IQ246視聴率5話で再び下落しないか心配です。4話で11.7%と急回復した視聴率は、ゲストキャストに国仲涼子を起用したのが当たったのでしょうが、5話のゲストは成宮寛貴と矢本悠馬の男性俳優二人ですが、ややもすると視聴率がM字下落になりかねません。危機感が募るIQ246視聴率下落の心配事とは?

IQ246
ドラマ公式サイト

 

IQ246の4話視聴率急回復はゲストの国仲涼子効果!?

IQ246キャスト一覧まとめ 織田裕二主演のコミカルミステリー >

IQ246視聴率が4話で11.7%と急回復しましたが、やはりゲストに迎えたに国仲涼子の起用したのが、当たったようです。

国仲涼子と言えば、向井理と結婚・妊娠・出産と話題が続いていて、産休後の本格復帰ですから、IQ246のゲストとしては、最強のゲストだったとも言え、視聴率アップの起爆剤となったのではないでしょうか。

これまでのIQ246の視聴率を振り返ってみると、次のようになります。

第1話  10月16日  13.1%
第2話  10月23日  12.4%
第3話  10月30日  10.1%
第4話  11月 6日  11.7%
5話  11月13日  10.1%

国仲涼子
ドラマ公式サイト

 

第1話の初回の視聴率は13.1%と、日曜劇場としては弱い数字でしょうが、取り合えず10%を楽にクリアしたスタートはまずまずと言えるものでした。

昨今のドラマは、鳴り物入りで話題を提供したドラマが第一話から躓くケースも増えてきましたからね。

3話まで続けていた視聴率下落に歯止めが掛かったのは、国仲涼子をゲストに迎えた4話でした。この4話でのV字回復は挽回策としては有効でしたが、管理人が心配するのはこの後です。せっかくの4話の盛り返しが5話でM字下落では話にならないでしょうからね。

 

IQ246の5話視聴率下落が心配になる理由とは?

IQ246 4話 事件のカギはメガネとグレープフルーツとCD >

前回の視聴率コーナーでも取り上げましたが、国仲涼子のゲスト出演がどこまで効果があったのか判断するアンケートはありませんので、確かな根拠はありません。しかし、ブログの反響などを見る限り、国仲涼子の話題性は確かにありましたね。

ところで、管理人が感じる危機感とは、前回指摘された低評価の原因が解消されたと思えないことです。

もう一度、列挙しますと、次のような点が指摘されてきました。

・ 織田裕二の演技 変な話し方、しゃべり方が気になりイライラする
・ ミステリーの貧弱さ トリックなど、ミステリーにしては単純すぎる
・ 杉下右京や名探偵ポワロの模倣を連想させる

このような点を踏まえ、4話辺りから、このような評価に対して、手を打ってくるかと思われましたが、見た限りでは、それほど改善されていたとは思えません。

個人的には織田裕二の演じる法門寺沙羅駆の役作りに対しては、好感を持っていますので、それほど気にはなりません。正直、第1話を見た時は多少驚いたことは事実で少しショッキングでしたが。(笑)

1話完結で、プロット(筋書)が大味になる傾向は特に変わっておりませんから、IQ246の法門寺沙羅駆の推理力に事件解決は依存する体質に変更はないのでしょう。

成宮寛貴
ドラマ公式サイト

 

とすると、仮に前回の視聴率V字回復が国仲涼子の効果であったとすると、成宮寛貴と矢本悠馬のWゲストで同じような効果が期待する形になってしまいます。

果たして、成宮寛貴と矢本悠馬の二人で国仲涼子以上の期待ができるのか、そこを管理人は心配します。

織田裕二の主演以外、賢正を演じるディーン・フジオカ、和藤奏子の土屋太鳳監察医の森本朋美に扮する中谷美紀など、本当に素晴らしいキャスティングで、コミカルなドラマとしても十分に楽しんでいるIQ246なので、このまま踏ん張って欲しいものです。(これだけのメインキャストで楽々に二桁視聴率が取れそうなものなんですけどね。)

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。