砂の塔の視聴率6話も2桁の大台乗りは確実となったでしょう。発表は若干遅くなりますが、登場人物と人間関係などが噛み合ってきて内容が飛躍的に向上しましたので、前回の大台に続いて問題無く6話視聴率は2桁に乗せるでしょう。

砂の塔
ドラマ公式サイト

 

砂の塔視聴率の変化とこれまでの内容 6話以降に期待大

砂の塔キャスト一覧まとめ タワマンサスペンス主演に菅野美穂 >

砂の塔の視聴率とこれまでの内容を簡単にまとめてみました。続けて視聴されてきた方は、4話からの変化にお気付きになった方も多いと思います。

砂の塔 タワーマンション
ドラマ公式サイト

 

第1話 タワーマンションに越した高野家。妻の亜紀が出会うタワマンに住む主婦たち、ママ友や幼馴染みの生方航平との再会 (9.8%)

第2話 下らない格差に喜ぶママ友たちとの付き合いに戸惑う高野亜紀と高額な返済を抱え、業績不振に悩む亭主の高野健一。優しさを装い亜紀に近づく上階に住む隣人、佐々木弓子。 (9.6%)

第3話 亜紀と航平の仲を知ったボスママ、阿相寛子による執拗なママ友いじめ。ハロウィンパレードの中、連れ去れる亜紀の娘、そら。そらを救う佐々木弓子の隠された意図とは?第1章、終幕。 (8.6%)

第4話 不倫や学歴詐称などママ友たちの秘密が暴露され、高野亜紀に疑いの目が。娘のそらもママ友いじめから仲間外れに。親しげに近づく弓子を受け入れるそらが監視モニターを見つける。 (9.5%)

第5話 お兄ちゃんの高野和樹の盗撮趣味が明るみに。弓子の裏を洗う生方航平と警視庁の荒又秀実の情報交換。徐々に表れる佐々木弓子の正体。 (10.1%)

6話 高野健一と佐々木弓子の接点が暴露。生方航平の密偵と刑事荒又の再捜査。すべての事象は健一と弓子の過去とのつながりを示唆。 (???)

 

砂の塔視聴率6話も大台2桁乗りは確実!内容が飛躍的に向上

砂の塔歌詞 主題歌はイエモンのオリジナル書下ろしゴキゲン! >

砂の塔は、ヒロインの高野亜紀に菅野美穂を抜擢、ほとんどW主演の松嶋菜々子をヒールの佐々木弓子のキャストに起用し、生方航平役にEXILE / 三代目J Soul Brothersの岩田剛典を抜擢するなど、前評判も上々で大きな期待を持たれていました。

ところが、鳴り物入りでスタートしたドラマだったにも関わらず、視聴率は、「ご祝儀相場」の第1話から9.8%と渋いスタートとなってしまいました。

最初の躓きは、恐らく舞台がタワーマンションとなったことでしょう。手元にデータはありませんが、東京に限らず都会に数多く建てられているタワーマンション。

あれだけ大々的に「タワーマンションで起こるママ友いじめ」がクローズアップされれば、タワマンに住む住民から反感を買い、ドラマ開始前から引いてしまった方もいたのではないでしょうか。どうも、それが初回の躓きとなったように思えてなりません。

佐々木弓子 高野亜紀
ドラマ公式サイト

 

そして、1話に続き、2話になってもミステリーの中心と思われたハーメルン事件はほとんど映像になっておらず、3話が終わるまで、タワーマンションにおけるママ友のいじめばかりが映されていました。

以前にも書きましたが、管理人も2話辺りからリタイヤを考えていました。視聴率を見ても、2話の9.6%から3話の8.6%という数字が証明しているのではないでしょう。

驚かせてくれたのが、3話の終了テロップでした。「戦慄の第1章終結。第2章開幕!」の文字を見て、劇的変化を予感しました。

4話から、ママ友いじめは、大幅に減少して、幼児誘拐のハーメルン事件と、ヒロイン亜紀と健一を中心に、佐々木弓子と生方航平の人間関係が中心のドラマとなりました。本来、最初からあるべき姿でしたね。

ママ友のいじめシーンが全部悪いというわけではありません。しかし、プロット(筋書)としては、あまりにも無関係なママ友いじめだったのです。

6話では、高野健一と佐々木弓子の関係が明るみに出て、危うく崩れかかった高野一家が持ち直し、めでたしと思いきや、「もう二人きりで会うことはない」と約束した夫健一の言葉が佐々木弓子による指示だったことが判明しました。

息子の和樹の素行も問題で、一見普通の家族に見えた高野健一ファミリーには、人知れぬ隠された秘密がまだまだ山のようにあるようです。内容が飛躍的に向上した砂の塔視聴率は前回同様二桁は確実と見られ、大きなジャンプアップも期待できそうです。

 

???? 砂の塔犯人 関連記事 ????

砂の塔の犯人は田中パパ?高野健一と弓子の仲は15年前の..が!

砂の塔の犯人が生方航平の可能性は幼児誘拐犯の共犯なら有りかも

砂の塔で犯人は田中パパを陥れ高野一家を葬る復讐劇を完成!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。