砂の塔そらちゃんがとってもかわいいのでママ友の虐めシーンも我慢できました。そらちゃんのキャストを演じているのが、まだ5歳の稲垣くるみ(来泉)ちゃん。あまりの可愛さに、連れて帰りたくなっちゃいますね!演技もセリフ回しもよくできるくるみちゃんは、次世代の「戸田愛菜」の可能性を秘めていますね。

砂の塔
ドラマ公式サイト

 

砂の塔1話から活躍するそらちゃん-救いの女神を演じていた稲垣くるみ

砂の塔キャスト一覧 タワーマンションサスペンス主演に菅野美穂 >

砂の塔は、1話から上層階に住むママ友の「いじめ」のシーンが多く、2話でリタイヤも考えていた管理人です。(笑)

それを思い留まらせていたのが、キャストの高野そらを演じている稲垣くるみ(来泉)ちゃんでした。

そらちゃんが余りにもかわいいので、ママ友虐めにも耐えて我慢して続けて見ていたのです。

高野そら役 稲垣来泉
ドラマ公式サイト

 

2話でしたか、牛乳を零しながら飲むそらちゃんは特にかわいかったですねえ。そして、それを話して聞かせる菅野美穂が演じるママの亜紀にも好感が持てました。

子供は話して聞かせればよく分かるもの。大きな声で怒鳴ったり、命令する親は好きじゃありません。

菅野美穂と稲垣くるみが演じる母子の様子には笑顔が零れた管理人ですが、さすがにママ友のいじめシーンにはうんざり。気分が悪くなりリタイヤも視野にありました。

 

砂の塔のママ友虐めに耐えられたのは子役の稲垣くるみの癒しがあったから

砂の塔~知りすぎた隣人3話あらすじ そらが誘拐犯に狙われる >

砂の塔~知りすぎた隣人は、ミステリーサスペンスと謳っていたはずが、ふたを開けてみると、誘拐事件はどこかへ行ってしまい、タワーマンションに住む主婦たちの「パワーハラスメント」満開の「いじめ劇場」でした。

2話の途中で投げ出しそうになったのを救ってくれたのが、そらちゃんを演じたくるみちゃんの演技でしたね。

高野そら役 稲垣来泉
ドラマ公式サイト

 

砂の塔で活躍する稲垣くるみはセリフ回しも上手で、普段から可愛い女の子なんでしょうね。3話の最後に「第1章終了、次週から第2章に突入」とテロップだ出たことで、期待が膨らみました。

ドラマの感想などでも、「ママ友のいじめシーン」には酷評が出ていたので、自分だけでは無いと分かっていましたから、流れが変わるだろうと期待したのです。

4話の第2章から俄然、ストーリー展開が面白くなってきて、ママ友の「ベビーシャワー」や「ハロウィーン」などのいじめシーンが影を潜め、サスペンスの要素がしっかりしてきました。

高野そら役 稲垣くるみ
ドラマ公式サイト

 

2話でリタイヤせずに済んだのも、かわいいそらちゃんがいてくれたからです。ありがとう、稲垣くるみちゃん!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。