時朗の方は、ファッションモデルや歌手、俳優として活躍するのですが、当時は演歌歌手の村田英雄がとてつもなく有名で、名前を混同されて人違いされるケースが多かったそうです。そこで、村田秀雄の名前を諦め、歌手として売り出す際に付けた芸名を以後も使い続けることになりました。

団時朗の経歴などクレジットは次項に譲りますが、「帰ってきたウルトラマン」と聞いて「ウルトラマンジャック」と思い浮かぶファンの方は、団時朗の顔が浮かぶかも知れませんね。

 

ドクターX9話 慶林大学病院の院長・鮫島治男を演じる団時朗とは?

< ドクターXで草刈民代のダンスがさく裂!広報部長自らの得点劇 >

ドクターX 9話で、慶林大学病院院長鮫島治男のクレジットを調べましたが、ドラマの出演者の名前に「団時朗」の表記がありませんでした。(見落とした形跡は無いのです)

しかし、団時朗の特徴ある強面の顔は、見覚えがあります。同じテレビ朝日で放送された剛力彩芽主演のドラマ「グラメ!総理の料理番」の第1話で、政治家の大口潤三のキャストを演じていたと思われます。こちらでも、クレジットが不明でした。

この団時朗、本名「村田秀雄」は1949年、京都で生まれました。母は長唄の師匠で、父は米国人のハーフとして生まれた団時朗は、長身(183cm)でイケメンでした。今では180cmくらいの大男はゴロゴロしていますが、当時の日本人の身長から見ても「タワー」と呼ばれるほどの長身だったでしょう。

母の懇意にしていた映画監督、三隅研次監督の作品に出演するきっかけ(勝新太郎「酔いどれ博士」)で、芸能界に入った団時朗は、前述の通り、本名の「村田秀雄」でデビューしました。

京都の平安高校を卒業と同時に東京へ出て、モデル事務所の草分け的セントラルファッションに入りました。

長身でイケメンのモデルとして活躍していた団時朗は、21歳から本格的に俳優を目指すことになりました。そして、翌年22歳で、特撮ドラマ「帰ってきたウルトラマン」のヒーロー、郷秀樹で人気を得ました。ちょっと、この「役名」も面白いですね。「郷ひろみ」と「西城秀樹」を足して半分にしただけですからね。(笑)

大口潤三役 団時朗
ドラマ公式サイト

 

「長身でイケメン」で売ってきた団時朗ですが、年輪を重ねた今は、恰幅で強面となり、少し怖いイメージもありますが、老獪な政治家や組織の長などの役柄が似合う俳優となりました。

前述の通り、「グラメ!総理の料理番」でも、政治家の「ご意見番」大口潤三などは、出番は少なかったですが、まさしく団時朗の「はまり役」的キャストでした。

これからも、団時朗のキャスティングは増えることはあっても、減ることはないでしょう。

 

???? 米倉涼子ファッションコラム ????

米倉涼子のファッション 美脚が冴える大門未知子のミニスカート

米倉涼子のファッション ミニスカが似合うドクターX大門未知子

米倉涼子のファッション ピアス・スニーカーもさり気なく派手に

米倉涼子のファッションが人気の秘密!ドクターXの大門未知子役

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。