IQ246~華麗なる事件簿の視聴率が急降下してしまいました。3話視聴率が、12.4%から一気に10.1%まで急降下、2.3%の下落は看過できない数字とも言えるでしょう。視聴率下落の原因と犯人を探してみました。

IQ246
ドラマ公式サイト

 

IQ246の3話視聴率急降下の原因と犯人は?

IQ246キャスト一覧まとめ 織田裕二主演のコミカルミステリー >

IQ246~華麗なる事件簿は、人気俳優織田裕二が主演で、脇を土屋太鳳ディーン・フジオカが固めるこれ以上無いキャストで、鳴り物入りでスタートしました。しかし、3話視聴率急降下は、下落幅も2.3%と大きく心配されますね。いったい、何が原因で誰が犯人なのでしょう。その辺を探ってみましょう。

IQ246~華麗なる事件簿の初回の視聴率は13.1%とまずまずのスタートを見せました。10%ぎりぎりという数字ではなく、今の時代ですから13%超えの数字は、胸を撫で下ろす数字だったはずです。

法門寺沙羅駆役 織田裕二
ドラマ公式サイト

 

そして、続く2話の視聴率も初回より若干下がりましたが、12.4%でしたので、これもNGが出るような数字ではありませんでした。

ところが、3話視聴率が、よもやの10.1%と急降下してしまいました。かろうじて二桁は維持しましたが、下落幅が2.3%と大きく、何が起こったのか心配になりました。

 

IQ246の3話視聴率急降下の原因も犯人も分からず

IQ246の織田裕二と中谷美紀の共演が愉快!沙羅駆が軽く朋美を往なす >

2.3%の大幅下落となった「IQ2463話視聴率ですが、その原因を探ってみましたが、納得できるような記事は見当たりませんでした。

これまで指摘されていた不安材料としては、主演の織田裕二の役作りに対してのものや、全体的な脚本の他の作品との類似性などがありましたが、1、2話を見る限り、そこまで影響があったとは考えずらいというのが素直な感想です。

賢正役 ディーン・フジオカ
ドラマ公式サイト

 

例えば、織田裕二の演技が、「相棒」の杉下右京に似ている、とか、或いはしゃべり方が変、だとする意見もそれなりに見受けられましたが、視聴者の方もすでに2話くらいで織田の演技に慣れてきており、2%も急降下するほどの悪影響があったとは思えません。

土屋太鳳ディーン・フジオカは、「まれ」出身ですでに人気を得ている俳優ですし、役柄もしっかり捉えており、キャラクターも演技も申し分ありません。

つまり、総合的に判断しても、3話になって2%以上もダウンするような要素が見当たらないのです。ゲストの観月ありさも問題は無かったですものね。

 

IQ246の3話視聴率急降下の原因探りは4話に持ち越し

IQ246完全犯罪メールの犯人はイニシャルMの森本朋美なのか >

そんな訳で、3話視聴率急降下の原因犯人捜しの結論は、次週4話以降に持ち越しとなりました。強敵となるライバル番組があれば別ですが、日曜劇場の方向枠は午後9時とプライムタイムですので、常連の視聴者が普通通りにテレビを見るとすれば、12%程度には回復するものとみられます。

和藤奏子役 土屋太鳳
ドラマ公式サイト

 

IQ246の4話のゲストには、国仲涼子が登場するようですので、話題には十分だと思います。TBSの得意技である「ゲストキャスト」攻勢もあるので、来週の視聴率が楽しみです。視聴率低下の原因探索は、もう少し様子見となりました。

 

???? IQ246~華麗なる事件簿視聴率 ????

IQ246視聴率 初回は13.1%のスタート!土屋太鳳のマラソン効果?

IQ246視聴率 2話は12.4%と好調を維持!織田裕二に安定感!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。