IQ246で、ディーン・フジオカ扮するキャストの賢正の着メロが「燃えよドラゴン」で話題になっています。ブルース・リーと言えば70年代のヒーローですから、カンフーなど武芸に秀でている賢正が憧れていたとしても不思議ではありません。当主の法門寺沙羅駆を守る仕事に「燃えよドラゴン」は賢正にぴったりのテーマソングで着メロといえますね。

IQ246
ドラマ公式サイト

 

IQ246 賢正憧れのブルース・リーとは?

IQ246キャスト一覧まとめ 織田裕二主演のコミカルミステリー >

IQ246で執事の賢正が着メロに入れていた「燃えよドラゴン」のブルース・リーとは、香港の実業家の息子で、中華名を「李小龍」といい、英語名はもちろん、Bruce Leeです。香港が生んだ世界的アクションスターですね。

両親が広東演劇出身で、アメリカ巡業中にサンフランシスコで生まれたブルース・リーは、生後三か月で、その生まれたサンフランシスコで制作された「金門女」で映画に出演しています。

1940年生まれのブルース・リーは、香港へ戻りますが、日本と英国による開戦で8歳くらいまでは、演劇は中断されました。しかし、その後は子役で映画に出演するようになり、同時に少林寺拳法などの武芸も習いました。

ディーン・フジオカ 石黒賢 土屋太鳳
ドラマ公式サイト

 

しかし、若くして名声を得て有頂天になっている息子を心配した父親が、渡米を命じ、18歳でシアトルのセントラル・カレッジに通いました。僅か100ドルの所持金だったため、バイトをしながらの通学でした。

IQ246賢正を演じているディーン・フジオカもシアトルのカレッジに留学していますから、奇遇ですね。

そして、ワシントン大学の哲学科に入ったブルースは、その頃からシアトルで中国武術の教室を開きました。当時、道場の教え子だったリンダ・エメリーを知り合い、結婚しています。

1966年、26歳の時に参加したロングビーチ国際空手選手権でのVTRを見たテレビのプロデューサーに発掘されたブルース・リーは、「グリーン・ホーネット」で準主役に抜擢され脚光を浴びることになりました。

そして、これがきっかけとなり、ハリウッドにおける武術の演技指導を任されるようになり、自分自身も映画やテレビに出演する機会が増えていきました。

ハリウッドでは、自分で企画した映画を売り込みますが、東洋人ということが理由で(当時は差別時代です)夢は叶わず、香港人のレイモンド・チョウと組んで映画を製作することにします。

1971年に公開された「ドラゴン危機一髪」が香港で上映され、大ヒットとなり、「ドラゴン怒りの鉄拳」、「ドラゴンへの道」と立て続けに続編を製作し、香港での人気は米国にも轟ました。

1972年になると、遂にワーナー・ブラザーズが動きだし「燃えよドラゴン」で、ハリウッドへ凱旋することになりました。

 

残念なブルース・リーの死

IQ246中谷美紀が眼鏡がかわいい変人監察医を熱演! >

アジア人として、映画のプロデュースまで上り詰めたブルース・リーは、当時、多くの日本人の若者も感動の渦に巻き込みました。そして、アジア系のアメリカ人の多くもブルース・リーの人気は誇りでした。

しかし、1973年7月20日、32歳の若さでありながら、香港のクイーン・エリザベス病院で亡くなりました。当時、ブルース・リーは、香港で共演予定だった女優、ベティ・ティン・ペイの自宅で一緒でしたが、アスピリンを服用して休んでいたところ、昏睡状態に陥ってしまったということで、物議を醸しだしました。

死体解剖が行われ、脳が肥大化する脳浮腫が原因と公式には発表されました。脳浮腫の原因として、ブルースが服用していた痛み止めの薬と頭痛薬の副作用が指摘されています。

しかし、世論が納得しない中、香港政庁は死因を究明する裁判を執り行い、結果は「死因不明」という何とも言えない幕切れになりました

尚、ブルース・リーは、シアトルにあるレイク・ビュー墓地に眠っています。

ブルースの功績は、その後のジャッキー・チェンやダン・イノサント、テッド・ウォンなどに引き継がれています。武道家の賢正が「燃えよドラゴン」の着メロを入れているのは、武芸者なら理解できることでしょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。