砂の塔~知りすぎた隣人が4話から俄然面白くなってきました。5話あらすじを見ると高野亜紀(菅野美穂)の息子、和樹の素行がバレて、ダメママたちを盗撮した写真が出てくることになり、ハーメルン事件擬きの幼児連続誘拐事件の犯人の疑いをかけられてしまいます。上階に住む佐々木弓子に疑いをもった亜紀の幼馴染みの生方航平(岩田剛典)が、弓子の素性を暴こうと活躍するようです。

砂の塔~知りすぎた隣人
ドラマ公式サイト

 

砂の塔~知りすぎた隣人5話のあらすじ

砂の塔キャスト 横山めぐみが阿相寛子役でタワマンのボスママに >

砂の塔~知りすぎた隣人5話あらすじでは、自分の息子に生方航平との不倫の疑いをかけられる母の高野亜紀と、上階に住む不気味な佐々木弓子の不審な行動、そして亜紀の息子の盗撮がばれて、息子の和樹に誘拐犯の疑惑が持ち上がるなど、テンポも速くなり、非常に面白い展開となるようです。

孤軍奮闘で疲れ切っている高野亜紀にとって、体操教師の生方航平は、本当に唯一の「救い」になってくれるのでしょうか。管理人的には、そうあって欲しいですが、あらすじからその辺も含めて探ってみましょう。

亜紀は、橋で生方に会っているところを息子・和樹に目撃され、生方との不倫を疑われてしまう。何とか疑いを晴らしたいが、和樹は聞く耳を持たない。困った亜紀は、生方に相談。生方は、亜紀に「もう会わないでおこう」と告げる。一抹の寂しさを覚える亜紀。

一方、落ち込む和樹に声をかけたのは隣人・弓子。弓子のたくらみにより、今まで隠されていた和樹の『裏の顔』が明るみに…。実は和樹は“ダメな母親たち”を大量に盗撮していたのだ!その写真の存在が公になり、タワマン主婦は、和樹こそがダメな母親に罰を与える連続誘拐=ハーメルン事件の犯人ではないかと騒ぎ始める。ついには荒又たち刑事も動きだし…。

思わぬ事態に和樹と話し合おうとする亜紀だったが、和樹は拒絶。そのまま家から飛び出し、警察に追われる身となってしまう。ショックを受けた亜紀は、夫・健一に連絡するが、健一は取引先の阿相に怪しい副業の手助けを頼まれ、それどころではない。家族を襲うかつてない危機!息子の無実を晴らすため、亜紀は成美たち同級生や、以前の高校にまで足を延ばし、和樹のアリバイを見つけようとする。しかし、和樹の無実を証明する情報は出てこない。何とかしなければ…必死に奔走する亜紀の前に、立ちはだかる影。それは弓子だった――。

高野亜紀 生方航平
ドラマ公式サイト

 

一方、亜紀の話で弓子に不信感を持った生方は独自に弓子のことを調べ始める。そこで明らかになったのは、弓子の嘘で塗り固められた生活だった。果たして佐々木弓子は何者なのか。刑事の津久井の「何したんですか?その女」という問いかけに、荒又はつぶやく。
「殺人だ……」

我が子の無実を証明する為、家族を崩壊から守る為、立ち上がる母!
裏で操る隣人との“直接対決”…ついに明らかになる隣人の正体! 全ての謎が明らかに!
引用元:番組公式パージ
http://www.tbs.co.jp/sunanotou/story/

 

 

砂の塔~知りすぎた隣人5話のみどころ

砂の塔キャスト一覧 タワーマンションサスペンス主演に菅野美穂 >

砂の塔~知りすぎた隣人は、前々回の3話までは、タワーマンションにおけるママ友による「いじめ」ばかりが目立つ非常に退屈な上に、テーマがサスペンスミステリーに遠く及ばぬ「いじめ」ドラマで辟易していましたが、4話でドラマの展開ががらりと変わり、テンポも展開もよくなりました。

刑事の荒又秀実(光石研)や津久井琢己(上杉柊平)の登場も増え、誘拐犯の捜査も本格的に始まるようです。砂の塔5話のみどころの一つは、そんな刑事たちに追われる身となる高野亜紀の息子、和樹(佐野勇斗)です。

ダメママを盗撮していたとは、驚きですが、いったい和樹は何のためにダメママの写真のコレクションをしていたのでしょうね。

そういえば、尾野綾香ホラン千秋)の浮気の現場を盗撮した写真が表沙汰になりましたが、あれは高野和樹が撮影したものだったのでしょうかね?

タワマン ママ友
ドラマ公式サイト

 

タワーマンションの住民たちから、疑惑の目で見られる和樹は警察にも追われる身となるようです。最大のみどころになるかも知れません。

そして、もう一つのみどころは、高野亜紀の幼馴染みの生方航平が不審に思い、佐々木弓子をフォローして、独自の調査を開始することですね。

菅野美穂が可哀そうになるくらい、ママ友いじめにあっている高野亜紀の唯一とも言える味方の存在が生方航平です。

詰まらない「夜メロドラマ」にならないように、生方航平の刑事張りの活躍を期待したいです。

やっと、サスペンスミステリーの展開となってきた「砂の塔~知りぐいた隣人」は、テンポと展開が修正されたことで、見応えのあるドラマに変わっていくのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。