ドクターX4話では、金沢の国立高度医療センターの金沢分院に残されていた原守(鈴木浩介)が、副院長の久保東子(泉ピン子)の命で、東帝大学病院に臨時でやってきます。カリスマ姉妹の妹、四葉美音の執刀のためでした。ところが、姉の美麗に進行性の大腸がんが見つかり、外科部では担当を巡り大混乱します。フリーランスの外科医・大門未知子だけでなく、かつての劣等生北野亨や同期の原守、そして腹腔鏡の魔術師の加地秀樹がそれぞれの意見を主張、事態は収拾するのでしょうか。

ドクターX
ドラマ公式サイト

 

 原守の意地と東帝大学病院内部の事情による執刀医選び

ドクターX4話 ゲストに高岡早紀と小林きな子が姉妹役で! >

東帝大学病院では、失墜した病院の威厳を取り戻そうと、広報部長の南幾子(草刈民代)に広報戦略を委ね、話題作りによるPR効果を優先しています。

そんな大学病院に恰好の「お客」、つまりクライアントがやってきます。ダイエットでカリスマ的人気のある四葉姉妹です。妹の美音の肥満手術を極秘で行うためにやってきた姉妹ですが、姉の大腸がんが見つかり、二人同時にオペをすることになりました。

加地秀樹 原守
ドラマ公式サイト

 

病院側としては、その方がメディアによる注目度が上がりPR効果になると考えてのことです。これに当たり、誰が執刀するかで、外科では大混乱。

結局、妹の肥満手術(実際は脳外科手術)をニューヨーク帰りの北野亨が担当することになり、大門未知子はその助手となりました。

また、姉の美麗の大腸がんの手術は、金沢から来た原守が決まりました。しかし、経験不足で技量の足りない原守には難しく、先輩の加地秀樹が助っ人として手術室に入ってきます。

二人の患者は、結局、スーパー外科医の大門未知子の手により助かりますが、手術を終えた後、金沢に戻る原守に礼を言われた加地秀樹は、胸につかえるものがありました。

 

 四葉美麗からの心付けの封筒を返す加地秀樹の男気

ドクターXキャスト鈴木浩介が原守役で「利用される男」再び >

手術も終わり、回診に寄った加地秀樹に対し、枕元に用意してあった茶封筒を加地に差し出す姉の美麗に対し、一旦受け取った心付けを美麗に返す加地先生でした。

そして、頼み事として、謝礼の代わりにメディアに原守の業績を褒めたたえてもらいます。それにより、蛭間院長と久保副院長の二人は、原守を金沢から大学病院に異動させる決定をします。

一人金沢に帰る失望の原守に対し、男気を見せた加地秀樹でした。

加地秀樹役 勝村政信
ドラマ公式サイト

 

しかし、大学病院の残れることになった原守のはしゃぎ方を見ていると、まるでこうなることが分かっていたようなはしゃぎぶりでした。

もしかすると、こうなることが分かっていたかのような原守の「先輩、ありがとうございました」涙、涙でしたね。今思うと、あれは原守の一生一大の「大芝居」だったような気もします。(笑)「利用される男原守加地秀樹を「利用した」のではないでしょうかね。

どうやら「利用される男」は東帝病院に復帰できたようなので、来週からも「利用される男」で登場しそうですね。面白くなってきました。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。