ドクターX 9話あらすじは、「白い巨塔」、大学病院の経営陣の「裏の顔」と実態がテーマとなるようです。互いにライバルとしてその地位を争ってきた東帝と慶林という二つの大学病院の院長夫人の「ブランドとプライド」を賭けた骨肉の争いが表面化します。蛭間院長の奥さんまで登場するようですよ!ドクターX 9話あらすじから、両大学の様子を見てみましょう。

ドクターX
ドラマ公式サイト

 

ドクターXあらすじ9話 白い巨塔究極の戦い!東帝vs慶林病院

ドクターXキャスト一覧まとめ フリー外科医大門未知子の敵味方 >

ドクターX9話あらすじでは、東帝大学病院長、蛭間重勝(西田敏行)の奥さん、華子(藤真利子)と「白い巨塔」ライバル病院の慶林大学病院長の妻、鮫島律子(高橋ひとみ)の二人が、「婦人会」の代表として火花を散らすようです。

ところが、両病院の親睦会の席で、慶林大病院を代表するダンサーとなる九条映美(中山忍)が異常事態に陥り、その場に居合わせた大門未知子(米倉涼子)がとりあえず東帝病院に搬送しますが、「病院が違う」とクレームが出るようです。

その辺の事情をあらすじから追ってみます。

長年にわたって「東帝大学病院」のライバル関係にあった「慶林大学病院」が、最新の病院ランキングで1位を獲得。「東帝大」の院長・蛭間重勝(西田敏行)は“打倒、慶林”を合言葉に、医師たちに発破をかける。一方、蛭間の妻・華子(藤真利子)率いる「東帝婦人会」と、「慶林大」院長の妻・鮫島律子(高橋ひとみ)率いる「慶林婦人会」の関係もピリピリ・ムード…。「慶林大」に営業をかけようとする神原晶(岸部一徳)に連れられ、両者の親睦会に顔を出した大門未知子(米倉涼子)も、華子と律子の熾烈な嫌味合戦を目の当たりにし、唖然とする。

泉ピン子 藤真利子
ドラマ公式サイト

 

その親睦会の最中に、不測の事態が発生した! 両婦人会の威信をかけた社交ダンス大会で、「慶林婦人会」の代表を務めることになっている九条映美(中山忍)が倒れたのだ。未知子は映美を「東帝大」に救急搬送するが、華子は憎き「慶林大」の外科医夫人を受け入れることに猛反対! すぐさま「慶林大」に追い返そうとするが、なぜか映美は「東帝大」に残って未知子の手術を受けたいと言い…!?

結局、蛭間は「慶林大」に貸しを作る目的で、映美を受け入れることに。ところがその矢先、「東帝大」を震撼させる“恐ろしい事実”が発覚! それでも未知子は自分がオペをすると主張するが、蛭間はなかなか許可を出そうとせず…!?

引用元:番組公式ページ
http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0009/

いやはや何とも、病人を前にして「あっちだ、こっちだ」の騒ぎとなるあらすじでは、両大学病院による駆け引きで、病人の九条映美は助かるのでしょうかね?まったく、「白い巨塔」がこのような調子では、ペイシェント(患者)は堪ったものではありませんね。

 

ドクターX9話のみどころと注目点 白い巨塔、両大学病院の骨肉の争い

ドクターXあらすじ7話 難聴ピアニストの施術担当が北野亨に!  >

ドクターX 9話のみどころは、病院内でのライバル争い(外科・内科)や個人戦(出世争い)に留まらず、今度は東帝と慶林という二つの大学病院の地位とプライドを賭けた争いですね。

しかも、病院とは何の関係もない、「場外」の婦人会の争いまで勃発するのですから、由々しき事態です。この場外戦も見どころの一つとなるでしょう。

そして、また、たまたま慶林大学の婦人会を代表する社交ダンスの代表、九条映美が具合が悪くなり、ライバル病院の東帝大学病院に搬送される事態というところも見どころでしょうね。

どのような事情があるにせよ、「患者ファースト」でやってもらわないと、面子も減ったくれも無いと思いますが。

大門未知子役 米倉涼子
ドラマ公式サイト

 

ドクターX 9話のもう一つのみどころは、ペイシェント(患者)を前にして、フリーランスの外科医、ドクターXこと大門未知子が、どのように対処するかですね。もしかすると、東帝大学病院でオペは行えず、ライバル関係の慶林大学病院で手術をすることになるのかも知れません。

大門未知子の「患者ファースト」のポリシーには変わりはないでしょうからね。大門未知子にとって権威や名誉の「白い巨塔は糞っ垂れ」でしょう。(すみません、言葉が汚くなって申し訳ありません。笑)

 

???? 米倉涼子ファッションコラム ????

 

米倉涼子のファッション 美脚が冴える大門未知子のミニスカート

米倉涼子のファッション ミニスカが似合うドクターX大門未知子

米倉涼子のファッション ピアス・スニーカーもさり気なく派手に

米倉涼子のファッションが人気の秘密!ドクターXの大門未知子役

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。